BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 2006 ABT Souvenir Book | トップページ | 「プリマダム」第1話 »

2006/04/13

YOUTH AMERICA GRAND PRIX 2006 GALA/キャスト変更

NY在住の方に教えていただいたのだけど、4月22日、23日にこんなに豪華なガラが開催されるのである。

YOUTH AMERICA GRAND PRIX 2006 GALA “Stars of Today Meet the Stars of Tomorrow”

Ygp0600


YAGPは日本からも多くの若手ダンサーが参加しているコンクールで、主催はABTのゲンナディ・サヴリエフ。
出演者がすごい。ロイヤルからダーシー・バッセルとデヴィッド・マッカテリ。ABTからマルセロ・ゴメス、ジュリー・ケント、マリア・リチェット、デヴィッド・ホールバーグ、ジリアン・マーフィ、ヴェロニカ・パルト、サラ・レーン。NYCBからソフィアン・シルヴ、ウェンディ・ウェーラン、ベンジャミン・ミルピエ、セバスチャン・マルコヴィッチ。ウィーン国立バレエからグレゴール・ハタラ。そして注目は、ニューヨーク初お目見えとなるベルリン国立バレエのポリーナ・セミオノワとアルテム・シュプレフスキー、それからボリショイのゲストプリンシパルとして活躍中のキエフ国立バレエのデニス・マトヴィエンコと(妻)アナスタシア・チェルネンコ。ミュージカル「Movin' Out」の一部上演や、YAGP出身のABTの若手ダンサーたちによるプログラムやデフィレもある。Master of Ceremoniesに気鋭の振付家クリストファー・ウィールダン。

上演プログラムも豪華。日替わりで2プログラム上演されるのだけど、ソフィアン・シルヴとマルセロ・ゴメスによる「エスメラルダ」およびベンジャミン・ミルピエ振付による新作。デニス・マトヴィエンコ、ジリアン・マーフィそしてデヴィッド・ホールバーグによる「海賊」、ダーシーとマッカテリによる「マノン」。シュプレフスキーとパルトによる「黒鳥PDD」、ジュリー・ケントとシュプレフスキーによる「ジゼル」などなど。ちょっと先日のマラーホフ・ガラとかぶる部分もあるけれども、ダーシーが出ている分さらに豪華だし、違うバレエ団のメンバーを組み合わせてのPDDというのは面白い。現在のスターと、明日からのスターが見られるという趣向だ。きっとポリーナ・セミオノワはここでも大評判となることであろう(出演が「菩提樹の夢」だけというのはもったいないけど)。ニューヨークに住んでいる人が羨ましい。

***追記***
Ponさんにコメントいただいた通り、残念ながらポリーナの怪我でキャストが大幅に変わりました。
代わりにキーロフからイーゴリ・ゼレンスキーが参加し「シェヘラザード」を踊ります。また、YAGP主宰者ゲンナディ・サヴリエフが「ゴパック」を、さらになんとアンヘル・コレーラが「Caught」を踊ります。アレクサンドロワも不参加となってしまいましたが、ゴージャス感は増した気がします。さすがサヴリエフの人望、って感じですね。

****再度追記****
結局アンヘルは出演しなかったようです。Gene Schavioneさんのサイトで早速舞台写真がアップされています。(プリマローズさんお知らせありがとう)

« 2006 ABT Souvenir Book | トップページ | 「プリマダム」第1話 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです~。おかげんいかがですか?お大事になさって下さいね。

この公演、ポリーナちゃんのNYデビューということで私もかなり楽しみにしていたんですが、彼女は怪我で降板しちゃいました~。残念です。代わり(?)にゼレンスキーが来るそうで。アレクサンドロワも、ちょっと前に発表されたキャストには入っていたのですがキャンセルになってしまいました。

Ponさん、おひさしぶりです。
お知らせありがとうございます!今YAGPのサイトを見たらずいぶんと変更になっていましたね。ゼレンスキーの「シェヘラザード」やサヴリエフの「ゴパック」が入ったのは逆に羨ましい気もします。ポリーナが踊る予定だった「菩提樹の夢」はとても地味な演目だったので。私は残念ながら見逃してしまったのですが、去年日本で開催されたガラで、ゼレンスキー&ポリーナでの「シェヘラザード」が大変な評判を呼んだんですよね。というわけで、記事を修正します。

豪華な出演者ですね。これだけ出てチケット代はどのくらいするんでしょう。
チャコットで見かけたあのマトヴィエンコがジリアンと一緒に踊るなんて~。マトヴィ~はボリショイでもけっこう踊ってるみたいですね。評判はどうなのか。
アンヘルの「コート」また見たいな~。もうすっかりアンヘルのレパートリーになってますね。

プリマローズさん、
チケットのお値段ですが、オーケストラプレミアムで150ドル、オーケストラで100ドル、一番安い3階席後方で50ドルです。やや高いとは思いますが、これだけ豪華なガラは日本で言えばバレエフェスくらいだから仕方ないかしら?シティセンターはあまり広い会場ではなく、東京で言えば国際フォーラムCくらいかな、って感じです。
マトヴィエンコはボリショイではスパルタクスとか踊っているみたいですよ。全然似合わないけど。(たしかにスパルタクスの評判はやはりよくなかったようです)しかし、モスクワコンクールで賞をもらったりボリショイに客演したりと国際スターとしてのステータスは上がっているようですね。
「コート」はやっぱり面白いですよね。

日本で同じ面子が集まったらバレエフェスみたいにもっとチケット高くなるでしょうね。
Geneさんのサイトでもう昨日の公演の写真がアップされてますね。早いこと。マトヴィ~もいるわ。

現地で観た友人の話では、結局アンヘルは出演しなかったとのことです。残念でした。
で、Geneさんのサイトのこと教えてくださってありがとうございます。ダーシーとマッカテリくんのマノンの沼地とか、ゼレンスキーのシェヘラザードとか、アルテム&ジュリーのジゼルなどいろいろと豪華でしたね。このコンクールは日本人の参加者も多いから、一度ガラも日本でやって欲しいものですね。

アンヘルの写真がないので「コート」は写真に撮りづらいからかなぁと思っていたら、アンヘルは出なかったんですね。残念!!
写真に名前が載っていなかったのでどれが誰だかイマイチ分からなかったんですが、今日から名前付きになってますね。ダーシー・バッセルは「マノン」だと全然違う人に見えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/9562486

この記事へのトラックバック一覧です: YOUTH AMERICA GRAND PRIX 2006 GALA/キャスト変更:

« 2006 ABT Souvenir Book | トップページ | 「プリマダム」第1話 »