BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 東京バレエ団「ドナウの娘」11/18 2幕 | トップページ | ハンブルク・バレエのカレンダー »

2006/11/24

ロバート・アルトマン監督逝去

アルトマン監督、高齢ながらも現役バリバリで仕事しているというイメージが強かったので、びっくりしました。81歳だったとのこと。

遺作は「『A Prairie Home Companion』(邦題『今宵、フィッツジェラルド劇場で』、2007年3月、ル・シネマ&ル・テアトル銀座ほかで公開予定)だそうです。これはメリル・ストリープ、ケヴィン・クライン、トミー・リー・ジョーンズ、リンジー・ローハンとまたオールスターキャストを揃えた作品ですね。今年のアカデミー賞の名誉賞を受賞したのだけど、すでにかなり体調が悪かったらしいです。心臓移植手術まで受けられていたと授賞式で話しておられました。

私はそんなにたくさん観ているわけではなくて、「ロング・グッバイ」「ザ・プレイヤー」「プレタポルテ」「ゴスフォード・パーク」「バレエ・カンパニー」くらいです。映画業界を描いた「ザ・プレイヤー」やファッション業界の「プレタポルテ」はすごく面白かったわ。かなりイジワルな作品ですが、やられた!と思いました。群像劇を撮らせたら、この人の右に出る人はいませんでしたね。これだけ多くの登場人物をうまく組み合わせて描ける人は、今後も絶対に登場しない気がします。

(追記:よく考えてみたら「クッキー・フォーチュン」「ドクターTと女たち」も見ていた)

バレエファンとしては、「バレエ・カンパニー」というのがあります。私自身はけっこう面白いとは思うだけどバレエ好きの皆様にはいまいち不評でしたね。。現実に存在するバレエ団(ジョフリー・バレエ)の日常と、虚構のドラマをうまく織り交ぜていると思うのだけど。ちょっと、登場するバレエ作品の振付が、「青い蛇」はじめちょっとアレだったからでしょうか。芸術監督役のマルコム・マクダウェルがえらくいかしているし、愛玩犬のようなジェイムズ・フランコ(彼がダンサーではないのが残念)が可愛かったです。

いずれにしても、巨匠の一人がまた一人いなくなって、残念な限りです。ご冥福をお祈りします。

佐藤睦雄さんのブログでアルトマンについて詳しく書いてありますので、興味のある方はどうぞ。

バレエ・カンパニーバレエ・カンパニー
マルコム・マクダウェル ロバート・アルトマン ネーヴ・キャンベル

エスピーオー 2004-12-23
売り上げランキング : 17915
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 東京バレエ団「ドナウの娘」11/18 2幕 | トップページ | ハンブルク・バレエのカレンダー »

映画」カテゴリの記事

コメント

アルトマン、亡くなりましたね。僕も彼にはバリバリと仕事をしているというイメージを持っていたので、その死は想像外でショックでした(年齢を考えると当然ですが)。
ハリウッドにいながらもそこから外れたインディペンデントな姿勢を貫いた作家性はもちろんなのですが、やはり様々なスタイルの作品を撮りながらも「アルトマンだ!」という匂いを持っていた稀有な監督だったと思います。僕も彼の作品はすべてを観ているわけではありませんが、「プレイヤー」のオープニングの長まわしと強烈な皮肉(日本版も観たいな)、「ショートカッツ」の面白さ(日本で一番ヒットした彼の作品ではないかな)、「マッシュ」などはもちろんですが、個人的には「ロング・グッドバイ」ですね。僕にとってのマーロウのイメージはボギーではなく、この作品のエリオット・グールドになってしまったほどでした(スクリーンで観たい作品のひとつです)。新作が公開されれば、とりあえずは観るという大好きな監督だっただけに本当に残念です。

あああ…この記事を読んでまたネットで買ってしまいましたよ~。この映画出たときから気になっていたんですが、監督が亡くなられたんですね。ちょっとアレな振り付け、というのがちょっとアレで気になりますが(笑)見るのを楽しみにしています。

MURATAさん、
そうそう!「ザ・プレイヤー」の冒頭の長回しにはびっくりしました~。劇場で公開時に見ただけなので、また機会があれば観てみたいです。ロング・グッバイ、私はチャンドラー好きなので気に入っています。私もマーロウはボギーではないな。

amicaさん、
「バレエ・カンパニー」は半分ドキュメンタリーの半分ドラマって感じですが、ダンサーの日常が面白いですよね。リハーサルで怒って帰っちゃったり、日常の中にドラマがあるって思いました。「青い蛇」はホントあほですけどね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・アルトマン監督逝去:

» 追悼・ロバート・アルトマン「今宵、フィッツジェラルド劇場で」ア・プレイリー・ホーム・コンパニオン [「USAのんびり亭」映画情報]
 カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭で最高賞を受賞しながら、母国アメリカ [続きを読む]

» A Prairie Home Companion 「今宵、フィッツジェラルド劇場で」 [表参道 high&low]
先日亡くなったRober Altman(ロバート・アルトマン)の最新作品は打ち切られるはめになった伝説的なラジオ番組の最後の収録を描いた’A Preirie Home Companion’です。 ’Player’(プレイヤー)など他作品と同じく有名俳優を多数使って息もつかない会話が続く作品です。Meryl Streep(メリル・ストリープ)、Lily Tomlin(リリー・トムリン)がカントリーの姉妹シンガーで娘はLindsay Lohan(リンゼイ・ローハン)。 もともと南部出身っぽいWoody ... [続きを読む]

« 東京バレエ団「ドナウの娘」11/18 2幕 | トップページ | ハンブルク・バレエのカレンダー »