BlogPeople


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 世界バレエフェスティバル【Bプロ】8/8&10 | トップページ | 世界バレエフェスティバルBプロその2 »

2006/08/14

ガラから帰ってきました

実はおとといくらいから風邪気味で、かぜ薬を飲んでのど飴持参。3部あたりでかなりつらくてのど飴を大量に消費した。 でも4部が全部素晴らしかったので、乗り切ることができた。

もう遅いので一言だけ。

素晴らしかった演目。この4つを観られただけでも来てよかった。中でも「モーリスのために」と「ロミジュリ」は観られた幸せをかみ締め、心から深く感動した。

「作品100-モーリスのために」アレクサンドル・リアブコ、イヴァン・ウルバン
「レ・ブルジョワ」フィリップ・バランキエビッチ
「アダージェット」ジル・ロマン
「ロミオとジュリエット」アレッサンドラ・フェリ、ロバート・テューズリー。

ほかにも良かったのはいろいろあるけどね。ABT組のくるみとか。
その辺はまた時間があるときにゆっくりと。


ロミジュリの時には途中から涙が止まらなくなって困った。フェリが表彰されるときに、私の後ろにいた男性が「ありがとう、フェリ」って叫んでいて、そこでももらい泣きしてしまった。

恒例のおまけは今回はガラ。
マラーホフとタマラ・ロホのロミジュリバルコニーシーン。今回不調のマラーホフがここでは相当はじけていて絶好調だった。貞子のような長い黒髪をバサバサととかしたり。バルコニーの上で身を乗り出して落ちそうになったり、階段でこけたり。おなかにアンコを入れ、サンチョ・パンサのようなだっさい扮装のタマラが可愛かった!二人で追いかけっこをしたりすごく可笑しい。ジュリエットがジュッテを見せるところでは、ちゃんとポアントのままジュッテするマラーホフ。軽やかで美しい~本番でこれくらい踊ってくれれば。タマラは役者。

フリーデマン・フォーゲルの黒鳥のヴァリエーション。彼は王子より黒鳥のほうが向いているのでは?グリゴロービッチ版の、アラベスクで回転してからピルエットというとても難しい振り付けをほぼ完璧にこなしていた。ちょっとポアントワークは危なっかしいところもあって怪我するのでは、とはらはらしたけど。メイクがすごい。超厚化粧に出っ歯で言われなければ彼だとはわからない。

ロメル・フロメタのエスメラルダ。こちらも完璧!ポアントも難なく履きこなしていた。しかもタンバリンを頭で打ったり腰を振り振りさせたりとコミカルな味付けもあって最高!金髪の巻き毛かつらをつけていて可愛かった。

ヴィエングセイ・ヴァルデスのドン・キホーテのバジル。こちらは口ひげをつけていて、これもまたキュートだった。ポアントで3幕のヴァリエーションを踊るけどさすがに堂に入っていた。 跳躍が足りない分走ってごまかすところが可愛い。

ジョゼ・マルティネス。最初はドレス&カツラでフラメンコの女装していたけど、後ろに紐がついていて蛇に追いかけられる。ベタだけど楽しいギャグ。続いて、「オンガクは!?」と日本語で何回か怒鳴り、カツラとスカートを脱ぐと、白いシャツに黒いパンツ。そして、去年のスペインガラでもとてもかっこよかった「三角帽子」の粉屋のファルーカを踊ってくれたのだ。これはとっても嬉しいサプライズ。別人のように生き生きと、伊達男風にサパディードを踊ってくれてしびれた。その合間に2回ほど携帯電話がなって「もしもし」のあとスペイン語でまくし立てる。ひょうきんで素敵。

トリはカルメン。幕が開くと、またあのピンクに黒水玉の悪趣味な衣装のメルクリエフと、素敵なポリーナ。ところが、ポリーナが押しのけられ、あでやかに微笑んでいるのはホセ・カレーニョ。彼のカルメン、すごく美しくて色っぽい、と思ってしまった。一方、メルクリエフは、紫色の口紅にアイライン、鎖をジャラジャラさせ、しかも前をはだけると胸にセロテープが貼ってあって乳首にもチェーンが!姿勢も目つきも悪い、ゴスというかパンクで危ないホセで大笑い。そんな彼に、スカートを捲り上げて挑発するホセ・カレーニョ、素敵過ぎ!ホセはラストのフィナーレまで女装のままというのが、いい味出していた。 エスコートされていたイリーナもこれには苦笑。

そういうわけで、いろいろと見られたのはいいけれども、抽選などの時間がかかった分、おまけのガラはちょっと短かったかも。前回のバレエフェスのガラのおまけは、男性ダンサーほぼ全員参加していたからな~。でも、ジョゼやメルクリエフ、フロメタらの意外な魅力を見ることができて、これはこれで楽しかった。

3年後はチケット取れるのかな~

« 世界バレエフェスティバル【Bプロ】8/8&10 | トップページ | 世界バレエフェスティバルBプロその2 »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした〜。
ジョゼの三角帽子、スペインガラでめちゃくちゃカッコ良くて感激しました!あれをまた観られたなんて羨ましいなぁ。

長時間の鑑賞、お疲れだったでしょうね。私もバレエ見るのは好きだけど5時間以上となるとさすがに終わったら死んでるかも(笑)
マルティネスの粉屋の踊りがまた見られたそうでいいですね~♪あれはカッコいいですよね。
3年前の「おまけ」のほうがもっと面白かったようですが、一度男性ダンサーの女装とやらを見てみたいものです。3年後は見られるかな~??

く~てんさん、こんばんは。

そうなんですよ~これがすごく嬉しかったです>ジョゼ。アニエスと踊るとどうも綺麗過ぎて面白みがないんですけど、ラテン魂炸裂のこれは本当に素敵でした。というか、これ、バレエフェスの本編で踊ってほしかったです。粉屋の女房役はアレクサンドロワ希望。

プリマローズさん
風邪気味だったので本当に死ぬかと思いました。咳が出そうになって我慢するのに必死になったりして。休憩時間が非常に短いのがとてもつらいです。とても、幕間を楽しむなんてことはできませんでした。せっかくドレスアップしていったのに。
ジョゼの粉屋の踊りは本当にかっこいいです!あの、片脚をぐっと前に出して腰を卸気味にしたステップがいかしていますね。柄のおまけでこれが見られたのが一番よかったです。
前回のガラでは、男性人はみんな参加していたというのに今回は少なくて残念。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/11425543

この記事へのトラックバック一覧です: ガラから帰ってきました:

« 世界バレエフェスティバル【Bプロ】8/8&10 | トップページ | 世界バレエフェスティバルBプロその2 »