BlogPeople


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ニジンスキー賞/ラスタ・トーマス | トップページ | NHK教育テレビ「あしたをつかめ平成若者仕事図鑑」 衣装制作者編 »

2006/12/12

ダニラ・コルスンツェフとイーゴリ・コルプのインタビュー

マリインスキー・バレエの来日公演ですっかりイーゴリ・コールプの虜になったのでいろいろと調べてみました。
Ballet.co.ukで、コールプと今回もう一人人気となったダニラ・コルスンツェフの2000年のインタビューがありました。まだコールプが23歳、コルスンツェフが26歳の時のもので、コールプも今の妖しさが想像できない、かわいい顔の写真が載っています。しかもこのときコールプは英語が不得意だったため、コルスンツェフが通訳を務めたという!

ダニラ・コルスンツェフの先生は、マラーホフとニコライ・ツィスカリーゼの教師でもあったPiotr Pestov氏。好きなパートナーはもちろんロパートキナで、好きなダンサーは同じマリインスキーのルジマトフだそう。そしてお気に入りの役柄は、ロマンティックなもの、「ショパニアーナ」や「白鳥の湖」そして「ジゼル」。そしてバランシンも大好きで特に「ダイヤモンド」は気に入っているようだから、先日のロパートキナとの素晴らしいパートナーシップは、彼の役柄への愛やパートナーへの敬意が表現されたものなのでしょうね。

一方、コールプのお気に入りのダンサーはシルヴィ・ギエムとジョナサン・コープ、そしてアレッサンドラ・フェリだとのこと。

2003年のcriticaidance.comではコールプはもう少し詳しく語っています。
彼はベラルーシの小さな町の出身で、ダンスはたまたま始めたとのこと。そして地元のバレエ団で踊りながらマリインスキーの入団試験を受け、なんと6回も落ちたそうで、7回目にやっと合格して入団。初めての大都会で知り合いもお金もなくかなりつらい思いをしたそうです。

この頃は役柄が「白鳥の湖」や「レ・シルフィード(ショパニアーナ)」「眠れる森の美女」といったロマンティックなものに限られており、もっといろんな役を踊りたいと語っていました。ようやく、マクミランの「マノン」のデ・グリューやラトマンスキーの「シンデレラ」の王子などドラマティックな役もつくようになって喜んでいるとのこと。

このときも、好きなダンサーはシルヴィ・ギエムと語っており、彼女の「Smoke」という作品をテレビで見て衝撃を受けたのとこと。インタビューで彼女と踊りたいか、と聞かれ、それは現実的なことではないと答えています。ファンについてどう思いますか、と聞かれ「僕にファンなんているの?」と答えているとはなんと謙虚な方でしょう。そして、このときまだ1歳の息子さんについて通訳とずっと話していたそうで(なんとパパだったのですね)、見掛けに寄らず実は家庭的な人なのかもしれません。

インタビューを読んで、ますますファンになってしまいました。最近の彼のインタビューをぜひ読んでみたいものです。ダンスマガジンでは彼に取材したのでしょうか。

« ニジンスキー賞/ラスタ・トーマス | トップページ | NHK教育テレビ「あしたをつかめ平成若者仕事図鑑」 衣装制作者編 »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日はありがとうございました。
ラスト2日間の夜、またサスペンダー居ましたね!千秋楽は、係りに注意されていた様でした。

ところで、ご紹介のアドレス、クリックしたら、私が、サラファーノフで検索した所と同じページでビックリしました。
ここは意外な素顔が見れていいですよね~。

http://www.ballet.co.uk/magazines/yr_03/jun03/interview_sarafanov.htm

サラファーノフはガール・フレンドとベッタリ。(笑)(3年前では、今はどうなったか知りませんが・・)
お父さんが亡くなって、お母さんは再婚してカナダ住まい・・義理の弟妹がいて・・。
故国の帰る家は、祖父の家・・・というのが何とも・・・。

たまねこさん、こんばんは。
私土曜日は2列目で、斜め前が思いっきり双眼鏡親父でしたよ。もう最悪!

たまねこさんもマリインスキー祭り堪能されたんですね。いいな~8回。私もそれくらい観たかったです。ちょうど仕事が忙しい時に重なっちゃって、私は6回でした。それでも相当無理したんですけど。

サラファーノフ君の記事、面白かったです。堂々と彼女と写っているんですね。でも、ロシア人の方は(キエフだからウクライナ人ですね)、お相手を変える頻度が高いらしく、ダンサーの皆さんも2,3回結婚されているのはざらのようですね。今回改めて彼の凄さ実感しました!今度ゲストでも来日したら是非みたいです。

コルプのその記事(最初の)はチェックしていたのですが、英語なのでロクに読んでいませんでした(^_^;)
意外とパパさんなんですね!

ますます虜ですか~~。私も見たかったなあ。個性が強烈な分、好き嫌いがあるようですが、私はかなり好きな部類なので、いつかは生の彼らしい作品を見たいです。

そして、みんなギエムが好きなのね・・・。

うるるさん、レスが遅くなってしまって本当にごめんなさい!今全然余裕がなくて、書きたいことはいっぱいあるのに時間が・・・。

コルプはホント中毒にさせてくれる人ですよ。ああヴィシガラにいけなかったことを死ぬまで公開しそうです。
でも素顔はシャイみたいだし、舞台に上がると化ける人なのかもしれませんね。

ギエムが好きなダンサーは多いですよね。芸術性はもちろん、彼女のような生き方をしたい人が多いんじゃないかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/13036820

この記事へのトラックバック一覧です: ダニラ・コルスンツェフとイーゴリ・コルプのインタビュー:

« ニジンスキー賞/ラスタ・トーマス | トップページ | NHK教育テレビ「あしたをつかめ平成若者仕事図鑑」 衣装制作者編 »