BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 『ニュースの天才』(Shattered Glass) | トップページ | アミューズCQNで『ヴィタール』 »

2004/12/19

市川雷蔵祭 『眠狂四郎 炎情剣』

99年の恵比寿ガーデンシネマでの特集上映の時に3本くらいしか観られなかったので今回はもう少し観たい、と思っていたのに結局忘年会シーズンだったり仕事が忙しかったりで今まで行けず。
シネスイッチ銀座、予想していたけどやっぱり混雑していた。日本映画テレビ技術協会の会員割引が使えないのはどうかと思うが(だってニュープリントというわけでもない旧作なのに何様のつもり)。

隣の『ホワイトライズ』はガラガラだったようだけど、たしかにジョシュ・ハートネットじゃ銀座に来るおばさんは呼べないだろう。いっそのこと雷蔵2館上映にした方が客は入るのでは?今回の映画祭は期間も短いし、上映作品も(快楽亭ブラックさんも毎日新聞で書いていたけど)99年と代わり映えがしていない上、逆に前回は上映して普段は立ち見を出さない恵比寿で立ち見まで出た美空ひばり作品などはかかっていない。雷蔵出演映画はみんな面白いので、もっと色んな作品が観たい。

それと、シネスイッチはたくさんチラシを置いてくれているありがたい劇場なのだが、チラシを見るにつけ改めて近日上映の映画の本数が多いことに驚く。宣伝する側は大変だろう。ほとんどの映画は、パブリシティも広告もほとんど見ないから、きっとすぐに打ち切られてひっそりと消えていくのだろう。時間に余裕がある人はいいけど、普通の人はここまで見切れないだろうし。

さて、三隅研次監督作品の『眠狂四郎 炎情剣』、“女は数限りなく犯してきた”という“悪い男”狂四郎の陰の魅力。夫の敵を討とうとした女ぬいの助太刀を買って出たことから、命を付け狙われることになった狂四郎の話だ。ぬいという女が実はとんでもない悪い女。色香で男をたぶらかしては地獄へと誘う女を、中村玉緒がセクシーに熱演している。着物の上からとはいえ、緊縛シーンまでも披露した玉緒は、出産直後だったとのこと。「明日になればもうお前に興味はない」と冷たく言い放ってぬいを抱く狂四郎、その残酷な魅力がたまらない。でも、何も知らない下女の娘かよにはとても優しい。男でも女でも惚れずにはいられない、そんな危険な魅力を秘めた男なのだ。ラストの一振りでぬいを無情に斬って捨てて立ち去る姿には惚れ惚れ。鳴海屋の食えない主人を演じた西村晃も印象的。

« 『ニュースの天才』(Shattered Glass) | トップページ | アミューズCQNで『ヴィタール』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

三隅研次監督と雷蔵の取り合わせは素晴らしいですね。今回の特集は混んでいたそうで、私は「シルヴィア」を見たときに、ちらと行列を見ただけで、雷蔵特集にはいきませんでした。でも、玉緒との競演シーンなど、文章を読んでまた見たくなりました。
ところで、「日本映画テレビ技術協会の会員割引が使えないのはどうか・・」というところで、ニヤリとしてしまいました。自分も持っているので。謹賀新年。

jokigenさん、あけましておめでとうございます!
コメントありがとうございます。
そう、雷蔵混んでいましたよ。年齢層は高かったけど、フリーパスとか持っている方や、スタンプラリーみたいなのをしている人とか。恵比寿の時はもっと混んでいたかも知れないけど。(普段やらない立ち見も出していた)三隅研次との組み合わせでは、『斬る』などもとても耽美的で好きです。
映画テレビ技術協会の会員証、自分の知り合い以外では持っている人をあまり見たことがないんですよ。仲間だ!使えなかったことは滅多にないから、ちょっと悔しい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市川雷蔵祭 『眠狂四郎 炎情剣』:

« 『ニュースの天才』(Shattered Glass) | トップページ | アミューズCQNで『ヴィタール』 »