BlogPeople


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 7/2 新国立劇場バレエ「ジゼル」 | トップページ | モンテカルロ・バレエ団と小池佳寿美絵画展 »

2006/07/06

ニューヨークでバレエのクラス

METシーズンも三回目、毎年バレエのクラスに参加したいと思ってたけどやっと念願かなったわ。
躊躇していたのは、もちろん超下手だからだが、勇気をふり絞ってみた。
行ったのは一番有名なブロードウェイダンスセンター。

http://www.bwydance.com/

映画センターステージにも登場しているところだ。バレエのみならずタップ、ジャズダンス、ピラティスなどいろいろある。一クラス18ドルで入会金不要。受付にあるパソコンで個人情報を登録すればよい。
私は初級バレエに参加。更衣室やシャワーはあるけど、ロッカーは契約している人で埋まっている。朝10時からだけど40人くらいと盛況でフロアが狭く感じられた。この人数でのバーレッスンは壮観。子供からおじいさんまで年齢やレベルもバラバラ。日本人も割りといる。男性は5、6人ってところ。服装も人それぞれで、さすがに暑いし冷房も効いていないので、レオタードなど薄着の方は多かった。先生はロシア人のおじさん。

さて、この先生一見ただの太目の初老オサーンであるし、下はジャージだし。でもお手本の脚捌きはなかなかきれい。しかし柱が邪魔でなかなか見えないよう。バーレッスンはふだん私がやっているのよりちょっと組み合わせが複雑でなかなか高度だ。バレエ用語がわかれば英語力は不要。受けている生徒のレベルは様々というか、スタイルが良くてセミプロ級の若い娘もいれば、ちゃんとした先生に習ったことのなさそうな爺さん、昔習っていたであろうおば様、小学生まで本当にバラバラ。いつものレッスンにいる、経験5、6年~10年の人たちというレベルの人は少ない感じ。男性はみんなそこそこ上手だがバレエではなく他のダンスをかなりやっているって感じ。みんなすごくセクスィーで素敵。

さて、バーの方はひいひい言いながら何とかついていったのだが(前のゲイっぽい、スタッドのついてないレイザーラモンって感じの衣装のお兄さんのまねをしていた)、センターのアンシェヌマンがけっこう難しくてお手上げ。さすがに人数が多いので半分ずつ踊るって感じなのだが、柱にぶつかりそうになったことも1度や2度。でもまあ、自分以上に下手な方もいたのでなんとか。なかなか楽しかった。上手で可愛い子が踊っているのを見るとこっちもなんだか嬉しくなってしまうし(っておやじみたいですね、私)

何しろこの人数なので、個別指導なんか望むべくもないし、これで上達するのは難しいと思うけど、体がなまってきた時に一汗を楽しくかくにはいいかな、と。大勢で踊るのってそれだけで気分もウキウキする。その後のクラスは中級バレエだったようで、いかにも上手そうな綺麗な女の子たちが集まってきていた。

« 7/2 新国立劇場バレエ「ジゼル」 | トップページ | モンテカルロ・バレエ団と小池佳寿美絵画展 »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

いいですね~。私も海外のオープンクラスに出てみることができたらな~って夢あります。
とは言ってもここ何ヶ月も自分のレッスンはご無沙汰ですが。。。
上達することも大事だけど、細かいこと気にせずにとりあえず自由に体動かせるクラスで気楽にレッスン受けたいです。

プリマローズさん、
これはホント気軽に参加できるのでお勧めです。ピラティスなども時間があればやりたかったです。のびのび体動かせるのはいいですよね。スポクラのバレエクラスもそんな感じなんでしょうか?
私も仕事が変わってちょっと忙しくなってしまったので、これからどれくらいレッスンに通えるかがちょっと不安です。少しサボると体がなまりますからね。でもうちの教室でも、結婚、出産、仕事の都合などでブランクがあって戻って来られる方が多いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/10817387

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークでバレエのクラス:

« 7/2 新国立劇場バレエ「ジゼル」 | トップページ | モンテカルロ・バレエ団と小池佳寿美絵画展 »