2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« マラーホフ&東京バレエ団「白鳥の湖」 | トップページ | 東京フィルメックスとウド・キアー »

2004/11/13

携帯電話水没&ミーシャの「ドン・キホーテ」

久しく残業をしていなかったため、久しぶりに月曜日に11時近くまで仕事をしたら疲れてしまった。今週は一週間ずっとダメダメで、水曜日にはトマトの缶詰の蓋で手をざっくり切ってしまって大流血。今日は携帯電話を会社のトイレに落とした。もちろん携帯はご臨終となり(水没させるのは2回目)、今度からvodafoneは水没は保障制度を使わせてくれなくなったので機種変更することに。というわけで、安くなっていた海外通話対応の機種を購入。もちろん?海外バレエ遠征に備えてである。しかし、ちょっと旧型なので使いにくい。特にメールのうちにくさといったら…。

限定で廉価版が出ていたので、ミハイル・バリシニコフ主演のABT「ドン・キホーテ」のDVDを購入。1983年撮影というからもう20年前である。メトロポリタン・オペラ劇場の緞帳は今と同じに見えるが。
噂に名高いミーシャのバジル役だが、恥ずかしながら観るのは初めて。本当に元気いっぱいで愛嬌があって。でも、アンヘル・コレーラみたいなラテンで能天気系ブンブン丸バジルではなく、いたずらっぽくちょっとセクシーでプレイボーイっぽくて小さいのに素敵。跳躍力があって若々しく、スターの輝きを見せてくれる。闘牛士の踊りとか全然揃っていなくて群舞は雑だけど、ダレるところがなく(いつもだったらちょっと退屈する夢のシーンもないし、ジプシー女のソロなどもない)、スピーディでザッツエンターテインメント!という感じで展開する。背が高くて彫りが深くかっこいいな、と思ったエスパーダ役のパトリック・ビッセルは麻薬の過剰摂取で亡くなってしまっていたのね。

来年のABTの来日公演は「ドン・キホーテ」をやるので楽しみ。バリシリコフ版ではないと思うが。バジル役はアンヘル、ホセ・カレーニョ、マルセロ・ゴメスあたりか?でも、フリオ・ボッカのが観たい。エスパーダはデヴィッド・ホールバーグとゲンナディ・サヴァリエフだろう。キトリはニーナ、パロマ、ジリアンかな?わくわく。

« マラーホフ&東京バレエ団「白鳥の湖」 | トップページ | 東京フィルメックスとウド・キアー »

コメント

きゃー!私の大好きなミーシャの名前がー!それだけで卒倒。
携帯電話はご愁傷様でした。
最近の携帯って、イマイチ納得出来ない値段設定だと思ってしまふ。

chishiさん、こんばんは。
ミーシャといえば、最近のSEX AND THE CITYの出演も良かったですね。かわいくてセクシーなんだな。(いい年した男の人を捕まえて可愛いもないと思うが)
携帯電話は、新機種をいろいろと勧められたのだけど、みんな2~3万するのでそんな金を出せん、とちょっと前の少し分厚いやつにしました。電話番号もかなり紛失するし困ったものだ。
12月にはvodafoneはいろいろとまた出るらしいけど。
料金プランも変わっていて、なんだか前より高くつきそうな予感。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話水没&ミーシャの「ドン・キホーテ」:

« マラーホフ&東京バレエ団「白鳥の湖」 | トップページ | 東京フィルメックスとウド・キアー »