2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 12月24日 東京シティバレエ「くるみ割り人形」 | トップページ | 親切なクムジャさん »

2006/01/04

2005年のバレエの総括

ホントあほみたいに通った一年だったのだけど、ほとんどが白いトリさんに振り回されたという感じでした。
よって、理性的に考えられないのでトリ関係は別にして、去年印象に残った舞台を振り返ることにします。

すごくたくさんの人があげているので月並みになってしまうけれども、まずは2月のハンブルク・バレエが凄かった。「ニジンスキー」が一度しか観られなかったのが残念。一度にあんな情報量の洪水の中に放り込まれて、思考がパンクしそうになった舞台。イリ・ブベチェニク、服部有吉、アンナ・ポリカルポヴァ、凄すぎた。もちろんその後の「眠れる森の美女」もとんでもなかった。私は「眠り」はバレエの退屈なところが満載でとても大嫌いな演目なのだけど(だってオーロラったら寝ているだけじゃん。赤頭巾とか長靴を履いた猫とか、馬鹿にしているのか)ノイマイヤーの「眠り」は全然違う。異常に切なくて妖しくて美しい。そしてリアブコの青い鳥!あんな青い鳥を見たことがない。

ロイヤル・バレエの吉田都さんが素晴らしいのは言うまでもないことだけど、ダーシー・バッセルの輝きにも圧倒された。中でも「マノン」の彼女は、凄まじいまでの変貌を遂げていて驚かされた。テクニック、演技とも頂点にある人だと感じた。それだけに、引退ではないけれどもプリンシパルの座を去ることが残念でならない。タマラ・ロホのナチュラル・ボーン・ファム・ファタルぶりも強烈な印象を残した。

あとはやはりシュツットガルト・バレエ。ロミジュリもよかったけど、やっぱり「オネーギン」の素晴らしさには脱帽。マニュエル・ルグリの入魂の演技にも心を打たれたが、カンパニーとしての平均点の高さに驚かされた。そしてなんといってもマリア・アイシュヴァルト!「オネーギン」というタイトルではあるけど「タチアーナ」という内容のドラマである。私たちとはあまりかけ離れていない葛藤を抱えた、普通の女性を深みと哀切さ、そして抑えた激情で演じたその迫力は凄まじかった。もちろん、振り付けとしての魅力もあるわけだが。

ガラは9月のスペインガラが、コンセプトも一貫していたし、バレエも、バレエ以外のダンスもとても充実していて見ごたえがあった。「三角帽子のファルーカ」のジョゼ・マルティネス、「オー・ソレ・ミオ」のアナ・ラグーナが特によかった。11月のルジマトフ・ガラも相変わらず充実していた。いろんなサイトで話題騒然となったイーゴリ・コルプの「白鳥」と「薔薇の精」のインパクトは今も強烈に残っている。コルプの出演する舞台は今後も要注意である。

海外に何回か舞台を観に行ったけど、6月のABT,METシーズンの「海賊」は楽しかった。こういう派手な演目がABTには似合う。中でもエルマン・コルネホのランケデムと、カルロス・アコスタのアリが凄かった。「白鳥の湖」のマルセロ・ゴメスのロットバルトは相変わらずセクシーで魅力的。エルマンは、来日公演での「ドン・キホーテ」の主役デビューとリード・ジプシーも鮮烈だった。ABTは来日公演は怪我人も多く全体的に精彩に欠けたのがとても残念。女性ダンサーは深刻な人材不足だし。12月のバレエ・ビアリッツの「くるみ割り人形」も振り付けの面白さ、ダンサーの能力の高さでとても楽しめた。

というわけで、今年もいい舞台にたくさん出会えるといいな~。

« 12月24日 東京シティバレエ「くるみ割り人形」 | トップページ | 親切なクムジャさん »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

ぴ~さん、1年間、「白い鳥さん」をはじめ多数のバレエ鑑賞お疲れ様でした・・・というのは変かな。
心に残るもの、それほどでもないもの、全然・・・なもの、いろいろあるんですね~。
コルプは私も気になりますね~教えてもらったDVDで薔薇~は見たけど、白鳥も見たい(できれば生で)。で、ぴ~さんの感想を読んでいると、今度はリアブコの青い鳥が気になりだしました(笑) また情報よろしくお願いします。

ルグリのオネーギン見れずぴ~ぴ~言ってた(笑)私に教えていただいた映画のDVD(レイフ主演の)、今借りてるので近々見てみます。

うるるさん、こんばんは。今年もどうぞよろしく!
なんだかやたらいっぱい観れば当たりはあるだろうと思ったけど、本当の当たりというのはそんなにたくさんはなかったですね。でも、反対にこれはひどい、とかお金がもったいなかったと思うような公演はなかったです。やっぱり生の舞台というのは素晴らしいわけで、それだけでやっぱり嬉しいものです。東京に住んでいると部隊の数だけは多いからそういう点では恵まれていますよね。
リアブコさんは前回のバレエフェスにも出演しているんですよ。本当は「幻想~白鳥の湖のように」をお勧めしたいところなんですが国内盤が出ていなくて、輸入盤はPALなんですよね。以前はNHKのBSで放映もされたんですが再放送もなく。日本でも出して欲しいです。リアブコは収録された回ではルートヴィヒを踊っているわけではないのですが、それでも素敵です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年のバレエの総括:

« 12月24日 東京シティバレエ「くるみ割り人形」 | トップページ | 親切なクムジャさん »