BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« パリ・オペラ座昇進コンクール結果(男子) | トップページ | マリインスキー・バレエ「くるみ割り人形」DVD(ゲルギエフ指揮) »

2007/12/23

新国立「くるみ」22日/サンフランシスコ・バレエの「くるみ割り人形」DVD化/NYCB、2,000回目のくるみ

P1020022small

今日は新国立劇場の「くるみ割り人形」、さいとう美帆さんとマイレン・トレウバエフ主演の回を観てきました。私はマイレンのファンなのですが、ますますマイレン素敵♪とハートマークいっぱいで帰途につけた、楽しい公演でした。マイレンの踊りは派手さはないんだけど本当にエレガントで、サポートも上手で、シンプルに美しい。2幕での衣装から胸毛がちょっとはみ出ていたのが気になったけど(笑)、キャラクターロールで見せる濃い演技を封印しての、優しくて愛情たっぷりな佇まいや表情も良かったです。これからもっともっと、マイレン主演の舞台が観たいなと思いました。

さいとうさんは、途中までは良かったのですが、グラン・パ・ド・ドゥで体力が尽きたのか、失速してしまったのが残念。愛らしくて、少女らしくてマーシャにぴったりなのですが。怪我で降板した寺田亜沙子さんの代役としての出演もあるので、次回は頑張って欲しいところです。雪のシーンでの群舞の揃い方はさらに精度を増し、実に幻想的で、粉雪の冷たさ、ひんやりと澄んだ空気を感じてしまうほど美しかったです。今回は演奏もとても良かったので、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」がどれほど美しく、ちょっと物悲しくて胸の奥をきゅんとさせる音楽なのか、しみじみと実感できました。それだけに、やっぱりパ・ド・ドゥのアダージオの緊張感ありすぎな振付が残念ですよね。

************

「くるみ」つながりでこんなニュース。
サンフランシスコ・バレエの「くるみ割り人形」(振付:ヘルジ・トマソン)が収録されて、12月22日より全米とカナダの映画館で上映された後2008年にテレビ局PBSで放映されることは知っていたのですが、OpusArteからDVDも発売されるようです。バレエ「くるみ割り人形」の舞台収録が全米の映画館で公開されるのは初めてとのこと。

http://www.digiscreen.ca/nutcracker/digiscreen.html
に、OpusArteのロゴがあります。このサイトでは、動画も観られます。
キャストは、金平糖の精にヴァネッサ・ザホリアン、ドロッセルマイヤーにダミアン・スミス、雪の女王にヤンヤン・タン、雪の王にPierre-François Vilanoba、グラン・パド・ドゥにマリア・コチェトコヴァ、Davit Karapetyanです。

San Fransisco Cronicleに撮影の様子についての記事があります(写真入)
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2007/12/22/DDO0U1D6C.DTL

なお、ナショナル・バレエ・オブ・カナダの「くるみ割り人形」(ジェームズ・クデルカ振付)もカナダの映画館で上映されるとのことです。こちらは王子を踊るのが、ABTなどにも客演しているギョーム・コテ。
http://www.thestar.com/entertainment/article/287539
映画館で舞台中継が観られる位、「くるみ割り人形」のバレエというのは一般的な人気があるということなのですね。

************

おまけ
New York Timesにて、NYCBにおける2000回目の「くるみ割り人形」の上演とその舞台裏の動画がアップされています。金平糖の精はウェンディ・ウェーラン。子役たちのバックステージでの様子がとっても可愛いです。
http://video.on.nytimes.com/?fr_story=ce632d743627de8221e4f7f06d2c1e7a675a55b7

« パリ・オペラ座昇進コンクール結果(男子) | トップページ | マリインスキー・バレエ「くるみ割り人形」DVD(ゲルギエフ指揮) »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
いつも素晴らしい情報を教えていただきありがとうございます。
SFBのくるみ、すごく楽しみです。
ヤン・ヤン・タンの映像はなかなか観られないので・・・
それに舞台の中継映像とは違って、上映作品らしく特殊効果も
使われているように見えます。
発売はまだ先の話でしょうけれど待ちきれません。

Fさん、こんばんは。
SFBのくるみ、楽しみですね~なんてったってヤンヤン・タンの雪の女王は似合いそう!素敵でしょうね。
ちょっと振付が微妙らしいって話は聞いていますが、そんなの関係ねえ!
くるみって、考えてみたら都さんのピーター・ライト版以来、あんまり映像出ていないんですよね。マリインスキーの奇抜なやつ以外(笑)

こんばんは。嬉しい情報をありがとうございます。San Francisco BalletのNutcrackerがDVD化されるというのは朗報です!サンフランシスコ在住の時は毎年劇場に足を運んでいました。監督のTomasonの版では、クララが子供で、二幕ではクララがずっと王子様と一緒に各国の踊り、金平糖の踊りを座って観るものだったのですが、とにかく舞台が華やかで楽しめると思います。ヤンヤン・タンの雪の女王も金平糖も観たことがありますが、どちらも素晴らしいです。ヴィラノバとは2005年からパートナーを組むようになったのではなかったでしょうか、私が観ていた2004年までは雪の女王は男性と踊る場面はなく、雪の精のコールドの中で華麗に舞う振り付けだったのですが、新しくなったのかもしれませんね。ザホリアンも素敵なプリンシパルです。ここには山本帆助さんという日本人ソリストも居ます。たぶん、中国の踊りを踊るのじゃないでしょうか。とにかく、ここのバレリーナは皆さんとっても個性的で、西海岸らしい進取の気性に富んだ素敵なバレエ団と私は思っているので、今回のDVD化はとっても楽しみです!

togaさん、こんにちは。
海外に行っていてお返事が遅れてごめんなさい。
色々と教えてくださってありがとうございます。
私もサンフランシスコは3月に出張で行った時にガラを観に行って、いいバレエ団だと思いました。
トマソン版のくるみ、興味あります。ヤンヤン・タンって本当に美しいバレリーナですよね。山本さんも、日本の発表会で観ましたがハンサムで素敵なダンサーでした。
DVD化楽しみですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座昇進コンクール結果(男子) | トップページ | マリインスキー・バレエ「くるみ割り人形」DVD(ゲルギエフ指揮) »