BlogPeople


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 吉田都さんの移籍についてのロイヤル・バレエの発表 | トップページ | 「シザーハンズ」ニュー・アドベンチャーズ 9月3日(千秋楽) »

2006/09/05

アンヘルの出演予定/「パリの喜び」DVD

ABTのシティセンターシーズンのキャストがおおよそ出揃ってきたんですが(しかし、サイトハッキングされたのか?シティセンターシーズンの説明のところに間違った写真が載っています>ABTサイト)、アンヘル・コレーラの名前がありません。まだTBA(出演者未定)となっているところもあるにはあるのですが。一応、シティセンターシーズンのパンフレットには出演予定者として名前があるんですが出演するんでしょうか、ファンには気がかりなところです。

で、実はメトロポリタン・オペラの「ラ・ジョコンダ」が9月26日、10月4日、11日、18日、21日と上演されるわけなんですが、これ、実はバレエの部分の振り付けが、クリストファー・ウィールダンなのです。METでは15年ぶりの上演で、今回のために新たに振付けられたのですね。ひょっとしたら、アンヘルはそちらに出るのかもしれません。去年、アンヘルはバルセロナでラ・ジョコンダのバレエのシーンを踊っているのですよね。振り付けは違うわけですが。

シティセンターシーズンは10月18日からなので、そんなにかぶっていないといえばそうなんですが。手元にメトロポリタンオペラの2006/2007シーズンのパンフレットがありますが、さすがにバレエの出演者までは書いていません。

それと、キューバのハヴァナで、10月28日から11月6日まで、The Havana Ballet Festival というのが開催されて(公式サイトはここなんですが、キューバ国立バレエのサイト内にあって、スペイン語でよくわかりません)、それにアンヘル、フリオ・ボッカ(!)、アリシア・アマトリアン、アニエス・ルテステュ、ホセ・カレーニョ、カルロス・アコスタ、ジモーナ・ノヤ(ウィーン国立バレエ)、カルラ・フラッチら超豪華なゲストが出演するそうです。
(そのあたりはこの記事に少し書いてあります)
フリオ・ボッカは「白鳥の湖」のジークフリートを踊ってキューバのファンにお別れを告げるそうです。

さて、アメリカで8月末に新しく発売になったDVDに、「GAÎTÉ PARISIENNE」があります。レオニード・マシーン振り付け、オッフェンバックの音楽による「パリの喜び」ですね。これが、なんとバレエ・リュス・モンテカルロの映像で、主演がフレデリック・フランクリンとアレクサンドラ・ダニロワ。1954年の作品です。バレエ・リュスファンは泣いて喜びそうな内容ですね。93歳でまだ現役のダンサーとしてABTの舞台に立っているフレデリック・フランクリンのオーディオコメンタリー、インタビューつきだそうです。内容は発売もとのVAIのサイトで。
面白そうなので、私も取り寄せてみたいと思います。ドキュメンタリー映画「BALLET RUSSES」と併せて見ればさらに面白そうですね。

Gaite ParisienneGaite Parisienne
Gaite Parisienne

2006-08-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 吉田都さんの移籍についてのロイヤル・バレエの発表 | トップページ | 「シザーハンズ」ニュー・アドベンチャーズ 9月3日(千秋楽) »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

バレエ」カテゴリの記事

バレエのDVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。アンヘルの名前で飛んできました~!あの写真の女性は誰?って感じですね。サイト管理者は気付いてないのかしら??

確かにアンヘルの予定のとこに何も書かれていませんね。去年もシティセンターは新作に出てないですよね。海賊くらいしか出てなかったような。
今年はFancy Freeをやるようだからアンヘルに踊ってほしかったな~と思うのですが(見に行けるわけじゃないけれど)。
でもウィールダン振付けの「ラ・ジョコンダ」も興味が湧きますね。アンヘルとウィールダンは仲良しみたいだから出演の可能性はあるかも。

プリマローズさん、
やっとサイトが修正されましたね。トップの写真のエルマンがとても素敵です。
ファンシーフリーは2003年の秋に見ているんですが、アンヘルでは見なかったです。ホセ・カレーニョ、カルロス・ロペス、マルセロ・ゴメスでしたね。
アンヘルは春シーズンも「シンデレラ」降板しちゃったし、けっこう独自路線を進みつつありますね。彼にとってはその方がいいでしょうけどちょっと寂しいと思うこともありますね。それでもやっぱりMETでもすごい人気でしたが。

「La Gioconda」の写真、今日のNY TIMESの記事に出てますね。
http://www.nytimes.com/2006/09/26/arts/music/26danc.html

ウィールダンの振付けはバルセロナの時とは違うクラシカルバージョンのようですね。なかなか素敵な感じ。
レティシア・ジュリアーニの後ろに隠れちゃってアンヘルの全身が見えないのがちと悲しい。。。
でも元気そうで何よりです。

プリマローズさん、
掲載のお知らせありがとうございます!やっぱり出演したんですね。いいなあ~
で、アンヘルが出演したバルセロナ・リセル劇場の「ラ・ジョコンダ」はDVDになったと、ゆうさんのサイトSide B-alletに情報が載っていました。良かったら見に行ってくださいね。
http://eucharis.main.jp/past/2006/09/25-181757.php
アマゾンUKなのでちょっとお高いんですけど、見たいですよね。

naomiさんの勘は大当たりでした!見たいですよね~♪やっぱりシティセンターの出番が少ないのはこのせいかしら。
去年のもDVDが出てるとは知らなかったです。ほしいな~。英語の字幕でも読んで英語の勉強にもなりそうですね。

つい好奇心に駆られてニューヨークタイムズのページに行ったらなにやらたくさん書かされて、全部適当に書いたのでもう二度と入れなさそうです。自分の名前とかパスワードとか絶対書きとめたり覚えたり出来ないのです(笑)。

アンヘルとジュリアーニの写真、衣裳も結構素敵ですね。「ラ・ジョコンダ」の”時の踊り”って長くってクラシックな曲ですよね。ロベルトがアレーナ・ディ・ヴェローナで踊ったDVDも出る出るっていうから待っているのに出ないみたいだし…ジュリアーニちゃんはMETも出たしこれから上昇株かもしれませんね。どこかにスペイン人って書いてあったけれど、イタリア人だと思っていたんだけれどもな…?

またまた失礼します。
レティツィア・ジュリアーニ、調べたらやっぱりイタリア人でした。1980年ローマ生まれ、ローマ歌劇場バレエ団で学ぶ。近くで見たことあるけれどかなり小柄な女性でした~。アンヘルと来年来日するんですよね。

プリマローズさん、
なんか現地にいらっしゃる方たちの間でそういううわさがあったようで、それが当たったって事ですね。ウィールダンの振付だし。

amicaさん、
そうですね~衣装キレイだと思います。メトロポリタン・オペラのバックステージツアーでは、昔のオペラの衣装とかも見せてくれて、触ってもいいんですよね。で、歴代その衣装を着た方たちの名前が縫いこまれていて、それはそれはすごい人たちばかりでした。たしかにここの衣装は豪華です。
レティシア・ジュリアーニはなかなか可愛いですし、METの舞台に立つくらいだから期待されているんですね。名前から考えてもイタリア人ですね。NYの前市長と同じ苗字ですね。若いですし。そう、来年アンヘルと一緒に来日する予定みたいです。ニーナ・アナニアシヴィリとウヴァーロフと一緒に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/11766461

この記事へのトラックバック一覧です: アンヘルの出演予定/「パリの喜び」DVD:

« 吉田都さんの移籍についてのロイヤル・バレエの発表 | トップページ | 「シザーハンズ」ニュー・アドベンチャーズ 9月3日(千秋楽) »