BlogPeople


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 装苑のロココ特集&パリ・オペラ座衣装展 | トップページ | フリオ・ボッカの最後のツアーとサイト »

2007/01/11

韓国LGアートセンターの豪華ラインアップ

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」の公演が7月に韓国で開催されるということで、会場のLGアートセンターのサイトを見たら、「白鳥の湖」以外のダンスのラインアップも非常に豪華で、韓国在住の方がうらやましくなるほどでした。

3月はシルヴィ・ギエムとアクラム・カーンの「Sacred Monsters」。日本ではエルメスの顧客限定の公演のみだったものです。なんで韓国まで来て、ロンドン他で話題を呼んだ「Sacred Monsters」を日本で一般向けにやらないんでしょうかね。しかも今週末はアクラム・カーンとシディ・ラルビ・シェルカウの公演はさいたまであるのに。今年の後半は、ギエムは東京バレエ団と全国縦断ツアー(演目は「Push」と「白鳥の湖」2幕だそう)を行うので、それ以外の公演はNBSが認めなかったってことなのかと勘ぐってしまいます。

5月はアラン・プラテルとLes Ballets C. de la B。コンテンポラリーはあまり詳しくないのですが、よく名前を聞くカンパニーです。シディ・ラルビ・シェルカウが所属しています。

6月はナチョ・ドゥアトがTomas Padurとジョイントで公演を行いますが、上演作品はあのヴィム・ヴェンダーズの映画「ベルリン・天使の詩」にインスピレーションを得て、ナチョが主演している「Alas(Wings)」です。ナチョ・ドゥアトは2月に神奈川県民ホールのみ(これももったいない話)で自ら率いるスペイン国立ダンスカンパニーの公演を行いますが、こちらも面白そうです。

7月の「白鳥の湖」公演ですが、どうやら韓国まで来るのに、日本公演はやらないそうです・・・。一昨年の長期来日公演の入りがよくなかったからでしょうか。でも、オーチャードホールという大きな箱で2ヶ月も公演をやる方が無謀という気もしたんですが。今回の新しいザ・スワン(トーマス・ホワイトヘッド)と王子(マシュー・ハート)の評判は大変良く、ロンドンのサドラーズウェルズ劇場のチケットはほぼ完売したそうです。

10月は、ある意味これが最もうらやましいのですが、オハッド・ナハリンとバットシェバ舞踊団が新作「Three」を引っさげてやってきます。これは少し先だから、ついでに日本公演もやってくれるといいのに・・・。

ちなみにLGアートセンターは音楽の公演も、ユッスー・ンドゥールやクロノス・カルテットなど、非常にセンスがいいアーティストを招聘していたりします。

世界一バレエを見る環境が良いとされる日本だけど、実のところチャイコフスキー三大バレエとプティパ作品に偏りがちであるし、韓国や香港まで良い公演が来るのに素通りされると寂しくなりますね。

« 装苑のロココ特集&パリ・オペラ座衣装展 | トップページ | フリオ・ボッカの最後のツアーとサイト »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/13430297

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国LGアートセンターの豪華ラインアップ:

« 装苑のロココ特集&パリ・オペラ座衣装展 | トップページ | フリオ・ボッカの最後のツアーとサイト »