BlogPeople


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 11/11新国立劇場バレエ団「椿姫」 | トップページ | 11/18 NHK音楽祭2007 マリインスキー劇場管弦楽団 »

2007/11/18

小林紀子バレエシアター「ジゼル」

遅い時間になってしまったので一言だけ。

とても素晴らしい公演でした。明日マチネがありますが、チケットは全種類残っているそうなので、迷っている方はぜひ。このバレエ団の「ジゼル」を見るのは初めてですが、ディーン版は見ごたえがあります。そして何より、主役の二人が最高でした。

島添亮子さんは、女優バレリーナタイプなのかな?上半身の動きも非常に柔らかく繊細できれいだし、華奢で幸薄そう、いかにも病弱そうなところがジゼルにぴったりです。細やかな演技が本当に素晴らしくて、けなげさには胸を締め付けられました。特に2幕のラスト近く、朝を告げる鐘の音がしてアルブレヒトが助かったことがわかった時に見せた、哀しみを帯びながらも幸福そうな、母性を感じさせる表情は忘れがたいものがあります。慎ましやかで派手さはないのだけど、ガラス細工のように透明感がありました。もちろん、テューズリーのアルブレヒトも熱演でした。先週「椿姫」で観たばかりなのに・・・役作りの細かさには脱帽です。最初プレイボーイタイプなのかな、と思わせて、ジゼルに本気で一途に恋しているのがわかりました。一つ一つのリアクションが、台詞が聞こえてきそうなほど雄弁。本当にジゼルを死なせてしまった事を悔やみ、魂の救いを求めていました。ウィリたちに痛めつけられた時の苦しがり方もとてもリアルで。ヒラリオンの中尾さんも熱演。ストーカー系ヒラリオンとか、粗野なヒラリオンというのはよくありがちですが、中尾さんは、普通の真面目な若者で、好感が持てるキャラクターゆえ、その愚かさとウィリの恐ろしさが際立っていました。

最前列センター真ん中という位置で座っていたので、コールドの揃い方があまり見えなかったのが残念でしたが、ディーン版はフォーメーションが独特で面白かったです。ウィリがそれぞれ違う動きを見せていました。メイクは完全に死人系で、演出もホラー映画ばり。ものすごく怖かったです。高畑きずなさんのミルタは、高い跳躍と柔らかい背中が印象的でした。1幕では、やはり中村誠さんのペザントのヴァリエーションが切れがよくて良かったと思います。新国立劇場にも出ている楠元郁子さんのバチルドは、狂乱したジゼルにぶつかられて思いっきり転ぶのですね。高慢そうなお嬢様役がよく合っていました。

ちゃんとした感想はまた後ほど。明日は東京フィルメックスでジョニー・トー監督作品「放逐」を観てから、NHKホールでゲルギエフ指揮ののマリインスキー・オーケストラ、バレエ・プログラムを聴いてきます。

« 11/11新国立劇場バレエ団「椿姫」 | トップページ | 11/18 NHK音楽祭2007 マリインスキー劇場管弦楽団 »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

お越しいただきありがとうございました。
デレク・ディーン版は、人物の設定がとても細かいのです。
ベルタが、ウィリの伝説を説明したり、バチルド姫が、何気なくジゼルからのキスを拒んで、下々の者を見下しているなど、舞台の上の人はすべて必要な人です。
1幕の村人たちの踊りもたくさんあり、踊っている方も面白いという作品です。
2幕のウィリは、一人一人が死神のようなメイクで、本当に怖いです。
コールドを揃える箇所もありますが、あとは、ばらばらな動きをするのは、個性的なウィリ達だからでしょうか。

くみさん、こんばんは。
素晴らしい公演でした。こんな走り書きでは申し訳ないので、後でちゃんと感想を書こうと思います。
そう、かなり演劇的な舞台だと思いました。個性的なウィリというのも楽しかったですね。そして島添さんの素晴らしいこと!本当にジゼルは奥が深い作品だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/11新国立劇場バレエ団「椿姫」 | トップページ | 11/18 NHK音楽祭2007 マリインスキー劇場管弦楽団 »