2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« パリ&ビアリッツから帰ってきました | トップページ | パリ1日目その2/シャンゼリゼと凱旋門 »

2005/12/22

パリ一日目/エールフランスとルーヴル

エールフランス21時55分発は、なぜか子供の乗客率が異常に高かった。しかもみんなフランス人の子供。連れの友人の隣もそんな子供の一人で、夜も遅いのにやたら元気が良い。フランス語で話し掛けたり、自分のではなくその友人の席の前にあるモニターで遊んだり。しまいには、スライムを振り回し、スライムがペタっと人の顔に張り付いたのを指差してキャハハと笑っていたりと困ったものだった。すごく可愛い男の子なんだけど隣に座った友人は気の毒だったと思う。ごめんね~。

しかもエールフランス、乗るの初めてなのだがとても席が狭く、私の短い足でもつかえる。リクライニングもあまりできないのでまるで拷問イスのようだ。しかしそれでも少しは寝ることができたのだけど。席が狭いせいか、落ち着き無くたっている乗客の多いこと。最初はトイレに並んでいるのかと思ったらそうではなくて、しゃべったりしている。フランス人の子供のほかは、某女子大の修学旅行?が一緒だったようで、若くてちょっとファッションが独特の娘さんたちがいっぱい。

シャルル・ド・ゴール空港についたのは朝の4時である!荷物もすぐ出てきて、ガルニエ行きのロワシーバスの始発が発車する6時まではしばしぼ~とする。6時になったら売店が開いたのでパリの地図を買って、バスへ。外は当然真っ暗。しかし他のターミナルに寄ったりしたものだから結局ガルニエの前についたのは7時だった。

Garnier1


ホテルはガルニエの裏にあるギャラリーラファイエットと同じ敷地にあるという便利さ。金髪の別嬪さんが迎えてくれて荷物を預け、まずはモガドール劇場の下見をした後、ガイドブックに書いてあったルーブル通りのPAULで朝食。底冷えがしたので温かいカフェオレが嬉しい。美味しいクロワッサンをいただいて、ようやく8時半頃明るくなり始めたのでルーブル美術館へと向かう。ルーブルは9時オープンなのだ。

Pyramide


さすがに早いので空いており、ルーベンスの間などは完全に貸し切り状態だった。だだっ広いので猛ダッシュで観たにもかかわらず観終わったら2時。(ベルトルッチの映画「ドリーマーズ」では、ルーヴルを何分で走り抜ける、なんて遊びをやっていたっけ。そしてそのオリジナルはゴダールだったよな)モナリザやミロのヴィーナスの周囲は大混雑。特にミロのヴィーナスの周りでは、なんとかしてヴィーナス像とツーショット写真を撮ろうとしている中国人観光客がワラワラ湧いて来てちょっと大変なことになっていた。装飾美術などの部門は空いており、落ち着けて良い。

Venus

« パリ&ビアリッツから帰ってきました | トップページ | パリ1日目その2/シャンゼリゼと凱旋門 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、お帰りなさいませ。ルーヴルいいですね~。このあいだ「ルーヴル美術館の秘密」というドキュメンタリー映画を見て一層行ってみたくなりました。(その時の記事→http://primarose.blog26.fc2.com/blog-entry-44.html
お化けが出そうな長くて暗~い地下通路があるようで(一般客はそういうところは見られないでしょうが)神秘的で面白そうだわ~と思いました。
「ミロのヴィーナス」の前で写真・・・とありますが、美術館の中で写真撮ってもいいんですか?

primaroseさんこんばんは!

「ルーヴル美術館の秘密」観たかったのに見逃してしまいました。今度ビデオを借りてこようっと。
「ルーヴルの怪人」というソフィー・マルソー主演の映画は観たことがあって、それはルーヴルに怪人がいては美術館関係者を殺していくって映画です。けっこうしょうもなかったんだけど、美術館の中身はたっぷりと見せてくれました。
海外の美術館は、大抵フラッシュさえたかなければ撮影はOKなので、みんな写真撮っています。モナリザはさすがに絵の痛みが激しいので撮影禁止、多くの係員が見張っていてカメラを取り出すと即座に飛んできます。

はじめまして。エールフランスは、私も昔は名前の響きに憧れていたんですけど実際乗ったら狭い・ロストラゲージ・オーバーブッキング・モニター故障で映画観られずという目にあってからは・・・。まあ、トラブル対応がまあまあだったので文句は言わないですけど。バレエ記事楽しみにしています。

ルーブルも観光シーズンを外して、早い時間だとそんなに空いて
いるのね。羨ましい。今まで日曜日(無料で鑑賞できる)しか
行ったことがないので、たまにはゆったりと観たいですね。
中庭のピラミッド、懐かしいです。以前行った時は、まだ建設中でした。

miyoさん、はじめまして。
私もエールフランスは初めてでした。エコノミーでもシャンパンを出してくれたり、飛行中はジュースバーがあったりハーゲンダッツのアイスが食べられたりするのはよいですけどね。
実は後で書きますが帰国のビアリッツ便が遅れたためにCDGで走る羽目になりました。免税店どころかトイレにすら行けなくて。

く~てんさん
帰国してから調べたらルーブルって入るときにそんなに混雑するものなんですね。前回は、夜10時まで見られる日に行ったので、襲い時間で空いていたんです。冬のこの季節は確かにすごく寒いというのもあって観光客も少なくて、ゆとりを持ってみることができました。
またいける機会があると良いですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリ一日目/エールフランスとルーヴル:

« パリ&ビアリッツから帰ってきました | トップページ | パリ1日目その2/シャンゼリゼと凱旋門 »