BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 4/9、10東京バレエ団<ディアギレフ・プロ> | トップページ | YOUTH AMERICA GRAND PRIX 2006 GALA/キャスト変更 »

2006/04/12

2006 ABT Souvenir Book

アメリカン・バレエ・シアターの今年のMETシーズンのbrochureの、セクシーなフリオ・ボッカの「マノン」をイメージした写真や、白鳥の衣装を着たジリアン・マーフィがイーサン・スティーフェルと湖の中でキスしている写真が話題を呼んでいました。この写真を含む、写真家ファブリッツィオ・フェリ(アレッサンドラ・フェリのご主人ですね)による2006 ABT Souvenir Bookが5月15日に発売されるようです。今のところamazonなどでは扱っていません。
Abt20souvenir20bk20copy


Met Opera Shop

ponさんのApplause! Applause!で、イーサンとジリアンの写真の拡大版が見られます。

そうゆうわけで、わたくしフリオ・ボッカ様の引退公演「マノン」のチケットをゲットいたしました。がんばって行ってまいります。現地でこの本も買って来ようっと。
116364932_144

« 4/9、10東京バレエ団<ディアギレフ・プロ> | トップページ | YOUTH AMERICA GRAND PRIX 2006 GALA/キャスト変更 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

バレエ」カテゴリの記事

バレエの本」カテゴリの記事

コメント

ファブリツィオ・フェッリさんってイタリアではファッション・カメラマンでかなり有名なんです。カリスマ美容師アルド・コッポラのカレンダー写真とか撮っている。フェッリ&ボッレのすごく素敵な写真もボッレのサイトで見かけました。ファッション誌にフェッリを自然の中で撮ったヌード写真が載っていたのも以前見ましたけれどこれはちょっと怖かった…

ボッカの「マノン」。楽しみですね!

こんばんは。
以前から不思議に思っていたんですが、夫のファブリツィオ・フェリさんはたまたまアレッサンドラと同じ苗字だったんでしょうか?それともフェリ家の婿養子?アレッサンドラは結婚前からフェリですよね???ヘンな質問でスミマセン。。。

「マノン」いいですね。ビデオでも見たことないので一度見てみたいです。今年は「シンデレラ」もMETで上演するようですが、naomiさん見に行かれるんですか?「シンデレラ」の王子様ならイーサンが一番似合いそうだけど、ケガで残念ですよね。

すみません、私もヘンな質問させて下さい。

2000年ダンスマガジンインタビューでフェリが「主人はファッションデザイナーなの、着てる服は全部主人が作ってくれるの」とのろけてるんですが・・・・最近カメラマンに転向したの?それとも兼業だったのかしら。。。

amicaさん、
やっぱりファブリツィオ・フェリはイタリアでは有名なんですね。ちょっとぐぐってみたら、モニカ・ベルッチがはちみつを体に塗りたくっている!写真などを見つけました。
去年、一昨年とABTのMETシーズンのメーンビジュアルはファブリツィオ・フェリによるフェリの写真で、それはそれは素敵なんですよ。一昨年はロミジュリで去年はジゼル。
http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=110
のサイトの写真ですね。
もともと、私は一番好きなバレリーナがフェリで、フェリ&ボッカは私の中では最強コンビなのです。99年の来日公演で二人のロミジュリが観られたのは本当に幸せでした。

プリマローズさん、
わたしもそれは疑問に感じがことがありました。今、2004年の雑誌VOGUEのフェリの特集記事を観ているのですが、フェリは結婚したのが34歳の時で、その前からアレッサンドラ・フェリなので、もともとフェリという名前で、ご主人もフェリだったのではないかと思います。
今回ABTで上演される「シンデレラ」はクデルカ版で、去年ボストン・バレエで上演されていたヴァージョンです。なんだかコールドの人たちがカボチャのカブリモノをしたり、衣装が現代風だったりとかなり変わっているようですね。残念ながら観られないと思いますが。「マノン」は本当に凄く大好きな作品なんですよ。去年のロイヤル・バレエも最高だったし、DVDではアンソニー・ダウエルがデ・グリューを踊ったものが出ていますよ。

史緒さん
その号のダンスマガジンにはそんな記事が載っていたんですか!びっくりです。イタリア語がわからないので、ちょっと確認できないのですが、ファッションカメラマンならデザインもやっていた可能性は無きにしも非ずですよね。VOGUEのプロフィールではやはりフォトグラファーと書いてありました。

いいなあ、naomi さん、ボッカの引退公演のチケットを無事ゲットされたのですね!私の分までしっかり見て来てください!(ちゃっかり^^;)

私もよく知らないです。フェッリってフツーの名字(吉田さん、みたいな)だから同姓だったんでしょうか。ファッション・カメラマンとして有名な方だから、ファッション・デザイナーと勘違いされたのかもしれませんね。一度、見かけたことありますけれど背が高くってハンサムですごい魅力的な人でした~

やっぱりnaomiさんも疑問に思ったことありましたか。amicaさん仰るようにフェリって名前はイタリアではポピュラーな名前なんですね。
「シンデレラ」かぼちゃのかぶりものとは、なんか面白そうな感じ。

Tomokovskyさん、
フリオ様ファンのTomokovskyさんの期待に添えるようなレポがかけるといいな~しかし航空券代というか燃料サーチャージ代があまりにも高くて倒れそうになっています。

amicaさん、
ファブリツィオ・フェリさんはABTのオープニング・ガラのパーティに出席された時の写真などを見たことがありますが、背が高くて素敵な方ですね。VOGUEには二人のお子さんの写真も載っていましたが言うまでもなくめちゃくちゃ可愛かったです。amicaさんは生でご覧になったんですね。

プリマローズさん、
http://www.wbur.org/photogallery/arts_cinderalla/
でシンデレラがボストン・バレエで上演された時の写真を観ることができます。王子役は、元ABTのソリストだったカルロス・モリーナ。

コメントありがとうございました!
引退公演楽しみですね♪
が、私は日程の関係でその前のフェリ&ボッカのマノンをみるのですが・・・w
私もこの本買います!!!

penicillin184さん、こんにちは!
私も今のところ、その前のボッカ&フェリ観るつもりでいます。現地でお会いできるかもですね。
ママンと一緒だなんて素敵だわ。
3年前にシティセンターに行った時には、たまたまBalletBookが発売になって、エルマン・コルネホのサイン会があったんですよ。一冊持っていたのに買い足してしまいましたw

はじめまして。
フェリの旦那様についてですが、どうやらカメラマンだけではなく、「アーティスト」のような存在のようですよ。
そのファッションデザイナーという記事は、「BALLET」という雑誌で読みました。

来年で引退してしまうのは本当に残念です。

むむさん、はじめまして。
コメントが遅くなってしまってごめんなさい。
フェリのご主人について教えてくださってありがとうございます。とても有名な方なのですね。
このスーベニアブック、ニューヨークで買ってきたのですが、素敵な写真ばかりでうっとりと眺めてしまいます。普通のバレエの写真とはまったく違っていて、陰影の使い方が印象的だし、とてもダンサーがセクシーに、ドラマティックに撮られていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30328/9548121

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 ABT Souvenir Book:

« 4/9、10東京バレエ団<ディアギレフ・プロ> | トップページ | YOUTH AMERICA GRAND PRIX 2006 GALA/キャスト変更 »