BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 世界バレエフェスティバル ガラその1 | トップページ | ムーヴィン・アウト 8/27 »

2006/08/27

東京小牧バレエ団「白鳥の湖第二幕」「薔薇の精」「ペトルウシュカ」

新国立劇場バレエ団のソリスト、グレゴリー・バリノフが「薔薇の精」を踊るというので観に行くことにしました。

「白鳥の湖」第2幕 オデット:周東早苗 王子:アルタンフヤグ・ドゥガラー
ちょっと変わった演出で、ロットバルトがひとしきり踊った後、王子の友人ベンノと、さらに6人の友人たちが狩りに行き、そして王子が登場する。オデットの振り付けは一般的なイワノフ振り付けのものなのだが、王子とベンノとのパ・ド・トロワになったり、ベンノがオデットをサポートするなど、異色である。特に、コーダの終わりではベンノがオデットをリフトするというフィニッシュになっているのだ。プログラムを買っていないので、そのあたりの演出の真意はわからないのだけど。オデットが去った後にまた6人の友人たちが登場する。また、2幕ですでに王子はロットバルトと対決し、倒されてベンノに起こされたりする。ちょっと面白い。
もうひとつの特色は、オデットは一般的なオデットのチュチュだけど、ほかの白鳥たちは、ロマンティックチュチュに近い長い丈のチュチュを着用していること。だからたまに「ジゼル」に見える。
実は小牧バレエ団は日本で「白鳥の湖」を初演したバレエ団で、それは1946年のこと。その振り付けを復元しているものなのだそう。
ダンサーのレベルはまずまず。2羽の大きな白鳥を踊った二人が良かったと思うし、オデットの周東さんもマイムが上手だったし腕も綺麗で良かった。王子にせっかくドゥガラーを使っているのに、この演出の特質上王子が踊るところが少ないのが惜しい。

「薔薇の精」 グレゴリー・バリノフ、長崎真湖
バリノフの薔薇は、フレッシュで爽やか、少年のようだった。足先がとても綺麗で、着地もぴたっと決まっている上に、足音がほとんどしない。アームスもやわらかく美しい。上半身も下半身もマッチョなのが、かえって薔薇の精らしいふくらみを感じさせる。ちょっとジャンプ系は重めだが、音楽によく乗っていた。初々しい雰囲気があるけど、伏せた目と陶酔した表情に少しだけ官能性も感じられる。少女役の長崎さんもかわいらしく良かったと思う。

「ペトルウシュカ」 ペトルウシュカ:ビヤンバー・バットボルト、バレリーナ:関根かなみ ムーア人:アルタンフヤグ・ドゥガラー 人形師:菊池宗
このバレエ団のレパートリーとして長く上演されているため、プロダクションが練り上げられて充実していた。カラフルな民族衣装と街の賑わい、冬の凛とした空気が伝わってくる。男性ダンサーのコサックダンスや踊り子たちの踊りは見ごたえがあった。ムーア人のドゥガラーが最初にすごいピルエット・アンディオールを見せてくれて場内は大いに沸いた。ペトリュウシュカのバットボルトは、ぐにゃっとした独特の動きを良くつかんでおり、ぐにゃっとしたところからの跳躍が高く、高い技術を感じさせながらもペトルウシュカの哀感をうまく演じている。大道芸人の中でもあっと思わせるようなアクロバティックな踊りを見せてくれる人もいたりして、すごく楽しめた。カーテンコールでは、主役3人は、劇中と同じでカーテンの中から登場。役を引きずった動きを見せてくれた。また機会があればぜひ、このプロダクションは観たいと思った。ずっと継承してほしい作品である。

とっても楽しめた公演だったのだけど、残念だったのは、せっかくダンサーがいい演技を見せてくれたというのに、拍手が少なかったこと。お客さんの入りは少なくなかったのに。教室が併設されているバレエ団の公演だと、普段バレエを見慣れていない人が多くて、それはいいんだけど拍手をしていない人が多いのだ。いい物を見せてもらった時には拍手がないとすごくさびしい。

« 世界バレエフェスティバル ガラその1 | トップページ | ムーヴィン・アウト 8/27 »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

naomiさん
あ~。バリノフ君って大好きです。いつも溌剌としていてカワイイですよね。「カルミーナ・ブラーナ」見たけれどとっても良かった。薔薇の精なんて彼にぴったりかもしれませんね。よいキャスティングですね。見たかったな~。

「白鳥の湖」の日本初演版。ロマンティック・チュチュ系というのも興味深いですね。名作だけにさまざまなヴァージョンが生まれるんですね。

amicaさん、
バリノフくんをご存知とは!ちょっとほっぺたが赤くてしもぶくれ気味の顔がかわいいですよね。この間の「こうもり」では残念ながら怪我で降板してしまったのですが、また元気な舞台が見られるといいわ。新国立劇場は10月にライモンダ、11月に白鳥の湖を見る予定です。両方ともザハロワ。白鳥はバリノフくんが道化を踊ってくれる日だといいな。

白鳥の湖ほど、いろいろなヴァージョンがあるバレエも少ないですよね。とはいっても、2幕に関してはやはりいじっているところは少ないみたいだけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/11623510

この記事へのトラックバック一覧です: 東京小牧バレエ団「白鳥の湖第二幕」「薔薇の精」「ペトルウシュカ」:

« 世界バレエフェスティバル ガラその1 | トップページ | ムーヴィン・アウト 8/27 »