2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« バレエ・ビアリッツ「くるみ割り人形」12月18日 | トップページ | 12月24日 東京シティバレエ「くるみ割り人形」 »

2006/01/03

フランス、また来る日まで。

ついにフランスを去る日がきてしまった。朝7時20分発の飛行機でビアリッツを出発し、10時35分のシャルル・ド・ゴール発で成田に帰る。
ホテル(Centre-Biarritz)には前の晩にチェックアウトの手続きだけ済ませてきた。ホテルに泊まっているのはどうやら私たちだけのようで、出発は6時ごろなのでスタッフは不在となる。その代わり、タクシーの手配は済ませてくれた。

Henriet

舞台から帰った後は、晩ご飯代わりに先ほどアンリエットで買ったチョコレートムースケーキ「ベレ・ド・バスク」をいただく。これが巨大なんだな。すっごくおいしいのだけどこってりと濃厚な味わいで、食べるのは大変。部屋に紅茶もコーヒーもないので、ミネラルウォーターだけなのはちょっとキツイ。すると一緒に行ったかねぼん嬢が、日本から持ってきた柿の種を出してくれた。柿の種の辛さで味を中和するとちょうどイイ感じになる。食べ終わった後は、一仕事終えたって感じだ。

さて、朝になってホテルを出ることに。すると、マダムVeroniqueさんの手書きのメッセージが残されていた。温かい人柄を感じさせるメッセージに思わずうるうるしてしまう。

フランスは冬は8時を過ぎないと明るくならない。ビアリッツ・アングレ・バイヨンヌ空港に到着しても真っ暗だし寒いこと寒いこと。並んでいる人の様子をうかがうと、アメリカ人やイギリス人が多かった。シーズンオフとはいえ、やっぱり人気のリゾートなんだな。今度はぜひバイヨンヌなどにも行ってみたい。本当に素敵な思い出がたくさんでき、素敵な人たちに会えたビアリッツ、そしてパリ。ありがとう。近いうちにまた行きたい!

しかしここからが大変だった。飛行機は30分遅れで出発(なにやらフランス語で言い訳していたが何をいっているかはさっぱりわからず)。シャルル・ド・ゴール空港に着いたときは、まだ1時間あるから大丈夫、荷物のチェックインも済んでいるし、と思ったのだけど、同じ2Fターミナルなのにゲートがとても遠い。出国の手荷物検査がとんでもない大混雑で、カオス状態だった。客も係員も目が血走っている。離陸が近い便の客を優先的に通している。それにしても、何で日本人がまったくいないんだろう???
手荷物検査の厳重さといったら、今までで最も厳しかった。一人一人金属探知機にかけられ、細かいボディチェックを受ける。こんなところまで触るの?なんてところまで触られてしまうのだ。これでは時間がかかるわけである。やっと終わって一息つこうと思ったら、成田行きのエールフランス便は間もなく搭乗手続きを終了しますって日本語のアナウンスだ。それからゲートに行くまでが大変。すごい混雑なのでパルドン、パルドンと言いながら人々の波をかき分けてダッシュ。持ち込み荷物が30キロくらいになってしまったので追加料金をかからなくするため、手荷物の量をふやしたからすっごく重いのに。免税店はおろか、トイレに行く暇もありゃしない。結局私たちは最終搭乗者になってしまったようだ。成田行きは出発が迫っているからこちらへ、なんて誘導は一度もなかったのに。本当に焦った。
ところで、このエールフランスの便、乗ってみたらわかったがガラガラである。行きの飛行機はフランス人の子供で充満していたのに。フライト・アテンダントに一人で何席も使っていいですよ、と言われ、ゴロンと横になって割と楽チンに成田まで帰ることができた。
朝6時40分に成田着。そして私は会社に向かったのである…。

追記:メラトニンのおかげで時差ぼけにはならなかったものの、あまりにもろくなものをフランスで食べなかったため、栄養失調で倒れてしまった。バレエのクラスでは、色んな人に「痩せたね」といわれた。次回は野菜ジュースやカロリーメイトなどを持参で行くつもり。

« バレエ・ビアリッツ「くるみ割り人形」12月18日 | トップページ | 12月24日 東京シティバレエ「くるみ割り人形」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

フランス旅行記、楽しく拝見させていただきました。私も3月にパリへ行く予定なので、ワクワクしてしまっています。ホテルもガルニエのすぐ近くを手配しました。ひょっとしたら、naomiさんが泊まったホテルと同じかな?なんて思ったり。
 ビアリッツも非常に興味があります。バスク地方は、ポーへ足を伸ばしたことがあるのですが、時間がなくて、ビアリッツまではたどりつけませんでした。海辺のステキな町のようで、naomiさんの旅行記を読むにつけ、さらに憧れが増しました。フランスは地方都市がステキですよね。私はパリより断然地方都市のほうが好きです。
エールフランスの乗り換えは、私も妙に焦った記憶があります。トゥールーズからでしたが、思った以上に余裕がなくて、こんな状態じゃ、パリの空港で免税手続きなんてしようと思ってた人は涙をのむことになりそうね。なんて思ったことがあります。私は免税するような高価なものは購入していませんでしたけど・・・・。

JOLLYさん、こんばんは!本年もよろしくお願いいたします。
そうでしたね~JOLLYさんも今年はパリオペを観に行かれるんでしたよね。いいな~私は観そこねてしまったので。あんなにガルニエに近いホテルだったのに、私がいた日程はちょうど休演だったのですよ。しくしく。JOLLYさんも素敵な旅になりますように!

私は今回こんな日程だったので買い物をほとんどしませんでした。買ったのはガルニエの売店で「ル・パルク」のDVDと白鳥のパンフレット、それからギャラリーラファイエットでチョコレートとクッキーくらいで。本当は買い物大魔神なのに。ホント免税手続きをやらなければならない人だったら暴れていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス、また来る日まで。:

« バレエ・ビアリッツ「くるみ割り人形」12月18日 | トップページ | 12月24日 東京シティバレエ「くるみ割り人形」 »