BlogPeople


2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« チケット取りとかいろいろ | トップページ | 映画「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」 »

2007/02/18

ABT ロンドン公演

Ballet.co.ukにJohn Ross氏のフォト・ギャラリーがあります。Symphony Concertante、ラ・バヤデール、緑のテーブルの写真が見られます。ヴェロニカ・パールトってほんと美人ですよね。
現地のフォーラムなどを見ると、私の大好きなイリーナさまですが普段ガムザッティを踊る方が多いようなので、ニキヤ表現が今ひとつのようですね。うむむ。加治屋百合子さんが影の王国のヴァリエーションでかなり頑張っていたようです。

Symphony Concertanteはバランシン作品の中でも、美しいですが正直やや退屈な作品なんで、こういうガラ形式の公演の演目としてはどうなんでしょうね。批評家の集まる初日には、ミシェル・ワイルズ&ヴェロニカ・パールトという見栄えはするものの技術的には不安定な二人よりも、私がNYで観た時のジリアン・マーフィ&イリーナ・ドヴォロヴェンコにしたほうが良かったのではと言う気がします。

なお、John Ross氏のギャラリーには、ロイヤル・バレエの「白鳥の湖」(マリアネラ・ヌニェズとティアゴ・ソアレスという新婚カップル主演)の素敵なギャラリーもあります。ヌニェズは「ジゼル」でのミルタも素晴らしかったし、来日公演の「シルヴィア」への主演も予想されている注目のダンサーですね。

話をABTに戻すと、新聞の批評も出揃っています。NYの批評家はかなり甘いと思うので、しっかりしたイギリスの批評を得られることは、カンパニーにとってもとてもよいことだと思います。

Clement Crisp (Financial Times)
http://www.ft.com/cms/s/dcfa7342-bd0a-11db-90ae-0000779e2340.html

Ismene Brown (Daily Telegraph)
http://www.telegraph.co.uk/arts/main.jhtml?xml=/arts/2007/02/12/btballet12.xml

Judith Mackrell (The Guaradian)
http://arts.guardian.co.uk/theatre/dance/reviews/story/0,,2014544,00.html

Debra Craine (The Time)
http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/stage/dance/article1391194.ece

Sarah Frater (The Evening Standard)
http://www.thisislondon.co.uk/theatre/show-23361886-details/AmericanBalletTheatre%3AProgramme2%28LaBayadereActII/DrinkToMeOnlyWithThineEyes/FancyFree%29/showReview.do?reviewId=23385827

Luke Jennings (The Observer)
http://arts.guardian.co.uk/reviews/observer/story/0,,2015536,00.html

何よりもイーサン・スティーフェルが完全に復活したのが嬉しいですね。いちぞーさんがロンドンのレポートを書いてくださっていますのでどうぞ。

« チケット取りとかいろいろ | トップページ | 映画「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ABT ロンドン公演:

« チケット取りとかいろいろ | トップページ | 映画「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」 »