BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ロストロポーヴィチ逝去 | トップページ | ダンスマガジン6月号/Top Stage »

2007/04/28

服部有吉&ラスタ・トーマス「ラプソディ・イン・ブルー」関係

服部有吉&ラスタ・トーマス「ラプソディ・イン・ブルー」の、eプラスの特集サイト
http://blog.eplus.co.jp/etheatrix01/2007-04-23blueからリンクしている
http://blog.eplus.co.jp/mv_theatrix/0704_028

で「ラプソディ・イン・ブルー」のプロモーション映像が観られます。服部有吉さんの昨年の「ゴーシュ」の舞台映像が一部と、ラスタが「海賊」「ドン・キホーテ」などを踊っている映像を観ることができます。有吉さんと金聖響さんのインタビューもあり。

有吉さんのインタビューは、いろいろな雑誌媒体に出まくりです。「ダンスマガジン」「DDD」「Top Stage」「日経ウーマン」「ヴァンテーヌ」など。特にヴァンテーヌの有吉さんの写真はとても美しく、カラー4ページも割いているので必見です。 アルバータバレエでの生活は、とても快適なもののようですね。

一方、ラスタ・トーマスのインタビューが英字新聞Herald Tribuneに載っていました。 彼の生い立ちが興味深いです。医師をしていた父親が、なんとサウジアラビアの王室のかかりつけ医となるため、3歳でサウジのリヤドに引っ越すことに。7歳で父の勧めにより、リヤドのバレエスクールに通い始めたことから、彼のダンス人生が始まります。バレエを始める前に、空手、カンフー、テコンドー、カポエイラなどのマーシャルアーツに取り組んでいましたが、それも、1歳のときに5箇所の複雑骨折をしてしまって、医師にちゃんと歩けなくなるかもしれないと言われ、リハビリを兼ねたものでした。バレエを始めたきっかけも、空手のクラスで先生たちに対する態度が悪かったため、父親に罰として「チュチュを着させるからな」とバレエクラスに通わされたからだそうです。最初は恥ずかしくてイヤだったそうですが、やがてダンスの魅力に取り付かれ、10歳で帰国しワシントンのキーロフ・アカデミーへ。
13歳と最年少でパリ国際コンクール、15歳でヴァルナ国際コンクール、17歳ジャクソンコンクールの金賞を受賞するなど輝かしい実績を誇りました。

彼の能力の基礎となったのが、5歳で黒帯を取ったテコンドー。精神的な統率と強さを得ることができたため、それがダンスにも役立ったとのことです。

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」に主演するという交渉も受けたそうですが、それは残念ながら実現しなかったみたいですね。 ただし、「トワイラ・サープとマシュー・ボーンはより幅広い観客にアピールできる作品を作り上げられる数少ない振付家だね」と高く評価しています。

「このプロジェクトに参加できて、とてもわくわくしている。クラシックバレエだと、同じ作品の違うヴァージョンを踊るだけだけど、ここでは完全にオリジナルで新しいものを作り上げるのだから。」
「この企画が大成功するか大失敗するかはわらからないけど、僕たちは挑戦しなくてはならない。有吉が一緒にこのプロジェクトをやろうとしていること、そして僕を信じてくれていることには脱帽するよ」

とても楽しみですね!とりあえず2回分のチケットは確保しました。

http://www.asahi.com/english/Herald-asahi/TKY200704270082.html

« ロストロポーヴィチ逝去 | トップページ | ダンスマガジン6月号/Top Stage »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/14869593

この記事へのトラックバック一覧です: 服部有吉&ラスタ・トーマス「ラプソディ・イン・ブルー」関係:

« ロストロポーヴィチ逝去 | トップページ | ダンスマガジン6月号/Top Stage »