BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ピナ・バウシュテレビ放映/「プルースト」映像ほか情報 | トップページ | 新国立劇場バレエ団2008/2009シーズンラインアップ »

2008/01/17

ボリショイ・バレエ来日情報/マラーホフのメッセージ

すでにあちこちで話題になっていますが、ボリショイ・バレエの来日情報とともに、来日公演公式ブログがスタートしましたね。
http://bolshoi-ballet.seesaa.net/

ジャパン・アーツさんはボリショイ&マリインスキー合同ガラのときにとても楽しいブログを作ってくださったので、今後のボリショイ来日ブログの更新が楽しみです。

2008年2.17(日)一斉前売開始!

ボリショイの十八番!見所満載!情熱のステージ!!
「ドン・キホーテ」DON QUIXOTE <プロローグと3幕>
ミンクス作曲 
振付:アレクセイ・ファジェーチェフ
原振付:マリウス・プティパ、アレクサンドル・ゴールスキー

12月3日(水) 18:30開演
12月4日(木) 18:30開演
12月11日(木) 18:30開演
S¥20,000 A¥17,000 B¥14,000 C¥11,000 D¥8,000 E¥5,000


永遠の古典!バレエの代名詞。あふれる叙情。
「白鳥の湖」 <全2幕>
Tchaikovsky SWAN LAKE Ballet in two acts 
チャイコフスキー作曲
振付:ユーリー・グリゴローヴィチ(2001年版) 
原振付:マリウス・プティパ/レフ・イワーノフ

12月5日(金) 18:30
12月6日(土) 12:00
12月6日(土) 18:00
12月7日(日) 12:00
12月7日(日) 18:00
S¥20,000 A¥17,000 B¥14,000 C¥11,000 D¥8,000 E¥5,000

4人のスターが競い合うエンターテインメント・バレエ!
ラトマンスキーの代表作、日本初演!!
「明るい小川」 ブライト・ストリーム~ある田園の風景 <全2幕>
Shostakovich THE BRIGHT STREAM Ballet in two acts
ショスタコーヴィチ作曲 
振付:アレクセイ・ラトマンスキー

12月9日(火) 19:00
12月10日(水) 19:00
S¥18,000 A¥15,000 B¥12,000 C¥9,000 D¥7,000 E¥5,000


<主な来日予定ソリスト>
マリーヤ・アレクサンドロワ/スヴェトラーナ・ルンキナ/エカテリーナ・クリサノワ
ナターリヤ・オシポワ/スヴェトラーナ・ザハーロワ/セルゲイ・フィーリン
ドミートリー・グダーノフ/アンドレイ・メルクーリエフ/アンドレイ・ウヴァーロフ/イワン・ワシーリエフ

主催:朝日新聞社/ジャパン・アーツ
後援:ロシア大使館/日ロ音楽家協会
特別協賛:日興コーディアルグループ

気になるのが、やはり来日メンバーにニコライ・ツィスカリーゼの名前がないこと。「白鳥の湖」の悪の天才は彼以外には考えられないのに・・・。来てほしいです。グラチョーワの名前もありませんね。
「明るい小川」を上演してくれるのはとってもうれしいです。きっとフィーリンの素敵なロマンチック・チュチュ&ポワント姿が見られることでしょう。しかこの演目だけ2000円安いのもうれしい。ワシーリエフ君とオシポワちゃんの「ドン・キ」ももちろん観たいな~!

ところで、チケット発売が夏のABTの公演と同時なんですけど、マリインスキーのときと同じで、キャスト発表なしで売り出すつもりなんでしょうかね。キャスト決まらないとチケットも買えないのに。「白鳥の湖」以外は全部平日なのも会社員にはつらいです。ただでさえ忙しい12月なので。それと夢倶楽部会員向けの発売日も早く教えてくださいね。

いろいろ文句を言いつつも、とっても楽しみにしています。「スパルタクス」「海賊」「スペードの女王」などボリショイで見たい演目はいっぱいあるんですよね。

**********
イープラスでは、マラーホフの動画メッセージがありました。メッセージの前にバーレッスンをするマラーホフの映像があるんですが、足先や脚を中心に映していて思わずうっとり。タンデュやパンシェをするお姿はやはり女性のように美しいですね~。

http://mv-theatrix.eplus2.jp/article/78835640.html

私は2月の中旬に仕事でバルセロナに行かなくちゃいけないので、マラーホフの贈り物のAプロは、1枚チケットを手放すことになってしまいました。残念。

« ピナ・バウシュテレビ放映/「プルースト」映像ほか情報 | トップページ | 新国立劇場バレエ団2008/2009シーズンラインアップ »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

ボリショイのチケット発売は早いですね。
「明るい小川」は見逃せないですが、後は、どの程度忙しいかも予想できない12月ですので、キャストが発表になってから、買いたいです。

マラーホフは半分しか行けなくなったんですね。
お仕事とはいえ、久しぶりの踊るマラーホフです。残念ですね。

ほんとにチケット発売早いですね。このために一時帰国しようかと決心しつつあるのですが、まだ先行き不透明なので、来月チケット買うわけにはいかないなあ・・・。

私的にはドン・キと白鳥の日程をスワップしてはいかが?と思ってしまいますが。(ボリショイのドン・キは極上なので~~)ツィスカリーゼとグラチョーワの名前がないのは確かにさびしいですね。まだ先は長いのでこれから変更もあるのでは、と期待していますが。

ショスタコ・フリークのnaomiさんには、是非「小川」は2回とも見ていただきたいけど、確かに師走の平日は厳しいかな・・・とっても楽しいバレエで、音楽も最高ですよ~。

くみさん、こんばんは。

そう、キャストが出ないとなかなか買えませんよね。私も、会員先行発売で明るい小川二日間だけ買おうかなと思っています。思えば、一昨年も、マリインスキーのキャスト発表前にチケット発売になったものだから、ガラだけを買い、キャスト発表されてからチケットを買っても、十分良席で見られました。

Naokoさん、こんばんは。
連日のボリショイ報告、ありがとうございます。楽しく読ませていただいています!

また会場でお会いできそうですね♪たしかにチケットは決して安くないですし、まだ10ヶ月も先なので2月には買えませんが・・。
週末に地方から観に来る方も多いと思うので、土日は白鳥しかやらないのはちょっと不親切ですよね。ボリショイのドン・キは生で観たことがないので、とても楽しみです。2003年のバレエ・フェスでウヴァーロフとステパネンコが客演したドン・キ全幕がとっても楽しかったのは覚えていますが・・・。(ステパネンコももう出番がなさそうですね)
明るい小川はめっちゃ、楽しみです。フィーリンのシルフィード姿が夢にも出てきます(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピナ・バウシュテレビ放映/「プルースト」映像ほか情報 | トップページ | 新国立劇場バレエ団2008/2009シーズンラインアップ »