BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ロイヤルのロミジュリ/古川さんブログ/井脇幸江さん | トップページ | 10/24東京バレエ団「真夏の夜の夢」/「バレエ・インペリアル」 »

2007/10/25

「真夏の夜の夢」初日簡単な感想

パソコンの調子がどうにも悪くて、携帯から取り急ぎの投稿です。

スティーブン・マックレーのオベロン、とても良かったです。妖精王らしい威厳があって堂々としており、目線の使い方もばっちり。上半身が雄弁かつ優雅でなめらか、脚はほっそりと美しくてよくアンドゥオールしており、アシュトンの細かいパもほぼこなしていました。跳躍や回転などテクニックが達者なのは織り込み済みでしたが、身体がとても柔らかいのに驚きました。オベロンのメイクが良く似合うきれいな顔立ちをしています。

しかしマックレー君は予想以上に小柄で、カーテンコールの時に古川さんと並んでも小さかったので、アリーナ・コジョカル以外と組めるのかが少し心配です。アリーナとのパートナーシップも良かったと思いますが、最後のパドドゥは緊張しているのが伝わって来ました。ちょっと細かいミスもあったような。でも初役だとすれば、実に見事なパフォーマンスだと思います。

カーテンコールでも最初はちょっと堅かったようですが、アンソニー・ダウエルが舞台上に出てきたときにようやく緊張が解けて、嬉しそうな表情を見せてくれました。

アリーナは、堂々とした女王ぶりで、可憐なのだけど時には色っぽく、ちょっと姉さん女房のようなところもありました。大人の女性の強さを持っているけど、軽やかで、まさに妖精のようでした。金髪の巻き毛のカツラも良く似合います。アリーナを包んでいる空気が、もう人間のものではないのですから!さすがに経験の差か、存在感は際立っていたし、アシュトンのパの踊り方、脚捌きも正確で音楽性豊か、お見事です。小柄なのに体の使い方が大きいのですよね。若いマックレー君を巧みにリードしていて、素晴らしい舞台に仕上げてくれました。

ハーミア、ヘレナ、ディミトリアス、ライサンダーを演じた4人は実に楽しそうに演じていました。特に井脇幸江さんと西村真由美さんの掛け合いはかわいらしくて、はじけていて笑わせてもらいました。恋人ライサンダーは惚れ薬のせいでヘレナのほうを向いてしまって、お前なんか要らない!って邪魔モノ扱いされてふくれる西村さんの可愛いこと!この日の恋人たちのキャストは、高岸さんといい、平野さんといい、そしてもちろん井脇さんといい、濃いキャラの人が多くて、日本人とは思えないくらいノリが良く、面白かったです。

もちろんパックとボトムを忘れてはいけません!古川さんのパックは、いかにもいたずらっ子の妖精っぽい、お茶目でやんちゃでかわいいパックでした。跳躍もとても冴え渡っていたし、オベロンとシンクロするところのシェネもお見事。彼の持ち味に本当に合っていて、生き生きと演じていて気持ちよかったです。高橋竜太さんのボトムは、ポアント捌きが見事。小柄なせいか、ちょっとズボンの丈が長くてポアントが先っぽしか見えなかったのがちょっと残念だけど、持ち前の身体能力をいかしてコミカルにリズミカルに踊ってくれて、楽しかったです。

(続く)

昨日ご紹介した古川和則さんのブログで、終演後の三人の写真が載っています。アリーナの可憐なこと!古川さんのパックも、茶目っ気たっぷりでかわいく、すごく良かったです♪

« ロイヤルのロミジュリ/古川さんブログ/井脇幸江さん | トップページ | 10/24東京バレエ団「真夏の夜の夢」/「バレエ・インペリアル」 »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

早速の感想ありがとうございます。
古川さんのパックは観られなくて残念ですが、マックレーくんの仕上がりは良いようですね。
背があまり高くないと、他の女性プリンシパルが皆さん高いので、相手が限られてしまいますね。

naomiさん こんにちは。「真夏」の舞台レポ、息を詰めて(?)拝読しました。(過日ballet.coにも速攻レポを上げて下さって、ありがとうございました!)

スティーヴンの日本デビューはまずまず成功だったようで、ほっとしました。彼のいいところをしっかりアピールできたようで、よかった よかった。

彼は踊る才能は非凡なものをもっていますが、naomiさんもお書きになっているように、背が低いことが唯一気がかりな点かな・・・。でも、その意味ではロイヤルは彼にとって理想的なカンパニーだと思いますよ。私の印象では、これだけ小柄な女性プリンシパルが揃っているカンパニーって他にないような・・・コジョカル以外にも、ロッホ、マルケス、モレーラあたりは組めるんじゃないかと思います。(以前ヨハン・コボーが、"ロイヤルは小柄なバレリーナの天国!"みたいな内容のことを言ってましたよ。)

くみさん、
くみさんも木曜日に楽しまれましたよね?マックレーくん、良かったでしょう。下のNaokoさんのコメントにあるように、ロイヤルは比較的女性ダンサーが小柄なので、大丈夫そうですね!

Naokoさん、こんにちは。
ちょっと簡単な感想で恐縮です。ちゃんとしたのを書きたいと思いつつなかなか筆が進まず。金曜日の最終日はさらに良い仕上がりで、またダウエルさんがカーテンコールに登場し、しっかりとマックレーくんの手を握っていたので、大満足だったのではないかと思いました。事実、ダウエルさんを髣髴させる部分のある濃い演技だったと思います。
で、私も考えてみたら、ロイヤルのバレリーナは小さい人が多かったのですよね。
コボーが、自分が引退した後のコジョカルのパートナーについて心配していたとインタビューで語っていましたが、マックレー君がいてよかったですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤルのロミジュリ/古川さんブログ/井脇幸江さん | トップページ | 10/24東京バレエ団「真夏の夜の夢」/「バレエ・インペリアル」 »