BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ボリショイ・バレエ来日情報/マラーホフのメッセージ | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「バヤデルカ」1/11 その1 »

2008/01/19

新国立劇場バレエ団2008/2009シーズンラインアップ

アトレ会員のプルミエ購入者宛の案内と、新国立劇場のサイトで発表がありました。
http://www.nntt.jac.go.jp/cgi-bin/cms/kouen_list02.cgi#season2

■『アラジン』〈2008/11/15~22〉
【アラジン】
山本隆之(11/15、21)、八幡顕光(11/16、20)、未定(11/19、22)
【プリンセス】
本島美和(11/15、21)、小野絢子(11/16、20)、湯川麻美子(11/19、22)

■『シンデレラ』〈2008/12/20~27〉
【シンデレラ】
アリーナ・コジョカル(12/20、22、23ソワレ)、酒井はな(12/21、24)、
さいとう美帆(12/23マチネ)、寺島まゆみ(12/26)、西山裕子(12/27)
【王子】
山本隆之(12/21、24)、マイレン・トレウバエフ(12/23マチネ)、
貝川鐵夫(12/26)、中村誠(12/27)、未定(12/20、22、23ソワレ)

■『ライモンダ』〈2009/2/10~15〉
【ライモンダ】
スヴェトラーナ・ザハロワ(2/10、12、14)、寺島ひろみ(2/11)、
本島美和(2/13)、川村真樹(2/15)
【ジャン・ド・ブリエンヌ】
デニス・マトヴィエンコ(2/10、12、14)、貝川鐵夫(2/11)、
山本隆之(2/13)、未定(2/15)
【アブデラクマン】
森田健太郎(2/10、12、14)、山本隆之(2/11)、冨川祐樹(2/13、15)

■Ballet the Chic〈2009/3/26~29〉
キャスト未定
(演目はバランシン『セレナーデ』、サープ『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』〈新制作〉、ドゥアト『ポル・ヴォス・ムエロ』)

■『白鳥の湖』〈2009/5/19~24〉
【オデット/オディール】
スヴェトラーナ・ザハロワ(5/19、21,23)、寺島ひろみ(5/20)、
厚木三杏(5/22)、真忠久美子(5/24)
【ジークフリード王子】
アンドレイ・ウヴァーロフ(5/19、21,23)、山本隆之(5/20)、
未定(5/22、24)
【ルースカヤ】
湯川麻美子(5/19、21)、西山裕子(5/20)、本島美和(5/22)、
川村真樹(5/23)、小野絢子(5/24)

■ローラン・プティの『コッペリア』〈2009/6/26~30〉
【スワニルダ】
寺島ひろみ(6/27マチネ)、本島美和(6/27ソワレ、30)、
小野絢子(6/28マチネ)、未定(6/26、28ソワレ、29)
【フランツ】
山本隆之(6/27マチネ)、江本拓(6/27ソワレ、30)、
八幡顕光(6/28マチネ)、未定(6/26、28ソワレ、29)
【コッペリウス】
ルイジ・ボニーノ(6/26、27ソワレ、28ソワレ、29、30)
ゲンナーディ・イリイン(6/27マチネ、28マチネ)

一応ラインアップだけは情報は入手していたのですが、楽しみなのは新作「アラジン」と、ミックスプロですね。ミックスプロはあともう一作品あるそうですが、「アンド・ワルツ」ではありませんように。「白鳥の湖」のルースカヤは蛇足だしわざわざ発表する意味が良くわかりません。正直言ってあまりそそられるラインアップではないのですが、新国立劇場は劇場も装置も衣装も美しいし、オーケストラの演奏もいいし、コール・ドは素晴らしいので見に行けばたいてい満足しちゃうんですよね。

ダンサーでは、川村真樹さんのライモンダ抜擢が嬉しいニュースです。新人の小野絢子さんも、アラジンのプリンセスと「コッペリア」のスワルニダに抜擢とは、期待の大きさが伺えますね。八幡さんも、「コッペリア」フランツで初の主役。主演の回数では本島美和さんが圧倒的に多く、酒井はなさんの出演が「シンデレラ」のみになってしまったのが残念です。マイレンも主演は「シンデレラ」だけだし。
ゲストは・・・たまには違う人が観たいです。プログラム数がオペラ10回と比較して少ないですよね。

ちなみにオペラの方はこちら。
http://www.nntt.jac.go.jp/cgi-bin/cms/kouen_list01.cgi#season2

トゥーランドット 2008年10/1(水)~15(水)
リゴレット 2008年10/25(土)~11/6(木)
ドン・ジョヴァンニ 2008年12/5(金)~15(月)
高校生のためのオペラ鑑賞教室 蝶々夫人 2009年1/12(月・祝)~24(土)
こうもり 2009年1/27(火)~2/1(日)
ラインの黄金 2009年3/7(土)~18(水)
ワルキューレ 2009年4/3(土)~15(水)
ムツェンスク郡のマクベス夫人 2009年5/1(金)~5/10(日)
ラ・チェネレントラ 2009年6/7(日)~6/20(土)
修禅寺物語 2009年6/25(木)~28(日)

もちろん、ショスタコーヴィチフリークとしては、新制作「ムツェンスク郡のマクベス夫人」がものすごく楽しみです。


それとコンテンポラリーのラインアップが何気に豪華です。
http://www.nntt.jac.go.jp/season/dance/index.html

2008年9/6(土)〜8(月)〈Aプロ〉 13(土)〜15(月・祝)〈Bプロ〉
DANCE EXHIBITION 2008 ―Dance meets Music―

2008年11/15(土)〜16(日) 
古楽とストラヴィンスキー 木佐貫邦子×平山素子(仮題)

2009年2/9(月)〜15(日)
森山開次作品集(仮題)

2009年6/17(水)〜21(日)
金森 穣 Noism09

« ボリショイ・バレエ来日情報/マラーホフのメッセージ | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「バヤデルカ」1/11 その1 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、いつも非常に参考にさせて頂いてます。
だんだんわかってきたのですが、バレエファンてものすごーく先の予定まで把握していないといけないのですねえ。
がんばって情報収集します!
とりあえず、新国立アトレ会員に。

新シーズンのラインアップが発表になりましたね。
また、ロミオとジュリエットが無かったのが寂しいです。
相変わらず、偏った主役の配分ですが、川村さんの「ライモンダ」や寺島まゆみさんの「シンデレラ」など、新しい役もあるので楽しみです。
昨年末、堀口さんもとても良かったのですが、すぐには反映されないのが、残念です。
男性は、一部未定になっているので、マイレン主演の夢はまだありますよ。

オペラでは「ラ・チャネントラ」のキャストが良いのですが、よく歌手の変更があるので、期待してよいものやら。

ogawamaさん、こんばんは。
確かに一年先までの予定を入れなくちゃいけないのは大変ですーー;私も、2007シーズンからセット券を買ったのですが、早くも、ザハロワ白鳥は見られくなりそうです。ただ、ザハロワの場合には会員かつセット券を持っていないと良席が買えないので、行けなくなってもおけぴ等で売れるというのが救いですね。NBSのバレエの祭典会員も然りです。私は、祭典のチケットは、どの日を希望したのか忘れることが良くあってあせります。ダブルブッキングもよくやります(とほほ)

くみさん、こんばんは。
マクミラン、観たいですよね~ちょっと演目もゲストも固定化しているし、この人が何でこんなに主役をやっているの?って思うような主演キャストもありますよね。正直言って、もうシンデレラはいいです。飽きました。堀口さん、せっかく主演デビューしたのに翌年がないのは気の毒ですね。
「チェネントラ」は確かに豪華出演者が話題になっていますね。新国立名物来る来る詐欺と一部では言われていますが、オペラのラインアップはかなり豪華です。破産するのでおいそれと手出しができませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボリショイ・バレエ来日情報/マラーホフのメッセージ | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)「バヤデルカ」1/11 その1 »