2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 写真集 「Alessandra Ferri  A Farewell Tribute」 | トップページ | バーミンガムロイヤルの来日、コッペリアに吉田都さん »

2007/08/02

必読!アンヘル・コレーラのインタビュー記事

いちぞーさんのブログ「やめられないのよ、追っかけは」で、いちぞーさんによるアンヘル・コレーラの独占インタビューが掲載されています。(英語版はこちら

このインタビューが本当に面白いので、今回のグルジア国立バレエ「ドン・キホーテ」でアンヘルくんの虜になったみなさん、そして今回残念ながら見逃したけど、評判の高さを聞いて次回は観たいと思ったみなさん、ぜひ読んでくださいね。ファンならではの視点で、雑誌などのインタビューではわからないアンヘルくんの素顔が伺えます。

来年旗揚げを予定しているBallet de Espanaについて、今年のメトシーズンについて、更には一緒に踊ったラリ・カンデラキさんの印象についてなど語られています。アンヘルくんの写真もあります。

今回の来日公演について
http://blog.livedoor.jp/ichizo31/archives/54721442.html

自ら立ち上げたカンパニー、Ballet de Espanaについて
http://blog.livedoor.jp/ichizo31/archives/54722131.html

ABTとの今後の関係やニーナ・アナニアシヴィリ、ディアナ・ヴィシニョーワとのパートナーシップについてhttp://blog.livedoor.jp/ichizo31/archives/54733447.html


Ballet de Espanaですが、かなり強力なメンバーを集めたようです。すでに他のインタビューでも言明しているレティシア・ジュリアーニをはじめ、アンヘルの姉カルメン・コレーラが入団。ゲスト・プリンシパルにはABTのエルマン・コルネホ。それから、新国立劇場バレエの「カルミナ・ブラーナ」に客演したバーミンガム・ロイヤル・バレエのイアン・マッケイ(とてもハンサムな方ですね)、そして、今週末のゴールデン・バレエ・コースターに出演するシンシナティー・バレエのアディアリス・アルメイダ(Adiarys Almeida)とジョセフ・ガティ(Joseph Gatti)。プリンシパルは合計8名とのことです。期待できそうな布陣ですね。また、ロイヤル・バレエスクールの今年の卒業生5名がこのカンパニーに入団すると発表されています。

詳しくは、インタビュー本文をお読みください。よくバレエ雑誌のインタビューを読んで、「そんなどうでもいいことなんか聞かないで、どうして肝心なことを聞いてくれないの」と思うことがありますが、こちらのいちぞーさんのインタビューは、聞きたいことをきちんと聞き出してくださった、痒いところに手が届く素晴らしいものです。

故郷のスペインに、高い水準のクラシック・バレエ・カンパニーを作ろうと何年もの間奮闘してきたアンヘルの努力は並大抵のものではありません。ぜひアンヘルを応援し、このBallet de Espanaの来日が実現するよう、応援したいですね。

カンパニーについての追加情報はこちらへ(英語)

******************
なお、このインタビューで明らかになりましたが、来年春のABTのMETシーズンの演目は『ジゼル』、『ドン・キホーテ』、『海賊』、『ラ・バヤデール』、『眠れる森の美女』、『メリー・ウィドウ』、そして『白鳥の湖』となります。
今年の演目とかなり入れ替わりますね。また、秋のシティセンターシーズンには、アンヘルは出演しません。

その代わり、Kings of The Danceのロシアでの公演にアンヘルは出演します。共演は、イーサン・スティーフェル(ABT)、ヨハン・コボー(ロイヤル・バレエ)、ニコライ・ツィスカリーゼ(ボリショイ・バレエ)と豪華この上ありません。このメンバーで日本に来て欲しいですね。

モスクワ 10月28日~10月31日
ペテレスブルグ 11月2日
パーム 11月7日~8日
ノボシビリスク 11月10日~11日

こちらも詳しくはいちぞーさんのエントリへ。

※今年上演されて、来年上演されないのが『マノン』、『ロミオとジュリエット』、『オテロ』、『真夏の夜の夢』、『シンデレラ』です。フェリの引退でマクミラン作品が上演されなくなってしまうのと、観客動員(『オテロ』、『真夏の夜の夢』は入りが良くなかった)などを考えて、ということでしょうね。しかしマクミラン好きの私にとっては少々残念なラインアップです。『海賊』、『白鳥の湖』は来年の来日公演で上演予定ですし、現地に行ってまで観たいと思うのは『ラ・バヤデール』くらんですね。

« 写真集 「Alessandra Ferri  A Farewell Tribute」 | トップページ | バーミンガムロイヤルの来日、コッペリアに吉田都さん »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

こんなに詳しく紹介していただいて、ありがとうございます。m(__)m

今回のインタビューに関しては、突っ込みが足りなかった部分など色々と反省点もあるのですが、まあそれはまた後日。(笑)

それでも、アンヘルくんの生の声をお届けするという意味では成功したと思っていますので、興味のある方は是非ご覧下さい!

いちぞーさんは、よくABTを観ていらして、てっきりNY住まいだと思っていました。
ロスなんですね。
自分の行動力の無さ・移動力の鈍さを改めて知りました。
精力的に動いてくださる方がいるから、こういうレアな声を聞くことが出来ることに感謝します。
アンヘルくんのカンパニーも、東京文化会館で、お披露目でしょうか?
また、グッズ買います。募金もします。

くみさん

私の行動を見ていると、NY-LA間が東京ー大阪間のように感じられるとよく友人に言われますが(実際は飛行機で4〜5時間)、年々フットワークが軽くなっているようです。(^^;)

これも夫や家族の理解があってこそ!感謝の気持ちでいっぱいです☆

naomiさん、

くみさんとの会話にnaomiさんのブログを利用させていただいています。すいません。m(__)m

いちぞーさん、

突っ込みが足りないなんてとんでもありません!すごく面白く読ませて頂きました。いちぞーさんのようなファンを持つアンヘルくんも幸せな人ですね♪

第二弾を楽しみにしています!

くみさん、

いちぞーさんと同じくママであるくみさんも、かなりアクティブな方だと思いますよ♪

ぜひ子連れ鑑賞旅行挑戦して下さいね!

いちぞーさん、

確かにそんな錯覚をしてしまいます(笑)
いちぞーさんの文章には絶えず息子さんやパートナーへの感謝の気持ちが伝わって来て素敵ですね。私も大魔王に感謝しなくては!

くみさんは普段からお会いしているお友達なので、どんどんこの場を利用してくださいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真集 「Alessandra Ferri  A Farewell Tribute」 | トップページ | バーミンガムロイヤルの来日、コッペリアに吉田都さん »