BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 大嶋正樹さんアップデート/吉田都さん | トップページ | 「失われた時を求めて フランスコミック版」 »

2007/12/16

井上バレエ団「くるみ割り人形」、井上バレエ団にエマニュエル・ティボー再び客演

今日、井上バレエ団の「くるみ割り人形」を観に行ってきました。王子の藤野暢央さんは、白タイツの王子姿がよく似合いますね。背も高くて脚も綺麗、ジャンプもダイナミックで高いし、サポートも上手い。疲労骨折した脚の手術をされた後とのことでしたが、順調な回復ぶりでした。彼にはなんともいえない色気と華やかさがありますね。今後はもっと日本で観る機会が増えそうです。

フリッツ役のアクリ瑠嘉くんが、踊りも演技も素晴らしかったです。マシモ・アクリさんの息子さんで、現在中学1年生。NBAコンクール中学生の部1位など、コンクールで大活躍中なのですね。脚が長く、とても容姿に恵まれているので将来が楽しみです。この版のフリッツは、とにかくすごく踊ります。ジュニアなのにマネージュあり、ピルエットあり。こんなに踊るフリッツは初めて!エレガントで素敵なフリッツだけど、お父さんから受け継いだコミカルな演技力もあって、只者ではないオーラを漂わせていました。

小林紀子バレエシアターの中尾充宏さんが花のワルツに出演されていましたが、王子と同じくらいかそれ以上踊るパートがあって、とっても素敵でした。普段小林紀子バレエシアターではヒラリオンなどキャラクターロールが多いけど、正統派の王子も、足音がしなくて端正なので、今後踊る機会があるといいな。

ピーター・ファーマーの美術がとても素敵で、コーラスもちゃんと少年少女コーラスがありました。休憩時間には、フリッツと、クララのお父さんがホワイエでお菓子を配るサービスもあって、クリスマスの雰囲気を高めてくれました。堀登さん演じるドロッセルマイヤーが大活躍で、マント捌きの上手さに目を瞠りました。カッコよかったです。真夜中、時計の中にドロッセルマイヤーの顔が登場する演出がホラーっぽくて面白かったです。ネズミちゃんたちが丸々とした着ぐるみなのも可愛かった~

さて、パンフレットの裏表紙に印刷されていたのですが、来年7月に井上バレエ団 財団設立25周年、井上バレエ団40周年、井上博文没後20年記念公演が開催されます。

7月12日(土曜、17時)、13日(日曜、3時) 文京シビックホール
ゲストに予定されているのが、パリ・オペラ座のエマニュエル・ティボー、デンマーク・ロイヤル・バレエのトマス・ルン、セバスチャン・クロボーグ。ティボーくんは、おそらく今年の7月にピンチヒッターで出演した「眠れる森の美女」がとても好評だったことから、またお呼びがかかったのでしょうね。演目等は不明ですが、楽しみです。日程はロイヤル・バレエの来日公演にかかっていそうですが。

追記:下記の記事によると、藤野暢央さんはオーストラリア・バレエを退団し、古巣の香港バレエにプリンシパルとして復帰するとのことです。
http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,,22920024-16947,00.html

また、世界バレエフェスティバルやオーストラリア・バレエの来日公演で活躍したマシュー・ローレンスも退団し、ヨーロッパに活動の場を移したとのこと。オーストラリア・バレエには現在男性プリンシパルが二人しかいないとのことです。

« 大嶋正樹さんアップデート/吉田都さん | トップページ | 「失われた時を求めて フランスコミック版」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、こんばんは
ティボー情報、嬉しいですね。
毎年井上バレエ団の夏公演は来日ものと重なってパスしていたのですが、来年は先にこちらを確保です。
マシモ・アクリさんのご子息情報も気になります。何故か彼の新国でのカラボスが大好きなのですよ。
オブラスツォーワのこととか、naomiさんのところでいただく情報がバレエライフを豊かにしてくれてます。ありがとうございます~

ほみさん、こんばんは。
どういたしまして(^^)
ティボー君は、ルグリガラ組にも入っていなければ、エトワールガラにも参加しないし、「ル・パルク」も出るかどうかわからないから、確実に出演するであろうこの井上バレエ団の公演は貴重ですよね。スワンマガジンでの、誠実な人柄を感じさせるインタビューも良かったです。

アクリさんのアグリーシスターズも面白かったですよね!今度のくるみでも一日だけドロッセルマイヤーを踊られるようです。ルカ君は、目のぱっちり大きな美少年だし、舞台マナーも非常に良いので、さぞかし素敵な王子様に育つんじゃないかと期待しています♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大嶋正樹さんアップデート/吉田都さん | トップページ | 「失われた時を求めて フランスコミック版」 »