BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« マスネ「マノン」(バレエ音楽) | トップページ | バレエフェスでもらったチラシから »

2006/08/07

小ネタいろいろ

バレエフェスシーズンたけなわですね。わたしもやっと今日バレエフェスのAプロに行って、存分に楽しんできました。昨日は服部有吉さんと首藤康之さんのHS06でした。服部さんが体調不良で一部のHomo Scienceを欠場、だったのですが今日は怪我で出演できなくなり、二部が中止となってしまったようですね。靭帯の怪我だそうで、とっても気がかりです。大きな怪我でなければいいのですが。二部の「ゴーシュ」はとても楽しくて可愛い作品。バレエフェスもHS06も後で感想を書きますが、なかなかまとまった時間も取れないので少しお待ちください。

代わりに小ネタを少々。

ボリショイのロンドン公演が開幕して大盛況のようです。ところで、なんと「ファラオの娘」の上演中に、サルの尻尾が取れてしまい、Alexander Pshenitsynさんのお尻が丸見えになってしまったそうです。東京では岩田さんのシングルキャストだったのですが、ほかの方も踊るんですね。
http://www.thesun.co.uk/article/0,,2-2006350760,00.html

ボリショイのロンドン公演の前には、キーロフ(マリインスキー)のロンドン公演があったのですが、いろいろとあったようです。最初はキーロフはコヴェントガーデンで上演されるはずだったのが、芸術監督のゲルギエフが、興行主が要求する「白鳥の湖」の上演を断り、オールショスタコーヴィッチプログラムを主張したため、コヴェントガーデンではキーロフは公演を行うことができず、代わりにボリショイが公演を行うことになったそうです。しかも、今回のショスタコーヴィッチプログラムは批評家受けもお客さんの入りもよくなかったようで。ショスタコーヴィッチの名曲「レニングラード(交響曲7番)に振付けて、ロパートキナが踊った「レニングラード・シンフォニー」はぜひ観たかったですけどね。

話し変わって、世界バレエフェスティバルは世界的に有名なようで、キューバの新聞でも、バレエフェスについての記事があり、キューバからはホセ・カレーニョ、そしてロメル・フロスタとヴィングセイ・ヴァルデス(この二人、本当にすごかったですね。世界びっくり人間でした)が参加するとあります。ところで、このバレエフェスについて、Tadatsugu Sasaki World Festival Balletって外国では呼ばれているんですね。。すごいなあ。ササチューさんには長生きしていただかないと。

元マリインスキー、現在はABTのソリスト、ヴェロニカ・パールトの公式サイトがオープンしました。写真多数、プロフィール、そしてマリインスキー時代の「ライモンダ」の動画が見られます。この人は本当に美人ですね。「マノン」には出演しなかったためMETの客席で何回か見かけましたが、女優顔負けの華やかさです。日本公演では不調でしたが、彼女のオデットは、表現力がとてもすばらしいとNYでは評判みたいで、プリンシパル昇格を期待する声も多いようです。スポンサー募集と書いてあるところが可愛い。

« マスネ「マノン」(バレエ音楽) | トップページ | バレエフェスでもらったチラシから »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

お尻が丸見えだなんてオカシイですね。本人はきっととても恥ずかしかったでしょうね。5分間も気付かなかったようですが。

ヴェロニカ・パールトのサイト見ました。妖艶ですよね彼女は。ライモンダ少し見ましたが白黒なんですね。なんかすごく昔の人みたい。
去年ABTの公演では地震で2幕しか見られなかったし、上野に着いたらもうクタクタでライモンダはほとんど覚えてないんですが、動画見るとなんとなくあーこんなふうだったな~って気がしてきます。

プリマローズさん、こんばんは。

ファラオの娘のサルのシーンはとっても和むので好きです。岩田さんは名演でしたよね。しかしお尻丸見えはかわいそうに。

私も、あのライモンダの白黒は少々驚きました。ライモンダの映像といえば、YouTubeの映像でニコライ・ツィスカリーゼが踊ってるのがあるんですが、これがすごいです。何しろ、ジャン・ド・ブリエンヌなのにエカルテをしています。
私は結構ライモンダが好きなんですよ。特に3幕のコーダが。
自身ではひどい目に合われたんですね(涙)私はタクシーで何とかたどり着きましたよ。
翌日のライモンダではヴェロニカはこけてしまったんですけどね~。
でも「ジゼル」のドゥ・ウィリが美しかったです。

3幕のコーダ、音楽が好きです。踊りはよく覚えてないんですが、アンヘルとジリアンがピケとパッセ?しながら後ろに下がっていくとこだけは強烈に印象に残ってます。
ライモンダってディズニーっぽい音楽の部分ありますよね。ワルツのとこだったか。

youtube、何かと問題はあるようですが、私もついつい見ちゃいます。どなたがアップしてくれてるのか、最近アンヘルのも増えてきました。ツィスカリーゼのジャンて濃ゆ~いジャンなんでしょうね(笑)

プリマローズさん、
ライモンダはたしかに音楽がディズニーっぽいところもありますよね。ABTのセットもディズニーっぽかったし。
でも真珠の珠のようにキラキラしたメロディで、大好きです。

アンヘルのは私が観たヴィシニョーワとのジゼルのカーテンコールがありました(笑)
ぜひツィスカリーゼのは観てみてください。すごく面白いです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/11312295

この記事へのトラックバック一覧です: 小ネタいろいろ:

« マスネ「マノン」(バレエ音楽) | トップページ | バレエフェスでもらったチラシから »