BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« Gene Schiavone Gallery更新 | トップページ | イーサンファンには悲しいニュース »

2006/03/30

ブロークバック・マウンテン

※ネタバレ満載です。未見の方はご覧になってから。

「お前のせいでオレはこんな人間になってしまった。オレをどうか楽にしてくれ」と苦しそうに叫ぶイニス。あの夏からもう20年近くが経っていて、すでに若さもなければ、希望も失いかけている。恋愛というものは、決して人を幸せにするとは限らない。それどころか、不幸にしてしまうことの方が多いのかもしれない。それでも、その出会いがあったからこそ、その物語はずっと語り継がれ、人間の美しさを伝えていく。I sware (永遠に一緒だよ)の言葉とともに。

1963年。ワイオミン州ブロークバック・マウンテン。羊の放牧の仕事についたイニスとジャックというふたりの20歳の若者。美しいが厳しい自然の中でともに生活した二人は、やがて身を寄せ合うように結ばれる。夏が終わり二人は別れるが、それは20年にもわたる愛の始まりだった…。

カウボーイ同士の禁断の愛を描いた作品、というのが世間的な認識ではある。しかし、これは同性愛についての作品ではない。どうしようもない高い障害に阻まれ世間から決して理解されることのない愛の物語。二人のすべてはブロークバックにあり、二人の残りの20年間はブロークバックで過ごした日々を反芻し夢見続けたのである。20歳の夏のかけがえのない日々、ともに過ごした愛しい存在を想い続けることで、その後の人生はどのように変えられてしまったのか。そして人は生き方を変えることができるのか、望み通りの人生を生きることができるのか。

ジャックは言った「俺たちには、ブロークバックマウンテンの思い出しかない」と。あの楽園での夏の後も、彼らは短い逢瀬を続ける。が、お互いに家庭を持つ身となり、また同性同士ということで人目を忍ぶ付き合いとなる。あの時のような、何もかも輝いていた幸福感は二度と訪れなかった。不器用なイニスは、生活に疲れ、ジャックとの関係に気付いた妻と娘たちに去られてひとりぼっちに。一方、金持ちの娘と結婚したジャックは、金銭には不自由しないものの妻の家族には疎まれ、イニスを想いながらも牧場主と関係を続けている。彼らの人生の中で本当に美しかったのは、ブロークバックで過ごした日々だけだったのだ。象徴的なのが、ジャックからイニスに送られるのが、いつもブロークバックの山を映したポストカードであること。最初に別れてから4年後、郵便局留で届いたこの絵葉書を見た時、イニスはたちまちジャックのことを思い出して懐かしくてたまらなくなった。そしてポストカードのやり取りはそれからずっと続くことになる。

障害のある恋愛については、いくらでもドラマティックに仕上げることができるだろうに、それがなされていないことに好感が持てる作品だ。ブロークバックで出会った二人が結ばれるまでの過程も淡々としており、美しく厳しい自然の中で次第に相手を愛しく思う様子が、台詞が少ないのに伝わってくる。だからこそ、あの寒い夜にテントの中でどちらからともなく結ばれることも不自然ではなく思えるのだ。特にイニスは寡黙で口下手という設定なのだが、だからこそ、言葉に依存しない感情が伝わってくる。

「あれは1回限りのことだ」「オレはおかまじゃない」と、初めての行為の後イニスは言う。イニスは、自分自身が同性愛者であることを激しく否定しようとしていた。そのために、ブロークバックを降りて間もなく結婚するのだ。しかし、その言葉とは裏腹に、二人はしっかりと結ばれていた。夏が終わり、何事もなかったかのように、連絡先も伝えずに別れた二人。だが、イニスの激しい慟哭ぶりに、いかに彼が深くジャックを愛してしまったのかが現れていて、胸が痛くなる。
子供の時のトラウマから同性愛に抵抗を持ち、感情を表に出すことが苦手なイニスが、搾り出すように一人物陰で涙を流すところも、決して大げさな描写ではないゆえ、響いてくる。
対照的に、情熱的で、イニスを求める自分を抑えられなくなっているジャック。離婚したばかりのイニスと過ごすことができず、情欲をもてあましてメキシコに男性を買いに行ってしまうところが哀しい。

彼らの結婚生活を経てからのうんざりするような日常も丁寧に描かれている。結婚式の時には初々しかったイニスの妻アルマもやがて生活に疲れてくすんでいき、ジャックとのラブシーンを目撃してからはもはや彼を愛することができなくなっていく。イニスがふがいないため幼い娘二人を抱えてスーパーで働かなければならない、貧しい田舎での暮らし。ジャックは妻となるラリーンとロデオの会場で出会い、勝気で積極的、華やかな彼女に惹かれる。だが、やはりジャックの本当の愛が自分にないことに気付いたラリーンは服装ばかりが派手になって不満を募らせていく。時を重ねることで変わっていく様子を、二人の女優は実にうまく表現している。

それでも、ラリーンはジャックを愛していたのだろう。ジャックの死を知ったイニスからの電話に、最初は事務的に対応する彼女が、「遺灰はブロークバックマウンテンに撒いて欲しいと言っていたわ。あの頃が一番楽しかったと彼は言っていたわ。青い鳥が舞い、ウイスキーの川が流れる土地なのかしら」 と話す時の声の震え。これもまたとてもせつない。

ジャックはイニスと二人で牧場を経営したいと考えていた。しかし、父の手によって惨殺された同性愛者の死体を見てからのホモフォビアであるイニスは、その提案を拒否してしまった。もし、あの時Yesと答えていたら…。
人生なんて、もし、あの時という後悔ばかりだ。でも、後悔ばかりが人生ではない。

なんといっても、シャツの使い方!ジャックの粗末な実家のクローゼットにあった、シャツ。血染めの自分のシャツが、見覚えのあるジャックのシャツの下に重ねられていたこと。ブロークバックで過ごしたあの夏、けんかをして鼻血を出してしまった時のものだ。ジャックがこの世にいなくなっても、この重ねられたシャツだけで二人は永遠に結ばれていたことを示していた。ジャックから届けられた、ブロークバック・マウンテンのポストカードと、「I sware 」の言葉。シャツとポストカードで、この物語は光り輝き語り継がれるものとなった。やっとイニスは負け犬から抜け出して新しい人生を歩みだすことができるのだろう、と私は思った。クローゼットとは、もちろん、カミングアウトすることの隠喩でもある。

ブロークバック・マウンテンブロークバック・マウンテン
E・アニー・プルー 米塚 真治

集英社 2006-02-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

shitoさんによる素敵な批評はこちら

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディションブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
アニー・プルー ラリー・マクマートリー ダイアナ・オサナ

ジェネオン エンタテインメント 2006-09-22
売り上げランキング : 536
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« Gene Schiavone Gallery更新 | トップページ | イーサンファンには悲しいニュース »

映画」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、こんにちわ。ようやくTB出来たようでホッとしました^^;;
この映画は主役2人が当然良いわけですが、彼らの妻役の女優たちも非常に印象的でしたね。
一番ググッときてしまったのは、アルマJr.だったのですが…。

此処にコメント書くのもなんですが、ご紹介してらっしゃる『ブロークバック・レイク』とても観たい気持ちを煽られました。

shitoさん、
トラバありがとうございました。ココログ不調でご迷惑をおかけしてしまいました。
それにしても、思い出すたびに色々と考えさせられる映画です。じわじわ来る感じですね。近いうちに必ず劇場で再び観なくては…原作はまだ途中です。忙しくてなかなか読む暇がなく。
アルマJrはぐっときましたね。彼女の巣立ちが合ったからこそ、ひとりぼっちになってしまったイニスが清清しく新しい人生を踏み出せるようになったのでは、と思いました。家族のために、自分を押し殺した人生を送っていたけれども、アルマJrがいたから、そんな人生にも意味があったということを感じさせられました。そしてようやく彼は自分自身のために生きることができるようになったのではないかと。

ようやくこれを観てきましたよ。
ほんと、いい映画でしたね~~。
大自然の美しさと愛情の美しさがうまくかみあって、すっと入っていける映画でした。
音楽もまたよろし・・・。
思いっきり切ないんですけど、後味も悪くなかったですよね。

うるるさん、こんばんは。
コメント遅れてすみません。
この映画、撮影が本当に美しいですよね。撮影で称を取れなかったのが不思議なくらい。たしかに苦い結末なんですが、後味は悪くないというか希望を感じさせるものでした。あの終わり方があったからこそ、この映画は皆に愛されるものになったのではと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバック・マウンテン:

» 「ブロークバック・マウンテン」 [首都クロム]
 美しかったです。彼らの背景となる自然が、絵画のように美しかった。今日の私たちから言えば、この大自然の中で自分たちの抱えた問題は何てちっぽけなのだろう、と感じるかも知れませんね。しかし、時代が同性愛(それは自然の摂理に反している?しかし人を愛すると言う事において反則ではないと思う)を抑圧し、彼らの関係は明るみに出せるものではなかった。ヒースとジェイク演じる当人たちの葛藤と、それに反比例して昂った感情が胸を刺すのです。そんな彼らを、何も言わずに置く木々、山々、羊たち(ロングショットでその群れを見ると、... [続きを読む]

» ブロークバックマウンテン 評価額・1400円 [Blog・キネマ文化論]
●ブロークバックマウンテンをユナイテッドシネマ豊橋18にて鑑賞。 牧場の季節労働 [続きを読む]

» 映画:「ブロークバック・マウンテン」 [atom×atom]
ブロークバック・マウンテン [BROKEBACK MOUNTAIN] ―――――――――――――――――――――――――――― 監督: アン・リー Ang Lee 出演: ヒース・レジャー Heath Ledger     ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal     他 【解説】  1963年、ワイオミング。ブロークバック・マウンテンの農牧場に季節労働者として雇われ、運命の出逢いを果たした2人の青年、イニスとジャック。彼らは山でキャンプをしながら羊の放牧の... [続きを読む]

» 「ブロークバック・マウンテン」人を愛することの幸せと残酷さを知る [soramove]
「ブロークバック・マウンテン」★★★★ ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール主演 アン・リー監督、2005年アメリカ 大自然を前にしても 人の心は開放されない。 人生は思うようにならないもの、 ならばやはり人は 何かを自ら選び取らなければならないの...... [続きを読む]

» 『ブロークバック・マウンテン』 ('05/米国) [傍流点景]
 “ブロークバック”という名から読み取れることの一つに「重荷を負わす」という意味があると、原作の文庫巻末のあとがきに翻訳者である米塚真治氏が書いており、その言葉が私の中で深く腑に落ちた。  そう、原作を読み終えたとき、これはどうしようもなく背負うことになって下ろせない人生の重荷についての物語ではないかと感じたからだ。いや、元々は“重荷”ではなく、唯一つの拠り所であり、実際そちらの面が�... [続きを読む]

» ブロークバック・マウンテン [シネクリシェ]
 正直申しあげてちょっと拍子抜け。  アカデミー賞候補としては当初から大本命だったということですが、それほどのものかという感じ。  たしかに [続きを読む]

» 「ブロークバック・マウンテン」 [【 X-CAFE 】]
映画を観てから10日あまり。染み入る余韻と押し寄せてくる感情、いろいろ考えさせられちゃって、すぐにはレビューを書けなかったよ。 (たんに忙しかったってのもあるけど) 1963年の夏。アメリカ西部、ワイミング州ブロークバック・マウンテン。羊の放牧を監視する仕事を任された2人の青年。 美しい大自然と画面を埋め尽くす羊の群れ。厳しい山の生活が、2人に強い友情を芽生えさせ、やがてそれは肉体関係へと。2人で過ごしたブロークバック・マウンテンの時間が、その後20年におよぶ2人の関係と、現実の生活から逃... [続きを読む]

« Gene Schiavone Gallery更新 | トップページ | イーサンファンには悲しいニュース »