BlogPeople


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 5/20 新国立劇場バレエ団「こうもり」(2幕) | トップページ | ドミニク・ウォルシュの近況 »

2006/05/25

NY行きの準備

ニューヨーク行きまで一か月を切ってようやく準備に取り掛かった。
メーンイベントのフリオ・ボッカ引退公演は現地在住の友人に取って頂いたけど残りは取っていなくて。ネットで取ると手数料が高い、万が一行けなくなった時にどうしようもない、当日思いがけず良い戻り券があるかも、などで躊躇していたけどサイトを観ると良い席がなくなりつつあったので慌てて何枚か取った。ところがうちのプロバイダが不調でなかなかつながらなくて…時間かかりまくりで疲れた。オーケストラ席は高いからリーズナブルなドレスサークル4階席、と思ったら同じことを考えている人が多いらしく端しか残っていないし。結局ほとんどがオーケストラ席前方、本当は見づらいし高いし嫌なんだけど仕方ない。フリオの日は売り切れるかもしれないし最後だからね、と自分に言い聞かせる。円高とはいえ、カードの請求を考えると真っ青になる。

ジゼル3回、マノン5回観るつもりなんだけどなんとヘススがヒラリオン役で出る日が一日もないorz。一日早ければ観られたのに。 と思ったら、なんと「マノン」のレスコー役にキャスティングされている!と教えていただいた。ありがとう!わ~い!なぜかマラーホフ&ヴィシニョーワとの共演で、私がもしかしたらスキップしてNYCBでも見ようかと思っていた日だった。しかも他の日も、大好きなマルセロやエルマンがレスコーなのである。

バレエの祭典会員であるため、もれなくベジャールの来日公演がついてきて、その初日があるので一日遅くしたら、ヘススのヒラリオンが観られなくなったのだ。…あまりベジャール好きじゃないのに。まあ今回はフリオ様観るのがメーンだから仕方ないです。 イリーナのジゼルも観たかったので観られないのが残念。でもイリーナがバレエフェスにきてくれるのは嬉しい。

宿泊も友人にお世話になるのだけど、二日ほどはホテルを探さなければならず。そしてニューヨークのホテル代はびっくりするほど高いのである。一昨年泊まった二つ星ホテルが値段が倍になっていて26000円くらい!ひゃ~!結局アパートメントを借りるけど安い部屋は空いてなくてやっと見つけたのは一泊160ドル。
さすがにドーミトリーやユースに泊まるわけには行かないもんね。NYはだいぶ安全になったとはいえ。

あとは現地で映画でも見られればいいな~
何が上映されているんだろう。

ところで、Ballet Talkを見ると、クデルカ版シンデレラのアンヘル・コレーラがすべてキャンセルとなり、代役はナショナル・バレエ・オブ・カナダのGuillaume Côtéとなったとのこと。(もともとクデルカ版「シンデレラ」はナショナル・バレエ・オブ・カナダのレパートリー)。「海賊」にはアンヘルは出演しているので、キャンセルはスケジュールの都合でしょうか。クデルカ版のシンデレラは面白そうなので観てみたかったです。

« 5/20 新国立劇場バレエ団「こうもり」(2幕) | トップページ | ドミニク・ウォルシュの近況 »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!NYでボッカの引退公演ですか。
この世代の人たちがドンドン第一線を退いてしまいさみしい限りです。
それにしても、パリやNY、ロンドンのホテルって東京と比べると割高ですよね。この値段でこれかい!って感じ。場所も気をつけなきゃならないし。NYのユース、結構良かったですよ。もちろん、帰りはタクシーですが。キッチンもあるから、食費も節約できるし(?)。セキュリティが宿泊者かどうかチェックするから中は安全でした。

今年もNY行きですか…なんとも羨ましい限りです。
レポ楽しみにしていますね〜。
ヘススのヒラリオン(結構、当たり役だと思う)が観られないのは、残念ですね。マノンのレスコーは、ビンゴ!演技の見せどころも多い役だから楽しみですね。

shushuさん、
フリオ・ボッカは39歳なんですよね。30代のうちの引退って早い気がするし、去年のドン・キを観ればわかるように本当にまだまだ踊れるのにもったいないです。30代後半~40代前半のトップダンサーってすごく多いから、ホントこれから誰が引退するのか戦々恐々としてしまいます。バレエフェスも今回が最後って人が多いんじゃないかしら。
私もロンドンではB&Bに泊まったりはしますが、この年だと若い方たちについていけるか不安なのです(笑)キッチンのついているアパートメント(セキュリティつき)に宿泊予定です。

く~てんさん、
ヘススのヒラリオンは評判いいみたいですね。あと一日早く到着していれば見られたのにすごく残念です。
レスコーは楽しみですね。他にレスコー役がマルセロ・ゴメス、エルマン・コルネホ、ゲンナディ・サヴリエフと全員実力派なので、その中でどれだけ魅せられるか。しかもヘススの日は両方ともマノンがヴィシニョーワなんですよね!

ギエム、ルグリ、フェリ、ステパネンコは最後でしょうね。この世代の見納めと思って無理もして劇場通いしているわけで、この人たちが一線から退けば、こんなにお金も時間もつぎこまないと思います。

細かいことですが、YHはNYもロンドンも結構年配の方が利用してますよ。日本でもメインは30代半ばあたりらしいです。

shushuさん、
そうですね、ホントにルグリ、マラーホフ、ギエム、フェリの世代が引退してしまうとぐっと寂しくなる気がします。なかなか次の世代が育っているようないないような感じがして。私は今回はNYに行くこともあって祭典についてくるABプロ1回ずつにルグリのジゼルとドン・キだけ(まあ、ガラも取れたら生きたいですが)の予定ですが、本当はもっと行きたいところです。平日6時があまりにもきついから(仕事やすまないと無理)買い控えているというのもあるし。

ユースは経験したことがないのですが、そんな感じなんですね。学生時代に海外旅行は2回しか行っていなくて一回はホームステイだったのです。私は部屋に戻るとすぐ服とか脱いでリラックスしちゃうほうなので(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/10238210

この記事へのトラックバック一覧です: NY行きの準備:

« 5/20 新国立劇場バレエ団「こうもり」(2幕) | トップページ | ドミニク・ウォルシュの近況 »