BlogPeople


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ルグリ白鳥のチケット | トップページ | 大貫真幹さん、スペインへ »

2007/06/20

SWAN MAGAZINE Vol.8

[巻頭 連載] 安珠のPhoto Essay Vol.7
DANCER'S DEEP MIND 白井剛

[特 集]
『バレエの新しい扉を開こう」
[Noism07] 金森穣インタビュー
Noism作品アルバム/[日本初]レジデンシャル・ダンス・カンパニーの歩み/井関佐和子インタビュー

シンフォニック・バレエ「ラプソディ・イン・ブルー」
[インタビュー]
服部有吉/金 聖響

[融 YUH'07 プロジェクト ダンサー・インタビュー]
イリ・ブベニチェク (ドレスデン・バレエ団 プリンシパル)
マリ=アニエス・ジロ (パリ・オペラ座バレエ団 エトワール)
竹島由美子 (ドレスデン・バレエ団 プリンシパル)

[ミラノ・スカラ座バレエ団◆プリンシパルに聞く]
ヌレエフ版「ドンキホーテ」

[パリ・オペラ座の新しい風!]
ルグリ、プラテルに続くスター候補は誰?
[2006/2007シーズン パリ・オペラ座バレエ]
プルースト&ドンキホーテ
['07ルポ]
パリ・オペラ座バレエ学校公演

さよなら、アレッサンドラ・フェリ!

[オーストラリア・バレエ団◆プリンシパルに聞く]
新感覚バレエ「白鳥の湖」

新国立劇場バレエ団「ドン・キホーテ」を観に行こう!

白井剛さんは耽美的な美形の方です。この雑誌、バレエといいつつ結構日本のコンテンポラリーも取り上げているような感じ。なかなか日本人の主役級のバレエダンサーでカッコいい人、少ないですからね。

Noismは私は興味がないのでインタビューは飛ばし。「融07」はダンスマガジンでは扱いが非常に小さかったので、ここでメーンの三人を取り上げてくれたのは嬉しかったです。イリもマリ=アニエスもとても穏やかで素敵な微笑を浮かべているのが印象的でした。

服部有吉さんは今回いったいどれくらい取材を受けたのだろうかとふと思ってしまいました。私は以前映画の宣伝の仕事をしていた時に、映画監督や俳優を何日間がスケジュールを確保し、取材を詰め込むだけ詰め込む、なんてことをやりましたが、インタビューされる側も同じようなことを話さないといけないし結構大変なのですよね。しかしどのインタビューを読んでも、服部さんの真摯な姿勢はよく伝わってきます。(元祖シンフォニック・バレエの)「バランシンに追いつきたい」とは大胆ですが、彼にだったらできる気もします。金 聖響さんは基本的にバレエには興味がない方とインタビューでおっしゃっていましたが、舞台上では実に楽しそうにしていましたね。

オペラ座の「ドン・キホーテ」の記事は斎藤珠里さんなんですが、キトリを村娘と表現したり、この方はどうも感性にズレがありますね。村娘といえばジゼルで、キトリは街娘でしょう。彼女の著書(玄田有史氏との共著)「仕事とセックスのあいだ」を読みましたが、少子化と性というテーマは面白いのに、一言で言えば"フランスかぶれ”の部分が非常に鼻につきました。
「ドン・キホーテ」でエトワール昇進したベランガールの写真、開脚したまま空中で静止しているようでたしかにすごい跳んでいる感じなのですが、うーんこれがエトワールか?という感じです。他のダンサーの写真が皆とても美しいだけに。

フェリのインタビュー記事は、まず数々の写真がとても美しいです。そして、未だ演目が発表になっていない8月の日本での引退公演ですが、「ロミオとジュリエット」「ジゼル」に加え、「マノン」「椿姫」を踊ってくれるようです。フェリの「椿姫」はおそらくまだ日本では踊られていないので、ガラとはいえ楽しみですね。

有吉京子さんの「まいあ」も読めて、バレエの記事も楽しめる、一粒で二度おいしい雑誌です。

SWAN MAGAZINE Vol.8 2007 夏号SWAN MAGAZINE Vol.8 2007 夏号
有吉京子

平凡社 2007-06-09
売り上げランキング : 151

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ルグリ白鳥のチケット | トップページ | 大貫真幹さん、スペインへ »

バレエの本」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、こんにちは。

実は今さらですがアレッサンドラ・フェリの引退公演を観に行くこと諦めていたのですが、日本へ帰ることになったので、それならと調べたところチケットまだ残っているようですね。

そこで、naomiさん、良かったらご教示いただきたいのですが。私まだ5本の指では足りないくらいしかバレエを観たことがありませんが、とりあえずはいつも一番高い席を購入しておりますが、劇場によってはあまり納得のいく席ではなかったりで。

今回のシドニーで公演されたパリ・オペラ座の白鳥も一番高い席で取ったものの納得のできる位置ではありませんでした。

でもフェリは私が初めて観たDVDで、こんな素晴らしい踊りをする人がいるんだとすごく感動を与えてくれた人で思い入れも強くて、この公演は絶対にベストポジションで観たいんですが、以外にもE席7千円の席がもう完売となっておりますが、どういうことなのでしょうか?値段ってあまり関係ないのかな?そんなわけはないですよね?

A席の2万2千円で取っても日本文化会館の場合どうなのでしょうか?ちなみにB公演の方を観に行きます。日にちがその日しか無理なんです。

もし良かったらメール頂けませんでしょうか。お忙しいところお手数ですが宜しくお願い致します。


Tamakoさん、

フェリ無事にご覧になれそうですね!ぜひ楽しんでください。私も3公演全部行きますよ。ほかならぬフェリですもの。ぜひ楽しんでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルグリ白鳥のチケット | トップページ | 大貫真幹さん、スペインへ »