BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ハンブルク・バレエ『眠れる森の美女』2/17続き | トップページ | マシュー・ボーン『白鳥の湖』初日2月22日 »

2005/02/26

『オペラ座の怪人』ジェラルド・バトラーに夢中

今回の映画化は賛否両論だったし、ブロードウェイで2回舞台を観ていてオリジナル録音のサントラも聴きこんでいる自分としてはけっこう不安だった。

実際、アンドリュー・ロイド・ウェーバー本人がプロデュースしているということもあって、映画は舞台そのまんまという感じだ。映画的な工夫が少なくて、イマジネーションの広がりがない。観ながら想像力の翼を広げられるのは、ヴィジュアル要素の少ない舞台の方だろう。帰宅後改めてオリジナル録音サントラを聴き返したら、台詞までほとんど同じだった。映画で新しく加わったシーンは、怪人の幼年時代@エレファントマンとラウル水没、ラストのお墓のシーンくらいだろう。映画にするんだからもっと派手に大仰にケレンみたっぷりになるかと思ったらそうでもない。

でも、この映画気に入ってしまったのだ。
なんといっても、怪人役のジェラルド・バトラーに尽きる。ブロードウェイでは人気俳優のラウル役パトリック・ウィルソン(以前「フル・モンティ」の舞台版で観た)や、METオペラで歌っていたというクリスティーヌ役のエミー・ロッサムと違って本職の歌手ではない。私がブロードウェイで観た時のハワード・マクギランのほうがどう考えても歌がうまい。でも、バトラー怪人イイ!のである。一つには、えらく男前であること。マスク姿が似合うし、片側のマスクから覗く深く哀しみを湛えた瞳がきれい。怪人というにはマスクを外した顔でさえハンサムすぎるかもしれない。しかし、この怪人というロマンティックな狂人の悲しさ、情念をうまく表現できていると思った。舞台より“生身の人間の感情の揺らめきと哀しみ”がひしひしと伝わってくるのだから大したものだ。歌は上手ではないが、怪人の持つゴシックなロックンローラーぽいイメージにマッチした太くてかっこいい声の持ち主である。
クリスティーヌ役のエミー・ロッサムはやや線が細いけど、澄んだきれいな声を持っていて、若くて無垢ゆえのちょっと青いエロスみたいなものを感じさせてくれて適役だと思う。二人の男性の間を揺れ動く彼女のキャラクターって実は「たいしたタマ」なんだけど。 あれでは怪人があまりにも憐れだ。

美術の方は、もっとすごいことになっているかな、と思っていたがまずまず健闘しているという範囲。怪人のトレードマークである深紅の薔薇に黒いリボンの使い方は耽美的で素敵だし、ドンファンで登場した時のマスクのデザインはカッコいい。オペラ座のバレリーナアたちの衣装は可愛いし、なんといっても地下の怪人の住処の怪しげな感じが気に入った。自分の顔にコンプレックスを抱きながらも鏡だらけというのがナルシストな感じ。マントを翻させたり、胸をはだけたシャツを愛用したり、相当自己愛が強い怪人だ。彼が長年こつこつかけて飾りつけた地下室のゴテゴテとゴシックな雰囲気、好きだ。極めつけはクリスティーヌの等身大花嫁姿フィギュアだろう。変態的でゾクゾクしちゃう。コルセットに白いガーターベルトですぜ、旦那。

言ってみれば少女マンガの世界なんだけど。

それにしても、なんで私はこの「オペラ座の怪人」の物語にこんなに惹かれてしまうのだろうか。世の中のすべてを呪い地下に潜むy怪物が唯一見つけた心の拠り所、わが身のすべてを捧げつくす報われない愛。手に入れるためにはどんなに悪いことだってしてしまうのに、この姿ゆえに決して愛されない。わずかばかりの希望を抱いただけにさらに地獄と絶望に突き落とされる。人一倍自己愛が強くてナルシストで、燃え滾る情念とルサンチマンの塊で…。その地獄よりも深い歪んだ愛を見せ付けられるだけに、ラストでは号泣してしまう。

とりあえずジェラルド・バトラーの過去の出演作はみんなチェックしなくちゃ。『タイムライン』『トゥームレイダー2』『サラマンダー』『ドラキュリア』みんな微妙そうな作品ばかりだ(笑)。『ドラキュリア』でのドラキュラなんかすごく似合いそうなだけに楽しみだが。 この人は多分静止画より動いているところが素敵な気がする。

« ハンブルク・バレエ『眠れる森の美女』2/17続き | トップページ | マシュー・ボーン『白鳥の湖』初日2月22日 »

映画」カテゴリの記事

コメント

同じです。もう、最高ですね・・・私は先週見に行ったのですが、もっと早く行くべきでした。かっこいいにもほどがあります。怪人だろうが、恋人なんかそっちのけで、ついていっちゃいますよ・・・こうなってしまえば、全作品をチェックするのみです。

ゆっちさん、こんにちは!私ももっと早く見るべきだと思いました…。ホントジェラルド・バトラーは素敵ですよね。私もラウルなんか放り出してついていってしまいます。実はファンサイトまで毎日チェックしています(あほ)WOWOWで今月結構放映されるのでチェックしなくちゃです。だめそうな映画が多いけど(笑)

「ドラキュリア」の特典映像は是非チェキしてくださいませ~。
この俳優さんは「シン・シティ」のフランク・ミューラーの「300」でスパルタのレオニダス王を演じるそうでこちらも楽しみにしてます。

さややんさん、古い記事を発掘してくれてありがとう!
ドラキュリア録画はしたんですがまだ観ていないんです。早く観なくちゃ!
フランク・ミューラーの新作に出られるんですか!それはまた必見ですね。覚えておきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『オペラ座の怪人』ジェラルド・バトラーに夢中:

« ハンブルク・バレエ『眠れる森の美女』2/17続き | トップページ | マシュー・ボーン『白鳥の湖』初日2月22日 »