BlogPeople


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 都響、デプリースト指揮「イワン雷帝」/2008年1月のマリインスキー・オペラは「イーゴリ公」 | トップページ | 小牧正英さん死去 »

2006/09/16

ハンブルク・バレエチケット取りの顛末

来年のハンブルクのバレットターゲのチケットを取ろうとしたが、これが本当に大変だった。
ハンブルク・バレエのサイトは、ノイマイヤーがアメリカ人ということもあり英語版も充実している。
ところが劇場のハンブルクシュターツオーパ(州立劇場)のサイトはトップページで申し訳程度に英語版があるだけで、すべてドイツ語である。演目の表記も全部そうだし。

とりあえず座席表を見ながらメールしたのだが返事は全然来ない。バレットターゲはいろいろな演目が日替わりで観られるのでチケットがなくなるのが早く、すごく焦った。 来年の7月のチケットがあらかた売り切れているんだもの。

三日経っても返事が来ないのでサイトで取ろうと思ったが、本当にドイツ語しかなくて翻訳しながらやったら時間かかりすぎてタイムアウトになりチケットがキャンセルされてしまってどうしようもない。ここで2時間かかった。埒があかないので電話したんだけど、電話にでた人に英語で話したらいきなり何も言わないで保留され、国際電話で放置5分。かけ直しても同じで保留音はテープで何やらドイツ語で言っているけどわけがわからない。 電話に出た人の虫の居所が悪かったのだろうか?

ようやくメールの返事が来た時には疲労困憊。でも、取れたから良しとしなければ。来年のその時期、自分は何をしているんだろうか。

今までイギリス、韓国、アメリカ、フランスといろいろチケット取ってきたけどこんなに大変だったのは初めて。大体ドイツ人なら英語が喋れると思ってたのが間違いだったみたい。パリオペはちゃんと英語のページが用意されていてサイトでチケット取れるし、電話ではやはり5分保留されたけど英語話せる人を出してくれた。韓国もしかりで、確認のためにわざわざ電話を向こうからもかけてくれた。 まあ、バレット・ターゲは放っておいてもチケットが売れるから、国際対応はしなくてもいいのかもしれないけどね。

考えてみたら、外国人が日本でコンサートやバレエのチケットを取るのも大変そうだ。英語でチケットが取れるところなんかほとんどないし。よくBallet Talkやballet.co.uk、ダンソマニなどで、日本公演のチケットをとりたいんだけど、って質問が載っているけど、回答したくても、取れる方法が思いつかないのだ。

« 都響、デプリースト指揮「イワン雷帝」/2008年1月のマリインスキー・オペラは「イーゴリ公」 | トップページ | 小牧正英さん死去 »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

あらまあ、そんなに大変でしたか? 私は今年の1月2日の「くるみ割り人形」のチケットを取りたくって、去年の8月末にメールを出したら、その日のうちにメールの返事(席番とか)が来て、翌日にはカード番号をFAXで伝えて、あっという間にチケット取れてしまいました。「FAXを今送ったから確認してね」っていうメールにもすぐ、「届いたわ。」っていうお返事をくれたし、チケットは郵送をお願いしたら、それも一週間くらいで届きました。たまたま英語ができる人がお休みしたりしていたんでしょうかね…。


はなはなさん、こんばんは。
そうですか、そんなに簡単に取れるとは!
もともと、バレット・ターゲ期間中は常連さんがいち早く良い席を押さえてしまうので、売れ行きがほかの日程とは違うようなんです。
あと、たまたま英語ができる担当者が不在だったんでしょうね。虫の居所が悪かったとか(笑)
まあ、でも基本的には良い席が取れたと思います。「人魚姫」のプレミアは、プレミア公演だけあって、普段の倍以上のお値段でした。3階席でも2万円近く!という。オーケストラシートは全滅です。まだ10ヶ月先なのに。
あとは、ドレスデン・バレエも見られないかと画策中です。

naomiさん、こんばんは。

大変だったのですね~。お疲れ様でした。
無事にチケットが取れたようで、よかったです。楽しんできてくださいね。
って、1年先なんですね、、、。

unoさんこんばんは。
実はほかの海外公演のチケット取りも重なり、資金繰りなどいろいろと苦労がありました。チケットが取れるまでのやり取りにはえらく時間がかかったのに、請求だけは恐ろしく仕事が速いハンブルク・シュタッツオーパ…。
本当に鬼が笑う話なんですよね。万が一行けない状況になったらどうしようとかいろいろと考えてしまいます。

ちなみに、昨日(9月19日)に早くもドイツからチケットが到着しました。お金さえ払えば仕事は早いドイツ人(笑)

はじめまして!いつも楽しく拝見させていただいています。チケットを取るのは本当に大変ですよね。私はパソコン初心者なのでチケットの取り方がぜんぜんわかりません。
ロイヤルバレエ(英国)のチケットはすぐに取れるものでしょうか?パスワードと言われても何をうちこんだらいいのかもわからない私です。日本語で詳しく説明してあるプログとかあるのでしょうか???

りささん、はじめまして。ようこそいらっしゃいました。

実は私、コベントガーデンのロイヤルオペラハウスは子供のときに行ったっきりなので、チケットを取ったことがないのです。

で、わかっていることを書くと、
チケットの料金は£80-£10程度。

http://www.royaloperahouse.org/
のサイトで取ります。パスワードというのは、自分の情報(住所、メールアドレス等々個人情報)をあらかじめ登録しておくと、またチケットを取ったりするのに便利ということで、自分のメールアドレスと任意のパスワードを入れて、登録をするのです。で、再びこのサイトに来た時に、メールアドレスとパスワードでログインして、予約状況も確認できるのだと思います。

当日券は朝10時から67枚発売されます。
演目によりますが、人気の無い場合は9時頃、
人気の高い演目は8時前に行列すればだいたい買えるらしいです。

予約したチケットのピックアップは、予約完了したらメールが来るので、当日このメールのプリントアウトと、念のために撮るのに使ったクレジットカードを持っていけば大丈夫なはずです。

私もいつかコベントガーデンでロイヤルバレエを観たいと思っています。がんばってくださいね。

なおみさん、お返事ありがとうございます。

海外で観たい公演はたくさんありますが、資金面とかいろいろ考えると難しいですね。

行けないけれど、なおみさんをはじめいろいろな方々が報告してくださっているので嬉しいです。
(観た気分に少しはなれるので)

チケット取りがんばってみます!
ありがとうございました!

りささん、こんばんは。
そうですね、お金もそうですし、仕事をしていたりするとお休みもなかなか取れないし、でも見たいものはいろいろとあるし、究極の選択を迫られるって感じです。
でもロイヤルは行けるんですね?羨ましいです。ぜひ行ってこられたらご報告をお待ちしています!
ロイヤルに関しては、ロンドン バレエ ブログでグーグル検索されると、いろいろと出てくると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/11915728

この記事へのトラックバック一覧です: ハンブルク・バレエチケット取りの顛末:

« 都響、デプリースト指揮「イワン雷帝」/2008年1月のマリインスキー・オペラは「イーゴリ公」 | トップページ | 小牧正英さん死去 »