BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ミラノ・スカラ座「ドン・キホーテ」6月9日マチネ続き | トップページ | パリ・オペラ座オーストラリア公演 »

2007/06/12

ABT&ボリショイ・バレエ来日予定

すでにご存知の方も多いかと思いますが、ジャパンアーツのサイトで、2008年の招聘予定が更新され、ABTとボリショイ・バレエの来日予定と演目についての情報が追加されています。

★アメリカン・バレエ・シアター(ABT)来日公演 2008 7/14~28
http://www.japanarts.co.jp/html/JA_world_artists/ABT.htm
予定プログラム:「海賊」「白鳥の湖」(改訂振付:マッケンジー)「ABTガラ(小品・PDD集)」
予定ソリスト:
アナニアシヴィリ、ドヴォロヴェンコ、ヘレーラ、ケント、マーフィー、レイエス、ヴィシニョーワ、ワイルズ、ベロツェルコフスキー、カレーニョ、コレーラ、コルネホ、ゴメス、ホールバーグ、スティーフェル、(2007.3月現在)

ニーナ・アナニアシヴィリが予定されているのが嬉しいですね。ABTではもうあまり踊らないのではないかという憶測もありましたが、やっぱり日本は別格なんでしょうか。2004年にフリオ・ボッカとの共演でMETで観たニーナの白鳥は情熱的で強烈に素晴らしかったです。ABTの「白鳥の湖」(マッケンジー版)も賛否両論というかツッコミどころ満載のプロダクションですが、ニーナ、イリーナ、ジリアンの白鳥はタイプは違えども必見でしょう。できればマルセロ・ゴメスにはまたロットバルトを踊って欲しいものです。

「海賊」はABTの18番ですね。ホセ・カレーニョ、アンヘル・コレーラという2大アリが見られるのが楽しみです。来日メンバーにマラーホフが入っていませんが、マラーホフのランケデムが観たかったです。イーサンも復活したとのことで、彼の久々の来日も楽しみですね。

「ガラ」はトワイラ・サープのIn The Upper Roomをぜひやって欲しいと思います。ABTらしさが発揮できますし、盛り上がりますからね。似合わない(無理がある)バランシンなんかやらなくていいですから。

★ボリショイバレエ団来日公演 2008 11/15~12/9

http://www.japanarts.co.jp/html/JA_world_artists/bolshoi_ballet.htm

予定プログラム:「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」「明るい小川」他
ソリスト:ヤツェンコ、アントニーチェワ、クリサノワ、シプリナ、アレクサンドロワ、アラシュ、オシポワ、ルンキナ、ザハロワ、ヴォルチコフ、ウヴァーロフ、メルクリエフ、シュピレフスキー、マトヴィエンコ、ベロゴロフツェフ、グダーノフ、スクヴァルツォフ、フィーリン、ネポロージニー、他

こちらは、「明るい小川」が入っているのがものすごく嬉しいです(NBSだったら絶対に上演しないでしょう)。

フィーリンの素敵なシルフィード姿とポアントが観られるんですね、きっと。ニコライ・ツィスカリーゼの名前が入っていないのはどういうことでしょう。「白鳥の湖」の悪の天才といえばニカ様の当たり役ですから。単にジャパンアーツのミスで名前が落ちているのならいいんですけど。あと、グラチョーワ、ステパネンコの名前がありませんね。グラ様は出産後の復帰がいつになるのか、気になります。

「ドン・キホーテ」はすっかり食傷気味なので、また「スパルタクス」を上演して欲しいんですが・・・。
それから、ボリショイはぜひボリショイのオーケストラを連れてきて欲しいですね。

来年は5月ごろにパリ・オペラ座の来日公演もあるし、ロイヤル・バレエの来日公演もあるし、バレエフェスはないとはいえまた貧乏な一年になりそうです。

バレエ「海賊」全3幕バレエ「海賊」全3幕
アメリカン・バレエ・シアター

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-06-22
売り上げランキング : 7482
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ミラノ・スカラ座「ドン・キホーテ」6月9日マチネ続き | トップページ | パリ・オペラ座オーストラリア公演 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

やっぱり来年ABT来るんですね~。
「海賊」と「白鳥」ですか~。「海賊」はアリの出番が多くないのが残念なところです。
「白鳥」でシリアスなアンヘルが見られるでしょうかね。

ボリショイの「明るい小川」は私もぜひ見たいです!!フィーリンの女装写真見たらすごく面白そうで。

プリマローズさん、こんばんは。

一昨年METで「海賊」見たんですが、最初はこんなアホ演目を6回も観るなんてバカみたいだな、と思っていたんです。でも、ABTの海賊は最高ですよ♪なんといってもキャストが豪華。たとえばアリがアンヘルで、ランケデムがエルマンかホセ・カレーニョ、コンラッドがマキシムでメドーラがイリーナなんてすごいオールスターキャストになるわけですからね。
ABT版はランケデムが結構重要でいいダンサーが踊りますね。
「白鳥」はある意味トホホ演目ですが、こちらのポイントは美形ロットバルトです。デヴィッド・ホールバーグくんも耽美的な悪魔を踊ってくれるみたいだし。アンヘル君の真剣な表情ももちろん素敵。

フィーリンの女装シルフィードは、私はようつべ動画で観ましたがすごいですね。彼のポアント使いは最高ですね!一瞬本当に女性かと思うほど上手でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミラノ・スカラ座「ドン・キホーテ」6月9日マチネ続き | トップページ | パリ・オペラ座オーストラリア公演 »