BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« Kバレエの「白鳥の湖」に吉田都さん/ドナウの娘キャスト変更 | トップページ | チャコットのDANCE CUBE11月号 »

2006/11/12

ミラノ・スカラ座バレエ来日?

ロベルト・ボッレのバレエな日々のamicaさんに教えていただいた情報ですが(いつもお世話になっています)、来年2007年は、日本におけるイタリア2007・春という年だそうで、さまざまなイベントが行われます。

「産業や技術から見るイタリア」
「文化から見るイタリア」
「製品から見るイタリア」
「観光から見るイタリア」
という趣旨だそうです。

で、上記公式サイトにあるPDF(注意:重いです)によると、6月8~10日に東京文化会館にてミラノ・スカラ座バレエ団が公演を行うとのことです。

ただし、6月11日は、アレッサンドラ・フェリとロベルト・ボッレはABTで「マノン」に出演する予定となっています。フェリの引退公演シリーズのひとつであり、(引退シーズンである今シーズンは今のところ、フェリは3公演しかABTに出演しません)すでにサブスクライバー対象にチケットが売り出されていることを考えると、フェリ&ボッレが来日する可能性は低そうです。

« Kバレエの「白鳥の湖」に吉田都さん/ドナウの娘キャスト変更 | トップページ | チャコットのDANCE CUBE11月号 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
スカラ座来日するかもしれないとの情報、私には要注目なので嬉しいです。
フェリ&ボッレが来日しなくて何がスカラ座か、という方もいらっしゃるでしょうけれど、すみません、ムッルが好きなので。

ほみさん、こんばんは。

もちろん、マッシモのことは忘れていませんよ。私は生では彼を一度しか見ていないのですが(ギエムとの「小さな死」)、素敵なダンサーですものね。ぜひ日本に来て欲しいです。実は、マッシモは一度私の夢に出てきて、なぜか一緒にご飯を食べていたんですよね(笑)

初めまして、大好きになったバレエについて密かに書いておりますgromitと申します。

ほみさまと同じく(ほみさま こんばんは!)ムッルのファンの一人です。スカラ座バレエ来日の情報ありがとうございます。
拙ブログで使わせて頂きます。
しかし、ボッレが踊らなくてムッルだけで観客が動員できるのか?誰か女性ダンサーをゲストに呼ぶのか?内心ちょっと不安です。
でもどちらにしても楽しみです。

naomiさんありがとうございます。
マッシモが夢に出てきたなんてうらやましい。
また来日して彼の魅力に気づいてくれる人が増えるといいなと思います。

gromitさま、私もマッシモだけで動員できるのか不安・・・

gromitさん、こんにちは。
ブログの方、拝読しております。ほみさん、gromitさんとも、ムッルへの愛が感じられて素敵ですね。マッシモも幸せだと思います。
私も、もちろん、たとえフェリやロビーがいなくても、マッシモが出るんだったらスカラ座の来日公演、観たいです。
「ジゼル」や「白鳥の湖」のDVDを見た限りだと、コール・ドのダンサーはまずまず良いのですが、ソリストがけっこう弱いんですよね。先日も上海でスカラ座の公演があったようですが、マッシモもロビーも参加せず、内容的には今ひとつのようでした。
ただ、衣装や舞台装置はとても美しいですし、本格的な引越し公演というのはやっぱり観たいものです。ましてやマッシモが出るんだったらね。

春にスカラ座に見に行きましたが、何だかおかしなユニークなダンサーのいるのですね。
日本では通用しないと思うのですが。
例えば、「シンデレラ」で時を刻む音と共に飛び上がって12人が一人一人転がっていくところで、急にずれて飛び上がったりするダンサーがいるのです。だってそこって絶対はずしてはいけないところなのに!!笑っちゃいました。

でも衣装や舞台装置、雰囲気が重厚で素晴らしかったですね。

gromitさん、またいらしていただきありがとうございます。

スカラ座にマッシモを観に行かれたんですね!素晴らしい。私は未だミラノに行ったことはないのですが、さぞ素敵でしょうね。
ダンサーは微妙ですか・・・確かにフェリ、ロベルト、マッシモ以外のスターはいませんしね。フェリが引退したらどうするんでしょう。でも、映像がいくつか出ていて私もほとんど持っているんですが(もちろんフェリ&マッシモのジゼルも)、衣装や舞台装置、劇場の内部は本当に素敵ですよね~。

スカラ座・バレエ団の群舞が揃っていないってよく言われたんですが、最近は少しいいみたいですよ~。私もミラノに行った当時、何かバレエを見て、群舞の女性たちがそれぞれ「彼女がこう動くなら、私はこうよ」みたいに違う動きをするのでちょっと眩暈がして、それ以来あんまり行っていなかったんです。今思えば、負けずに行っておけばよかった。

イタリアはコーラスの声も全員揃わずに、それぞれがソリストのように音色が違うんだけれども集団として役柄を演じている、というアプローチなんです。だから、多分、バレエにもそれが出てしまうんでしょうね。揃えばいいってもんじゃない…のかどうかは私には判断できませんが。

amicaさん、情報ありがとうございました。

「ジゼル」(ロビーとザハロワの)を観た時、ウィリのみなさまはなかなか良いじゃない、と思いました。ドゥ・ウィリの片方は良かったけどもう一人はだめでしたね。

群舞がそろっているのがいいのかどうかというのは、実際のところ難しいです。日本やロシアのバレエ団はそろっているところが多いですが、パリオペなども全然揃えようという意識がないし、ABTなどは、群舞って揃えるものだったの?って感じです(笑)
あまりにも一糸乱れぬ動きだと、将軍様のいらっしゃる某国みたいですからね。

いずれにしても、引越し公演というのは私は好きなので見たいな、とは思います。何をやってくれるんでしょうね。(ロミジュリをやって、ロビーが出ないからアンヘルが代わりに来たらちょっと笑えます)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/12654291

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ・スカラ座バレエ来日?:

« Kバレエの「白鳥の湖」に吉田都さん/ドナウの娘キャスト変更 | トップページ | チャコットのDANCE CUBE11月号 »