BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ランド・オブ・ザ・デッド LAND OF THE DEAD | トップページ | 8/18東京バレエ団「眠れる森の美女」 »

2005/08/22

ダンシング・ハバナ Dirty Dancing : Havana Nights

ここにきてようやく映画づいてきたって感じ。
ラテン系注目俳優のディエゴ・ルナ主演のハリウッド映画ということで観に行きたいと思っていたのだ。

ホントにディエゴ君は最高に可愛い!ちょっとタレ目で眠たげな目。上目遣いされちゃっただけですっかりノックアウトされてしまった。ほっそりとしたあごと小さな口に薄い唇、エクボが素敵。「天国の口、楽園の終わり」(この邦題嫌い)で共演していたガエル・ガルシア・ベルナルも可愛いけど、ディエゴのほうが、より私の好みかもしれない。踊りが得意な役柄ということで、当然ながらナイスバディである。キュートなセクシーさだ。実年齢25歳ということだけど、10代で通用しそう。

実はこの映画「ダーティ・ダンシング」のリメイクなのである。オリジナルに敬意を表して、パトリック・スウェイジがダンス教師役で出演していた。20年近く経過しているのですっかりおっさんになってしまったが、さすがスクール・オブ・アメリカン・バレエ出身だけあって踊りは恐ろしくうまい。それに比べるとディエゴ君は踊りのほうはもう少し頑張れって感じ。

1958年、キューバ革命前夜が舞台。父親の転勤でキューバに家族で引っ越すことになった優等生のケイティが、偶然街で見かけたハビエルのダンスに魅せられ、親に内緒でダンスコンクールに出場することになったというストーリー。真面目で内気な女の子が、ラテンダンスを知りハビエルとの出会いの中で少しずつ自分を解放していくというもの。だんだん大胆になって行くケイティが魅力的。彼女の両親は、もともとはダンサーだった。だが、彼らを含むアメリカ人たちは露骨に現地人を見下しているし、キューバの人たちはアメリカの傀儡政権の下で独立運動を繰り広げているという時代背景。一種の“身分違いの恋”的な要素もあるわけだ。上映時間が短くて十分描き切れていないところもあるけれど、ダンスの持つ魔力は伝わってくるものがあると思う。あとは、せっかくのダンスシーンがカット割が多くて上半身しか映っていないところが多いのが残念。

なんてことはない映画なのかもしれないけど、キューバのクラブでのセクシーなサルサのシーンには圧倒された。ダンスって見るのも踊るのも楽しいしワクワクさせられるな、と楽しめた一本。音楽も、サルサからソン(「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に出てきた音楽)など、魅力的な曲が盛りだくさん。さらにディエゴくんの魅力満開だから、個人的にはすごく気に入った。

« ランド・オブ・ザ・デッド LAND OF THE DEAD | トップページ | 8/18東京バレエ団「眠れる森の美女」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。TBありがとうございます。
こちらにパトリックのこと書かれてましたね~。
オリジナルの方も見られたことありますか?
私見たことなかったから今度借りてみますね~。

ディエゴくん、サイコーにキュートです。
でも、ほんと、女性も含めて踊りはたいしたことない・・・でもかわいいからいいです!

うるるさん、こんばんは♪
ホントにディエゴくんはめちゃめちゃ可愛いですね~公式サイトから壁紙とかダウンロードしてきちゃいました。母性本能くすぐります。内容的にどうのこうの言う前に、ディエゴくんの魅力にノックアウトされてしまいました。わははは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンシング・ハバナ Dirty Dancing : Havana Nights:

» 映画「ダンシング・ハバナ」Dirty Dancing: Havana Nights [Un Dia de Noviembre]
わおっ! こういうの大っ好きっ(^^♪ サルサ、メレンゲ、マンボ、アフロ&キューバン・・・  ラテンがいっぱいだ~!! 寒い冬の夜にはやっぱりキューバ(*^^)v [続きを読む]

« ランド・オブ・ザ・デッド LAND OF THE DEAD | トップページ | 8/18東京バレエ団「眠れる森の美女」 »