BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 東京国際映画祭「雨降る日の水彩画」 | トップページ | 東京国際映画祭アジアの風『浮気雲』(邦題:『西瓜』 »

2005/11/04

「空中庭園」

豊田利晃監督が覚醒剤で逮捕されたため、公開規模が小さくなってしまった気の毒な作品。でも、豊田監督の演出力がみなぎっていてすごく面白かった。

http://kuutyuu.com/

多摩ニュータウンを思わせる郊外の街の瀟洒な団地に住む絵里子と夫、高校生の娘と中学生の息子。家族の中では秘密を持たないのがこの家のルールで、一見、オープンで理想的な家族に見える。ところが…

豊田監督の作品というのは、いつも、社会にうまく折り合いがつけられない人間の激しいルサンチマンを感じさせる。一見幸せそうな家庭を営んでいる平凡な主婦絵里子が、貼り付いたような完璧な笑顔の裏で、憎しみ、トラウマ、満たされないものを、様々な闇を抱え、だけどそれをどこにも吐き出すことができない沸沸とした想いで爆発しそうになっている様子を、小泉今日子が恐ろしいほど易々と演じている。コンビニで立ち読みしていたところ、思いがけず娘に声をかけられ、振り向いた時の表情の凄みには思わず身震い。パート先を解雇された若い娘に金を無心された時の、フォークで彼女をめった刺しにすることを夢想したりする様子も凄いのだけど、一番怖いのは"完璧な笑顔"の彼女。小泉今日子は大した女優になったものだ。
キョンキョンのみならず、絵里子の母役の大楠道代、夫の板尾創路、娘の鈴木杏、夫の愛人の永作博美、ミーナのソニンと役者陣の充実振りには目を見張る。中でもやっぱり一番凄いのは、ただならぬ凄みを湛えた大楠道代。

普通の平凡な女性の中にも、こんな感情の渦巻きが、抑えに抑えた憎しみや傷、ダークサイドがあるなんて、ここまで描いた映画ってなかったのではないかと思う。原作はまだ読んでいないので、それが持つ力なのかもしれないけど。

(以下ネタバレにつき未見の方は読み飛ばしてください)

絵里子以外の家族は秘密を色々と抱えていた。夫は5年間妻を抱いていない代わりに長年の愛人と、若い娘ミーナの二人とお楽しみ。娘は学校をサボって、彼女が両親によって"仕込まれた"ラブホテル「野猿」にボーイフレンドや初対面の男を連れこんでいる。息子は夫の愛人であるはずのミーナを家庭教師にしている。そして入院中なのにヘビースモーカーで強烈な、殺しても死にそうにない絵里子の母さと子。

そんな一家が、ミーナとさと子の合同誕生パーティに集結!ここからのシチュエーション運びの巧みさといったら見事なものだ。家族の嘘が引っぺがされ、偽りの幸せ芝居がガラガラと崩れていくさまを観て、却って清清しさを感じてしまうなんて。例の元同僚からかかってきた電話に対して一言「死ね」って言い放つキョンキョン最高。
そして、一癖も二癖もある怪物的な母を演じる大楠道代との親子タイマン対決も、凄すぎてブラボーだ。

サバービア(郊外住宅地)が持つ独特の病んだ感じを、ぐるぐると浮遊するカメラで表現して、タイトル通りの"空中庭園"的な、不安定な幸福を象徴させている。酔ってしまいそうになるほどの(私はユーロスペースの最前列で観ていたから余計に)揺れる映像は、監督が覚醒剤中毒になっていたため、なんてことで片付けられないことを祈る。私自身は、こんなにカメラをぐるぐる揺らさなくても、執拗なほどの長廻しで十分に心象風景は描けているんじゃないかと思うのだが。

ラスト近く、帰ってこない家族を待ち続ける絵里子に降りかかるのは、文字通り血の雨。豊田監督らしい世界観がここでも発揮されている。やりたいと思っている演出家は多いと思うけど、実際コレをやってしまっているところが、らしさなんだと思う。血で真っ赤に染まった顔で傷ついた獣のように叫ぶ小泉今日子、凄惨だった。


「映画芸術」の豊田監督のインタビューはなかなか読み応えがあるので、良かったらぜひ。ただし一部ネタバレがあるので観てからのほうがいいだろう。

« 東京国際映画祭「雨降る日の水彩画」 | トップページ | 東京国際映画祭アジアの風『浮気雲』(邦題:『西瓜』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「空中庭園」:

« 東京国際映画祭「雨降る日の水彩画」 | トップページ | 東京国際映画祭アジアの風『浮気雲』(邦題:『西瓜』 »