BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« SWAN MAGAZINE vol10 冬号 | トップページ | キヤノン「EOS」のCMにザハロワ/吉田都さんに大英帝国勲章 »

2007/12/12

大嶋さん怪我ショック・・・(追記あり)/パリ・オペラ座「くるみ」/ロイヤル・バレエの映像・TV放映

今回私はシルヴィ・ギエム・オン・ステージはAプロだけで、Bプロは行かなかったのですが、今日観に行った友達から、東京バレエ団の大嶋正樹さんが怪我をされてしまったということを聞きました。「シンフォニー・インD」の最中のことです。パチンと大きな音がしたそうです。

正式な発表はまだないわけですから、いい加減なことを書くわけには行きませんが、とにかく心配です。かなり重傷のようだとのことで。昨日の「カルメン」の、大嶋さんのホセは素晴らしかったようです。昨日観に行けばよかったのですが、ソールドアウトの公演で当日券もほとんど出なかったようです。シルヴィ・ギエム・オン・ステージのツアーは年内いっぱいまだまだ続くのですが、大嶋さんの早い回復を祈るとともに、他のダンサーの皆様もどうか怪我をされないで続けられますよう、お祈りいたします。

大嶋さんは、東京バレエ団の中でも一番好きなダンサー。Aプロの「ステッピング・ストーンズ」でも際立って滑らかで美しい動きをしていました。また彼の美しい肉体や色香漂う存在感ある姿が舞台に立つところを観たいです。どうか、重傷ではなく、そして復帰できますように。ダンサーさんは身体が資本ですからね。

12/12追記:東京バレエ団より正式な発表がありました。
http://www.nbs.or.jp/blog/TokyoBallet/contents/2007/12/post-8.html
大嶋さんは左脛骨骨折と診断され、現在入院治療中とのことです。15日の神奈川県民ホールでのCプロの「カルメン」は残念ながら降板することになりました(代役は木村さん)。
ゆっくり治療に専念して、また元気な顔を見たいですね。他のダンサーの皆さんも気落ちすることのないよう、がんばって欲しいです。

12/13 追記
井脇幸江さんのサイトで、今回の大嶋さんの怪我についてのコメントがあります。
とても思いやりに溢れた素敵なコメントなので、ぜひお読みください。
>怪我の具合は決して複雑なものではなく、術後の容態も良好なようですので、皆さまどうかご心配なく!
とのことですので、少し安心しました。
http://www.yukie.net/cgi/cmfdiary/cmfdiary.cgi

***********

フランスで、クリスマスに「くるみ割り人形」のテレビ放送が予定されているTV3とパリ・オペラ座が特別にくるみのサイトを オープンしました。

カレンダーの一つ一つをクリックしていくと、それぞれビデオクリップが見られるというつくりの可愛いサイトです。
収録は本来はレティシア・ピュジョルとジョゼ・マルティネスの予定だったので、 この二人がフューチャーされています。
ダンサーたちのリハーサルやゲネプロ、インタビューなど、盛りだくさんです。
レティシアのクララ、かわいかったのに怪我で降板で結局実際の舞台には立てず、気の毒でした。

http://toowam.france3.fr/test/casse-noisette/

ここでも怪我が影を落としていますね・・・。

***********

映像といえば、ロイヤルオペラハウスでYouTubeのチャネルを持って、宣伝映像を投稿し始めたようです。舞台映像やインタビューなど、色々と興味深い映像が観られます!バレエもたくさんあります。くるみ割り人形、シルヴィア、眠り、Chroma、ピノッキオなどなど。

http://uk.youtube.com/royaloperahouse

ロイヤル・バレエといえば、11月に収録された「ロミオとジュリエット」(タマラ・ロホ、カルロス・アコスタ主演)が12月25日にBBCで放送され、のちにDVD化されるそうです。マクミラン版のロミオとジュリエットは、フェリのが2枚出ているだけですから嬉しいですね。他にも、ダーシー・バッセルの引退公演の完全放送や、ダーシーがナビゲートする1時間のバレエドキュメンタリーなどが放映されるそうです。羨ましいですね。

放送予定はこちらに詳しく書いてあります。
http://info.royaloperahouse.org/News/Index.cfm?ccs=156&cs=3273

« SWAN MAGAZINE vol10 冬号 | トップページ | キヤノン「EOS」のCMにザハロワ/吉田都さんに大英帝国勲章 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

私も大嶋さんの怪我のことを聞き、非常に驚くと共に、心身ともに安定され、回復することを祈っています。
先日の「バフチサライの泉」でも好演されていましたし、非常に評価が高く、印象の強い方ですよね。
ギエムのツアーで、同行される他の団員の方たちも、動揺されていると思いますが、更なる怪我に繋がらずに、無事に舞台を勤め上げて欲しいです。

naomiさん こんばんわ。

大嶋さんの怪我はとても心配ですね、養生して完治させて欲しい。
POB&F3の「くるみわり人形」サイトを拙ブログで案内させてください。

あ、それからマチューは「椿姫」アルマン役を初演、再演共にクレルマリ・オスタと踊ってますよ。

吉田都さんに大英帝国勲章が贈られるそうですね。日本人の場合、ほとんどが男性に贈られてるみたいです。都さんすごいです~。

くみさん、こんばんは。
「バフチサライの泉」の大嶋さんも素敵でしたよね。日本人には珍しい、色気と表現力、男性的な魅力の持ち主なので、もっともっと舞台を観たい人です。
まだツアーが今月いっぱいあって、代役を務められる木村さんはじめ、みなさん大変かと思いますが、頑張って欲しいですよね。

shioさん、こんにちは。

そうでした!私ダンソマニで、マチューとオスタが椿姫を踊っている写真をすごくいっぱい見たのに忘れるとはアホでした^^;どうやって誤読したんだろう。
美しかったですよね~マチューはこの役に相当思い入れがあるようですね。

かりんさん、

情報ありがとうございました!確かにWikipediaなどを見ると、日本人で受章されている方のほとんどが男性なんですね。(真田広之さん、蜷川幸雄さんなど)
都さんは本当に日本の誇りですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SWAN MAGAZINE vol10 冬号 | トップページ | キヤノン「EOS」のCMにザハロワ/吉田都さんに大英帝国勲章 »