BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ハチャトゥリアン「スパルタクス」アニハーノフ指揮サンクトペテルブルグ国立交響楽団 | トップページ | マリインスキー・バレエのキャスト発表&東京バレエ団予定 »

2006/07/28

シティセンターとサドラーズ・ウェルズのコラボレーション

ニューヨークのシティ・センターと、ロンドンのサドラーズ・ウェルズは、両都市のダンスの殿堂と言っていい2大劇場。シルヴィ・ギエムやマシュー・ボーンがアソシエイト・アーティストになっているサドラーズと、ABTの秋シーズンが上演されたり、2月には「Kings of the Dance」が上演されたシティセンター。この二つの劇場が提携をすることになったそうです。

その第一弾は、昨年ギエムがラッセル・マリファントの「Push」を踊ったプログラムが、10月11日~15日まで上演されること。そして、シティセンターの秋の一大イベント「Fall for Dance」の企画はそのまま来年サドラーズ・ウェルズで上演されるということです。

9月28日~10月8日まで開催されるFall for Danceのラインアップの豪華なこと。しかも、NY在住者が羨ましいのは、チケットはなんと一枚10ドル!というお値段なのです。

ヨーロッパからはオランダ国立バレエとバレエ・ボーイズが参加。サドラーズ・ウェルズのレジデント・カンパーニであるランダム・ダンス。NYからは、トリシャ・ブラウン・カンパニー、マーサ・グラハム・ダンス・カンパニー、パーソンズ・ダンス・カンパニー、そしてニューヨークシティバレエ。さらに、シティ・センターのレジデント・カンパニーであるポール・テイラー・カンパニーとABTももちろん出演します。ほかにも、パシフィック・ノースウェスト・バレエやペンシルヴァニア・バレエも。ほかにも、タップやフラメンコなど、いろいろと観られます。なんともまあ、クラクラするような豪華さですね。こんなにチケットが安いと、逆にチケットを取るのが大変なんじゃないかと思います。

注目のプログラムは、10月3日のNYCBの「イン・ザ・ナイト」(ジェエローム・ロビンス振付)と、やっぱり10月4日のABTの「白鳥の湖」からの「2幕パ・ド・ドゥ」と「黒鳥のパ・ド・ドゥ」。でも、コンテンポラリー系も面白そうなのがたくさん。もちろん行けるわけはないのですが。

Fall for Danceの後にシルヴィ・ギエム、そしてABTの秋シーズンってわけで、10月のNYはダンス尽くしの1ヶ月ですね。

なお、サドラーズ・ウェルズの今シーズンのラインアップも、鼻血が出るくらいすごいです。つい先日までは、熱狂的な賛辞が贈られたカルロス・アコスタの公演があり、これからのシーズンはキューバ国立バレエ、アクラム・カーン&シルヴィ・ギエム、バレエ・ボーイズ、バーミンガム・ロイヤル・バレエ、トロカデロ・デ・モンテカルロ、フォーサイス・カンパニー、ローザス、マシュー・ボーンの白鳥の湖、ダーシー・バッセル&イーゴリ・ゼレンスキー(観たい!)、そして一番面白そうだな、と思ったのは少林寺の僧たちによるパフォーマンス。

イギリスにも住みたい。。。

« ハチャトゥリアン「スパルタクス」アニハーノフ指揮サンクトペテルブルグ国立交響楽団 | トップページ | マリインスキー・バレエのキャスト発表&東京バレエ団予定 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私もこのギエムの公演情報を知った時にはかなり喜んでしまいました。実は10月の前半に夏休みを取るかもしれないのでビミョーなんですが。。。

Fall for Danceフェスティバルは今年で3年目です。私はABTやNYCBはどのみちシーズン中に何度か見に行くので、普段あまり見ない他所のカンパニーやコンテンポラリーのカンパニーの日を選ぶようにしています。10ドルなだけあって、チケット争奪戦はものすごいんですが。。。

マリインスキー、In the Nightはダメだったんですね。私はNYCBで見たことがありますが、素敵な作品なだけに残念ですね。

Ponさん、こんばんは!

そういえば去年のFall for Danceの記事は拝読していました。なかなか観る機会がないカンパニーも集結して見られるのもいいですよね。時間と体力があれば全部見てみたい、と思わせられます。トリシャ・ブラウンやパーソンズ・カンパニーも観たいし、バレエ・ボーイズも。

ギエムのPushは実は私もまだ観たことがないのですよね。今年のバレエフェスではなんと白鳥の2幕を踊るとのことで、たぶん最後のクラシックになるのでは、といわれているのです。

マリインスキーのガラの上演作品はかなり大幅に変わってしまい、フォーサイス作品もなくなってちょっと演目的にはつまらなくなってしまいました。ちょうど今ロンドン公演でマリインスキーはショスタコーヴィッチのトリプル・ビルをやっているようなので、そういうのをどうせならやって欲しかった気もします。(ショスタコ演目は不評のようですが)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/11123805

この記事へのトラックバック一覧です: シティセンターとサドラーズ・ウェルズのコラボレーション :

« ハチャトゥリアン「スパルタクス」アニハーノフ指揮サンクトペテルブルグ国立交響楽団 | トップページ | マリインスキー・バレエのキャスト発表&東京バレエ団予定 »