BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 芳賀啓さんによるバレエ絵画展 | トップページ | 3/4 「情熱大陸」ABT加治屋百合子さん »

2007/03/04

「ハイファッション」にファルフ・ルジマトフ

あちこちで話題になっていたので、購入してきました。

ハイファッション」4月号はファルフ・ルジマトフのファッション撮影がなんと10ページですよ!6月末の「ルジマトフのすべて」で初演される「ボレロ」の舞台衣装(上半身裸に黒いパンツ)、および素肌にぴったりとした上着をパンツの中にしまったコム・デ・ギャルソンのスーツ、白いコットンシャツ、エルメスのスーツをまとってタバコ片手に横を向いた憂いのある表情、ジルサンダーを着てパッセをしたときの正面を見据える少年のようなイノセントな目線。どれもこれも大人の男の色香にクラクラしそうな、たまらないショットばかり。ファッションのセンスも、シックでシンプルで良いと思います。唯一メタリック・ブルーのランバンのモカシンが強烈。

スタジオで「ボレロ」の新しい振付の一部を披露したとのことで、彼の腕のしなり、背中の曲線、翳りを帯びた視線、ルジマトフのダンサーとしての美しさも連続ショットでしっかりと焼き付けられています。一つ一つのポーズがこれだけ完璧なまでに研ぎ澄まされた人は、彼の他にいないと思いました。

ルジマトフというダンサーのストイックさ、すこしくたびれた色気、エロス、そして純粋さが誌面から伝わってきます。最近のルジマトフは舞台姿は美しいもののあまりにもメイクが濃すぎてちょっとトゥーマッチなところがあったのですが、素顔に近いこれらの写真には、熱狂的なルジマトフ・ファンではない私も直球でハートを直撃されました。

写真=秦淳司、スタイリング=坂元真澄。桜井多佳子さんによる熱烈な献辞あり。
あとがきの編集長の言葉では、10年前からルジマトフは撮影したくてたまらなかったとのこと。ファルフに対する愛情がいい意味で反映され、ルジマトフ像が正しく捉えられた、大変優れた企画だと思います。ファンには永久保存版でしょう。ファンでない方にも、ぜひ立ち読みを薦めたいです。

一緒に買ったギエム&首藤さんの「SPUR LUXE」についてあわせて書こうと思ったけど、これを書いただけで行きも絶え絶えになったので、それはまた明日。

high fashion (ハイファッション) 2007年 04月号 [雑誌]high fashion (ハイファッション) 2007年 04月号 [雑誌]

文化出版局 2007-02-27
売り上げランキング : 622

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 芳賀啓さんによるバレエ絵画展 | トップページ | 3/4 「情熱大陸」ABT加治屋百合子さん »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/14124550

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハイファッション」にファルフ・ルジマトフ:

« 芳賀啓さんによるバレエ絵画展 | トップページ | 3/4 「情熱大陸」ABT加治屋百合子さん »