BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ローラン・イレールのさよなら公演 | トップページ | 小林十市、ベジャールを語る(その1) »

2007/01/19

アラン・プラテルles ballets C. de la B.「聖母マリアの祈りvsprs」

以前ピナ・バウシュのチケットをここで買ったので、日本文化財団からアラン・プラテルles ballets C. de la B.「聖母マリアの祈りvsprs」のDMが来ていました。

韓国のLGアートセンターのラインアップを見てちょっと気になっていました。先日のアクラム・カーンの公演「ゼロ」で共演したシディ・ラビ・シェルカウィはこのベルギーのカンパニーの振付家です。FIFAワールドカップ2006の文化芸術プログラムに選ばれた新作が、この「聖母マリアの祈りvsprs」で、バロック音楽の巨匠モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」(1610年)と革新的な解剖学・精神医学者ゲフッテン博士に共感したプラテルによる作品だそうで、初演は2006年2月のパリ市立劇場で、ソールドアウトしたそうです。2年間をかけ、日本を含め、世界50都市を巡演予定とのこと。

去年9月にはニューヨークで公演を行い、ニューヨークタイムズに掲載された公演評の翻訳が日本文化財団のサイトにありました。

2007年5月
13日(日) 午後2:00 大津 びわ湖ホール 中ホール
15日(火) 午後7:00 新百合ケ丘 テアトロ ジーリオ ショウワ
          (オープニング記念公演)
17日(木) 午後7:00 東京 Bunkamura オーチャードホール
19日(土) 午後2:00 東京 Bunkamura オーチャードホール
20日(日) 午後2:00 東京 Bunkamura オーチャードホール

新百合ヶ丘:1月28日 発売
オーチャードホール:1月30日 発売
ぴあでプレリザーブを受付中ですね。
http://info.pia.co.jp/et/promo/play/alainplatel.jsp

ということで、この新百合ケ丘 テアトロ ジーリオ ショウワというのは、昭和音楽大学の新百合ヶ丘キャンパスに新しく作られた劇場で、馬蹄形の客席1367席があるホール。オペラ・バレエの上演に最適とのことです。駅から近いようなので、神奈川県方面の方の中には、こっちの方が近い方もいるかもしれませんね。

LGアートセンターのサイトでは、動画も見ることができるんですけど、演奏が生でしかも舞台の上で行っていますね。私はあんまりよくわかりませんが、DMと動画を見ると結構惹かれました。
時期が新国立劇場の「コッペリア」とかぶっているんですよね。

« ローラン・イレールのさよなら公演 | トップページ | 小林十市、ベジャールを語る(その1) »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/13569523

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・プラテルles ballets C. de la B.「聖母マリアの祈りvsprs」:

« ローラン・イレールのさよなら公演 | トップページ | 小林十市、ベジャールを語る(その1) »