BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「バヤデルカ」1/11 その1 | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「白鳥の湖」1/20ざっとした感想 »

2008/01/20

情報いろいろ(ボリショイの「スパルタクス」、ソフィアン・シルヴ、フィガロのオペラ座連載

ダンソマニさんほかの情報で、オペラ・ガルニエで上演中のボリショイ・バレエの「スパルタクス」がFrance2によって収録され、テレビ放映、DVD化されるらしいとのことです(追記:TV放映、DVD発売の時期についてはまだはっきりした予定が発表されているわけではありません)。キャストですが、

スパルタクス:カルロス・アコスタ
クラッスス:アレクサンダー・ボロチコフ
フリーギア:ニーナ・カプツォーワ
エギナ:マリア・アラーシュ
剣闘士:ユーリ・バラノフ
三人の羊飼い:デニス・メドジェーエフ、ヴャチェスラフ・ロパーチン、イワン・ワシリエフ

だそうです。アコスタのスパルタクス、たしかに凄そうですが、せっかくならボリショイのダンサー主演で収録されれば良かったですよね。スパルタクス役といえば、ベロゴロフツェフとマトヴィエンコぐらいなのでしょうか、現在の布陣では。フリーギアのカプツォーワもあまりイメージじゃないし、エギナといえばグラチョーワの当たり役と多くの人が思っているような気がします。(ザハロワがエギナ役に挑戦するという話もありました)
いずれにしても、DVD化はありがたいことです。過去の素晴らしいスパルタクスの映像を超えることができるのでしょうか?

このパリ公演の別キャストは、ベロゴロフツェフ(スパルタクス)、ネポロージニー(クラッスス)、アントニーチェワ(フリーギア)、アレクサンドロワ(エギナ)なのだそうですが、どうせならこっちを収録してほしかったというのが正直なところ。

***********

先日、ソフィアン・シルヴがNYCBのプリンシパル一覧から消えたという記事を書きましたが、サンフランシスコ・バレエに移籍したのですね。サンフランシスコ・バレエのプリンシパルのゴンサロ・ガルシアがNYCBに移籍したので、交換トレードっぽいです。

***********
フィガロ・ジャポンの2月5日号は、パリ・オペラ座の連載でプティ振り付けの「プルースト」の特集をしています。全4ページで、各章ごとに、かなり詳細に作品の内容や音楽について解説。実際の作品を見ているような気持ちになります。プティの下でも活躍したドミニク・カルフーニのインタビューつき。一つ一つの写真が小さいのがちょっと惜しい感じです。それでも、とても倒錯的で美しい世界観が伝わってきます。それから、「プルースト」のDVDですが、まだ発売日は決定していないものの、日本発売が決まったという嬉しい記事がありました。

オペラ座がらみの情報をもうひとつ。マニュエル・ルグリの公式サイトで、去年夏の「素晴らしき仲間たち」の写真が32枚掲載されています。「オネーギン」「ドニセッティ・パ・ド・ドゥ」「ビフォー・ナイト・フォールズ」「さすらう若者の歌」など。最後の一枚には、佐々木忠次氏と高岸さんも写っていますね。

http://www.manuel-legris.com/japon.html

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2008年 2/5号 [雑誌]madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2008年 2/5号 [雑誌]

阪急コミュニケーションズ 2008-01-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「バヤデルカ」1/11 その1 | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「白鳥の湖」1/20ざっとした感想 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「バヤデルカ」1/11 その1 | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「白鳥の湖」1/20ざっとした感想 »