BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« フリオ・ボッカの引退公演@アルゼンチン | トップページ | 12/24国立モスクワ音楽劇場バレエ『くるみ割り人形』 »

2007/12/25

ボリショイ・バレエ-美の舞台裏 Peter Blakely 写真展

先日こちらで紹介した写真展「ボリショイ・バレエ-美の舞台裏」、モスクワ音楽劇場バレエを観終わった帰りに観に行ってきました。写真家ピーター・ブレイクリーさんによるものです。

http://konicaminolta.jp/plaza/schedule/2007december/gallery_c_071220.html

コニカミノルタプラザのサイトで何枚か写真を観ていたものの、これほどまでに素晴らしい写真の数々に出会えるとは思いませんでした。

2006年6月のボリショイ・バレエの来日公演の舞台裏の写真が約30点展示されていました。正面から舞台を捉えた作品は一点のみ(「ラ・バヤデール」の影の王国のソリストの写真なのですが、これが、陰影に富んでいて、「ラ・バヤデール」という作品の幽玄な世界観を良く伝えていました)。あとは、舞台裏のダンサーたちを捉えたものです。

カーテンコールが行われている緞帳の裏で、教師とおぼしき人にねぎらわれているダンサーたち、「ファラオの娘」の衣装の早変わりをしている最中のフィーリン、舞台袖でのブロンズアイドルの練習中の写真、シャワー室にいる男性ダンサーたち、メイク中のニコライ・ツィスカリーゼ、舞台が終わり晴れやかな表情のフィーリンとザハロワ、床の上でペタンとストレッチをするバレリーナたち、バーレッスンをするグラチョーワ、ダンスマガジンの表紙の撮影に臨むルンキナ、影の王国のスロープを下る様子を横から撮影したショット。他にも、アレクサンドロワやネポロジニーなども。東京文化会館の舞台袖はこんな風になっているんだ、という発見もあります。舞台から見ているときにはうかがい知れない、ダンサーたちの筋肉の動きやぴりぴりとした緊張感、不安そして安堵。光と影の織り成す絶妙なハーモニー。美というもの、舞台芸術を支える様々な要素を目の前に差し出された思いがします。ゆっくりと写真の世界に浸ることができます。

これだけの美しい写真、写真集にならないかな~って思います。写真のオリジナルプリントを購入することも可能のようです。

12月20日~28日 10時半から19時まで(28日は15時まで)
コニカミノルタプラザ(新宿駅)
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

写真のいくつかは、ピーターさんのサイトで観ることもできます。ピーターさんは本職は報道写真家で、アメリカ人ですがロシアに13年間住んでいて、アフガニスタンやチェチェン、グルジアなどの取材もされてきた方とのことです。ニューズウィーク日本版などで活躍されています。今回、気さくなピーターさんから貴重な話をいろいろとうかがうこともできました。ロシア在住時からバレエはかなりご覧になっていたとのことです。

会場の交通の便も良いですし、素晴らしい時間をすごすことができます。ぜひお勧めします!

« フリオ・ボッカの引退公演@アルゼンチン | トップページ | 12/24国立モスクワ音楽劇場バレエ『くるみ割り人形』 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさんの紹介エントリを拝見して、行ってきました。
舞台裏って熱気があってドキドキしますね。
消火器の前でチュチュを着て屈伸してるダンサーの写真があって、なんか笑ってしまいました。

naomiさん、素晴らしい写真展のご紹介ありがとうございます!早速写真家さんのサイトに行ってきました。私が一番ツボったのは、大好きなマーシャとフィーリンの2ショット(No.24)でした~~。ちょうど今、こちらUKではボリショイ&ウィールドンのドキュメンタリーが放送されたところだったのですが、凄く面白かったです~。ボリショイ・ダンサーズへの愛が益々深まりましたわ・・・。

(ところで、この情報をballet.coのボリショイフォーラムで紹介してもよいでしょうか?皆さんへの素敵なクリスマス・プレゼントになると思うのですが・・・)

ogawamaさん、こんにちは。
ここでの紹介をごらんになっていらしていただけたとは嬉しいです~。
ストレッチしている姿のダンサーが多かったのも、面白かったですよね。東京文化会館の舞台裏は行ったことがなかったので、何かと面白かったです。ダンサーのいろいろな心理も伝わってきますね。

Naoko Sさん、こんにちは。

ぜひぜひballet.coでご紹介ください!ピーターさんも喜ぶと思います。
マーシャとフィーリンのショット、いいですよね!これはこの展覧会でも展示されていました。こういう生の感情が感じられる写真って、バレエ雑誌などに載っている写真にはないものですよね。
ウィールダンのボリショイドキュメンタリー、とても興味深いです。以前ボリショイでのことについてのウィールダンのインタビューを読んで、すごく面白かったんですよね。Naokoさんのレビュー楽しみにしています。
ボリショイのダンサーはホント、素晴らしいですよね!日本には来年末なのですが、待ちきれません!

naomiさん、早速お返事有難うございました。今ballet.coにポストしてきました~。

>>ボリショイのダンサーはホント、素晴らしいですよね!日本には来年末なのですが、待ちきれません!

まったくその通り!ドキュメンタリーを見て、もういてもたってもいられなくなってしまいました。年明けにユーロスターに飛び乗ってしまいそうな自分がコワいですわ・・・。

Naokoさん、こんにちは。

是非ユーロスターに飛び乗ってボリショイ見て来て下さいね!レポート楽しみにしてます。私もあとパリに数日いられたら見られたのに。

というわけで行ってきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フリオ・ボッカの引退公演@アルゼンチン | トップページ | 12/24国立モスクワ音楽劇場バレエ『くるみ割り人形』 »