最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

2017/08/18

ウィーン国立バレエ団 マニュエル・ルグリ版『海賊』2018年5月開催決定

いよいよ明日から「ルグリ・ガラ」が始まりますが、マニュエル・ルグリ率いるウィーン国立バレエ団がルグリ版『海賊』を引っ提げて2018年5月に来日公演を行います。

Resize1168

http://www.bunkamura.co.jp/topics/orchard/482.html

近年、一層注目を浴びたのが2016年3月に上演されたマニュエル・ルグリが初の全幕演出を手掛けた新版『海賊』の世界初演。

生前、ルドルフ・ヌレエフが自身の版で上演を夢見て練っていた構想をベースにしているというから興味深いところ。見どころはなんといっても、名匠ルイザ・スピナテッリによるゴージャスな衣裳と舞台美術、ルグリに鍛え抜かれたダンサーだからこそ実現できる超絶技巧が満載の、めくるめく踊りのシーン。

初演には、世界中からバレエ関係者が集まり、バレエ芸術の真髄が集結された圧倒的大作へ絶賛が贈られました。待望の日本初披露となる今回は、ウィーン国立バレエ団の生え抜きダンサーはもとより、ゲストプリンシパルも交え、バレエ界一の完璧主義者マニュエル・ルグリが生んだ『海賊』を上演します。


ウィーン国立バレエ団 マニュエル・ルグリ版『海賊』日本初演

【公演日程】 2018年5月10日(木)~13日(日)

【会場】 Bunkamuraオーチャードホール

【主催】 Bunkamura

【企画協力】 ベルチェアソシエイツ

【お問合せ】 03-3477-3244(10:00~19:00)

[大阪公演] 2018年5月中旬 フェスティバルホール


※キャスト、チケット情報などの詳細は今秋以降、決定次第Bunkamuraホームページなどで発表いたします。
※2017年8月18日現在の情報です。変更になる場合がございます。

なお、マニュエル・ルグリ振付 ウィーン国立バレエ「海賊」(Blu-ray)は8月下旬に新書館から発売される予定です。
http://www.fairynet.co.jp/SHOP/4560219324381.html

【出 演】
コンラッド(海賊の首領):ロバート・ガブドゥーリン
メドーラ(ギリシャの娘):マリア・ヤコヴレワ
ギュルナーレ(メドーラの友人):リュドミラ・コノワロワ
ランケデム(バザールの主/奴隷商人):キリル・クルラーエフ
ビルバンド(コンラッドの友人):ダヴィデ・ダト
オダリスク:ナターシャ・マイヤー/ニーナ・トノリ/プリスカ・ツァイゼル
ウィーン国立バレエ
ウィーン国立歌劇場バレエ学校

振付・演出:マニュエル・ルグリ
音楽:アドルフ・アダン ほか
美術・衣裳:ルイザ・スピナテッリ
指揮:ワレリー・オフジャニコフ
演奏:ウィーン国立歌劇場管弦楽団

【特典映像】
インタビュー マニュエル・ルグリ
リハーサル映像

2017/08/16

勅使川原三郎さんがフランスの芸術文化勲章を受章/「月に吠える」プロモ映像

ダンサーで振付家の勅使川原三郎さんが、フランスの芸術文化勲章オフィシエを受章することとなりました。

http://www.st-karas.com/news_jp/

http://www.asahi.com/articles/ASK8J5DNVK8JUCVL01G.html

叙勲の伝達式は「月に吠える」公演初日の8月24日(木)の公演後に舞台上で行います。
(初日の公演に来場されたお客様は公演後、伝達の式典に参列できます)

日本におけるフランス文化の紹介者、普及の実務者、あるいは支援した人が叙勲の対象になります。
駐日フランス大使と協議し、在日フランス大使館文化部、もしくはフランス本国で直接、文化通信省が推薦します。
決定権はフランス文化通信大臣にあります。

国際的に活躍する勅使川原さんは、自身のカンパニーKARASと共に、今年もフランスはパリのシャイヨ―宮で「Flexible Silence」、そしてフランス・マルティーグにて、「Sleeping Water」を上演しました。また今年の10月には、パリ・オペラ座バレエに新作を振付けることになっています。

芸術文化勲章オフィシエは過去、映画監督の高畑勲さん、音楽家の坂本龍一さん、前衛芸術家の草間彌生さんらに授与されていますが、ダンス界ではあまり例はないと思います。(牧阿佐美さん、田中泯さん、山海塾の天児牛大さんがシュヴァリエ、彩の国さいたま芸術劇場のプロデューサー佐藤まいみさんがオフィシエを受章しています)
ここ10年間に約120人の日本人が芸術文化勲章を受勲しています。

おめでとうございます。

<伝達式について>
2017 年 8 月 24 日(木)
19:30 公演「月に吠える」 / 20:30 頃より 叙勲伝達式

場所 東京芸術劇場プレイハウス
(東京都豊島区西池袋1-8-1)
★公演は 8 月 25 日〜27 日も同会場で開催しております

*******
さて、8月24日から東京芸術劇場で上演される「月に吠える」プロモーションビデオがアップされています。今回日本では初出演となる、キアラ・マリア・メツァトリとパスカル・マーティも登場します。

https://vimeo.com/229374567


月に吠える プロモーションビデオ from Saburo Teshigawara/KARAS on Vimeo.

なお、8月11日には、「勅使川原三郎が萩原朔太郎に吠える!」と題したトーク&イベントが開催されました。
原作の作者である萩原朔太郎の孫の萩原朔美氏と、今回の作品のチラシやポスターなどのアートディレクションを手がけた榎本了壱氏が勅使川原三郎さんと対談しました。また、初演に先駆けて佐東利穂子さんが特別に30分のソロを踊りました。

Tukinihoeru3
©︎KARAS

対談では、勅使川原さんのダンスに対する考え、今回の「月に吠える」についての考えが聞けてとても興味深かったです。

萩原朔太郎の詩集「月に吠える」は、勅使川原さんが高校生のころから、そのユニークな言葉遣いや視点、現れる特異な動きなどに魅せられてきました。いつかは作品にしようと思っていたのですが、ダンスフォーラムで3度目の受賞をした時に、今回の対談にも出席しているアートディレクターの榎本了壱さんに「次は何の作品にするの?」と聞かれ、目にした本が「月に吠える」であり、ちょうど今年が刊行100周年であると榎本さんに聞いたとのことです。

ダンスにするにあたり、動きとして記憶すること、匂い、体験するような気持ち、ダンスという形でこの作品に近づいているというものにしようと考えられているそうです。抽象的というにはあまりに具体的で、もっと深いもの、奈落に落とされるようなもの、とがったものを突きつけられるような痛みのあるもの、気持ちよく蠱惑させられるものという朔太郎の詩の世界は、身体的、身体で感じるものであり、身体に響かせるものであると感じているそうです。

「身体を文学から翻訳しているわけではなく、全く別のものとして引き出しています。文字に書かれている作品と同じ時にいられるようにしています」

「詩を読むと、ダンスとは形が動いているものであり、詩も静止しているようで決して止まっていない、生きているものとして動いていると感じます」

また、萩原朔太郎の詩には色彩を感じさせるものが多いのですが、萩原朔美さんによれば「白」が一番多く登場するのだそうです。白は光の乱反射の極限化されたものであり、光の象徴である、という話から、勅使川原さんがガラスを割ったり砕いたガラスを使った作品を多く振付けているという話につながりました。ガラスは透明だけど、砕いていくと白になります。その中に沈殿する感覚や距離感覚、何層も蓄積されて見える色、痛みを感じる色となるのです。

佐東利穂子さんのソロは、習作であり、実際に今回の作品でこれが使われるかどうかはまだ未定とのことでした。いつもながらの強靭でしなやか、ダイナミックな動きがある中でも、今まで観たことがないようなボキャブラリー、動きが含まれており、「月に吠える」がどのような作品となるか、期待が膨らみました。

ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校から世界へ 〜二人の少女の物語〜

WOWOWで8月20日に「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校から世界へ 〜二人の少女の物語〜」というドキュメンタリーが放映されます。

http://www.wowow.co.jp/detail/110023/-/01

8/20(日)よる8:30 WOWOWプライム
8/31(木)深夜1:00 WOWOWプライム

これは、やはりWOWOWで2016年に放送した「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 〜くるみ割り人形への110日〜」に登場した、ワガノワ・アカデミーの二人の生徒、ヴェーラ・セゴーワエレオノラ・セヴェナルドのその後を追ったものです。

「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 〜くるみ割り人形への110日〜」は、ワガノワでの熾烈な主役争いをシビアに追った、大変興味深いドキュメンタリーでした。その後の二人の様子が見られるのは、とても楽しみです。

2016年に放送した「ノンフィクションW ワガノワ 名門バレエ学校の秘密 〜くるみ割り人形への110日〜」では、ロシア・サンクトペテルブルクにあるバレエ学校ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーに通う子どもたちの熾烈な主役争いに迫った。今回は登場した2人の少女にスポットを当て、彼女らのシーンを再編集、さらにその後を追う。

1738年に設立されたワガノワはロシア最古のバレエ学校で、バレエ史に残るダンサーを多数輩出してきた。8年制の学校だが、難関を突破し入学しても、才能を見限られた者は容赦なく退学させられる。ワガノワでは毎年クリスマス公演が開催される。会場はマリインスキー劇場。ヴェーラ・セゴーワは8年生当時、主役の最有力候補だったが本番直前のミニコンサートで失敗し降板。1学年下のエレオノーラ・セヴェナルドに役を譲った苦い経験がある。

そんなヴェーラも2016年夏に卒業。結局憧れのマリインスキーバレエ団ではなくドイツのバイエルン国立バレエ団への入団を選択。ワガノワ出身の芸術監督に誘われての入団だったが、最初から最前列で踊れるほど甘くはなく、群舞の一員として厳しい練習を重ねている。一方、順調に学生生活を送っていたエレオノーラも卒業を控え進路決断の時を迎えた。6月、マリインスキー劇場での卒業公演の舞台に立つエレオノーラ。果たして彼女はどんな未来を選択したのか。(2017年)

ここでは言及されていませんが、エレオノラ・セヴェナルドはロマノフ王朝末期にマリインスキーに君臨したプリマ・バレリーナ・アッソールタ、マチルダ・クシェシンスカヤと血縁関係にあり、またワガノワでも最も優秀な生徒として注目を浴びてきました。そして最近のワガノワ最優秀生徒の例にもれず、マリインスキー・バレエではなく、ボリショイ・バレエに入団を決めたそうです。


この番組のプロデューサーを務めた方のインタビューが毎日新聞のWebに載っていましたが、大変興味深い話が書いてあります。
https://mainichi.jp/articles/20170815/dyo/00m/200/003000c

――番組を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったエピソードは?

 番組で追った少女のうち1人が卒業後、独バイエルン国立バレエ団に進んだのですが、新芸術監督を迎えたばかりでさまざまな論議が巻き起こっている最中だったため、なかなかバレエ団の取材ができなかったのが大変でした。一般的にも、多くの少年少女たちがしのぎを削って役獲得を目指しているところ、特定の人に取材カメラが入ること自体、不穏な空気を巻き起こすようでした。

 もともと役を巡っての熾烈(しれつ)な争いを中心に「スポ根」的なストーリーを想定していたのですが、ライバルや誰かとの比較で……というよりは「自己」を確立し「少女」から大人のプロバレリーナとして羽ばたいていく過程を描けたと思います。


エレオノラ・セヴェナルドを取り上げたロシアの番組(ワガノワ・アカデミーの公式YTチャンネルより)

ペテルブルグのバレリーナ―クシェシンスカヤの回想録ペテルブルグのバレリーナ―クシェシンスカヤの回想録
マチルダ・F・クシェシンスカヤ 関口 紘一

平凡社 2012-01-26
売り上げランキング : 128112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017/08/12

ロイヤル・オペラハウスシネマシーズン 『真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン』

ロイヤル・オペラハウスシネマシーズン2016/17、バレエの最後を飾る 『真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン』 (9月1日より公開)の試写を拝見してきました。

http://tohotowa.co.jp/roh/movie/the_dream.html

The_dream_the_royal_ballet_2012_ste

フレデリック・アシュトン振付の3作品によるトリプルビルです。本編前に流れた映像では、出演者たちがアシュトン作品の魅力を語りました。


真夏の夜の夢 The Dream

【振付】フレデリック・アシュトン
【音楽】フェリックス・メンデルスゾーン
【指揮】エマニュエル・プラッソン
【出演】高田茜(ティターニア)/スティーヴン・マックレー(オベロン)/ヴァレンティノ・ズケッティ(パック)/ベネット・ガートサイド(ボトム)/クレア・カルヴァート(ハーミア)/マシュー・ボール(ライサンダー)/イツィアール・メンディザバル(ヘレナ)/トーマス・モック(デミトリアス)

当初サラ・ラムがタイターニア役を予定されていたのが怪我降板で、高田茜が演じることに。先日も「バレエ・スプリーム」で最後のパ・ド・ドゥを高田さんは踊られたけれど、やはりオベロン役がスティーヴン・マックレーだとずっと映える。アシュトン特有の非常に素早い足の動き、上半身の捻じ曲げ、ピタッと音に合わせて止まるなどの難しい技術を楽々とこなしていた。ボリショイで学んだ高田さんは、とてもやわらかく雄弁な手足の動きをしていて、アシュトンとは相性が合わないのかな、と思っていたけど、確かに柔らかすぎるところはあったものの、これだけ音楽性もしっかりとしていて技術も見事だと気にならない。タイターニアは最初はインドの小姓さんにご執心で、それから薬草の作用でボトムに惚れこみ、最後はオベロンと愛を確かめ合うといった風にロマンティックさと少しの色っぽさが必要なのだけど、演技の面でも、高田さんはチャーミングで、ロバのボトムとのコミカルな絡み、ラストのとろけそうになっている愛の交歓と表現力豊かだった。そして高田さんも、マックレーも、とにかく軽やかなので、とても妖精っぽく見えるのが良かった。

スティーヴン・マックレーが素晴らしいのは、改めて言うまでもない。2007年に東京バレエ団へのゲスト出演で、ヨハン・コボーの代役としてアリーナ・コジョカルを相手にこの役を踊っているけど、あれから10年、大プリンシパルとなった。オベロンのメイクや衣装も良く似合うし、妖精王としての威厳もたっぷり。人間離れしたような高速シェネや軽やかな跳躍、見事な音楽性と素早い動きでも美しさを保ち続けられている。

ヴァレンティノ・ズケッティのパックは、いたずらっぽいキャラクター造形がしっかりできていて、やはり軽やかな跳躍を見せてくれた。オベロンと一緒に踊るところも、マックレーと息がとても合っている。ボトム役のベネット・ガートサイドは、ポワント使いも巧みで、ユーモラスなところに少しの悲哀も感じさせて良かった。また、恋人たち2組のコミカルな演技も楽しい。妖精たちのアンサンブルも、素早いアシュトン独特の動きをしっかりととらえていた。

ポワントをリハーサルするベネット・ガートサイドの映像


シンフォニック・ヴァリエーションズ Symphonic Variations

【振付】フレデリック・アシュトン
【音楽】セザール・フランク
【指揮】エマニュエル・プラッソン
【出演】マリアネラ・ヌニェス/ワディム・ムンタギロフ/崔由姫/ヤスミン・ナグディ/ジェームズ・ヘイ/トリスタン・ダイヤー

『シンフォニック・ヴァリエーションズ』はフレデリック・アシュトンの戦後まもなく振付けられ、今年で初演70周年を迎えるプロットレスの作品。幕間の映像で、初演キャストを務めたヘンリー・ダントンが登場した。御年98歳とのことだけど、驚くほどの美貌(今も現役で教えているそうだ)。当時は戦後間もないため、食料も不足しており、ダンサーたちはやせ衰えた状態で必死に踊ったとのこと。同じく初演キャストを務めたダンサーはマーゴ・フォンテーン、モイラ・シアラー、マイケル・サムズほか。

初演後70年経った『シンフォニック・ヴァリエーションズ』は、少々古さは否めないが、セザール・フランクの美しい音楽にぴたりと合った振付には、派手さはないけれども高度な技術と音楽性が要求される。男女3人ずつのペア。アシュトンならではの細かい音の合わせ方や上半身の使い方、観る音楽という趣の作品で、メーンのマリアネラ・ヌニェスとワディム・ムンタギロフを始め、6人は完璧に踊りきった。


マルグリットとアルマン Marguerite and Armand
【振付】フレデリック・アシュトン
【音楽】フランツ・リスト
【指揮】クン・ケセルス
【出演】ゼナイダ・ヤノウスキー(マルグリット)/ロベルト・ボッレ(アルマン)/クリストファー・サウンダーズ(アルマンの父)/ギャリー・エイヴィス(公爵)

『マルグリットとアルマン』のこの公演で、ゼナイダ・ヤノウスキーが23年間のロイヤル・バレエでの現役ダンサーとしての活動に別れを告げた。幕間映像では、『白鳥の湖』、『エリザベス』、『不思議の国のアリス』、『冬物語』といった代表的な役柄の映像を見ながら、彼女はダンサー生活について振り返った。ヤノウスキーはマルグリットを演じるには知的過ぎるイメージがあるものの、深みのある演技で、死にゆくマルグリットの心情を演じて説得力があった。個人的にも、今まで観た『マルグリットとアルマン』の中では最も感動的なパフォーマンスに感じられた。美しく、賢く、そして儚く慎ましい女性像が伝わってきた。アルマンの父に対して切々と心境を訴える様子も切ない。パートナーのロベルト・ボッレは、サポートが実に素晴らしく、大柄なヤノウスキーを見事にサポートして彼女の大きさを感じさせなかった。ソロの技術にも全く衰えはなく、若い恋人役を情熱的に演じていた。40歳を過ぎているのに、奇跡の若々しさだ。

引退公演なので、カーテンコールも感動的だった。ロイヤル・バレエの男性プリンシパルダンサーたちが一人一人花束を持って感謝を表し、カルロス・アコスタも登場。そしてジョナサン・コープ、アンソニー・ダウエル、クリストファー・カーといった教師陣、リアム・スカーレット、ウィル・タケット、そして夫君のサイモン・キーンリーサイドらも次々に花束を持って現れた。また、舞台上にはモニカ・メイソン、そして私服で現れた現役ダンサーたちも。芸術監督のケヴィン・オヘアは、ヤノウスキーへの謝辞を述べるとともに、ロイヤル・バレエのプリンシパルとしては今日が最後だけど、今後もアーティストとしてロイヤル・バレエに貢献してほしいと語った。客席からも花が降り注ぎ、同僚やファンにどれほど彼女が愛されているのかが実感できて、じーんと感動が伝わってきた。

素晴らしいパフォーマンスだったけど、この映像はDVD化されないとのことなので、ぜひ映画館でこの感動を味わってほしいと思う。

公開予定
東京 TOHOシネマズ日本橋 2017/9/1(金) ~2017/9/7(木)
東京 TOHOシネマズ六本木ヒルズ 2017/9/1(金) ~2017/9/7(木)
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森 2017/9/1(金) ~2017/9/7(木)
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 2017/9/1(金) ~2017/9/7(木)
ほか
http://tohotowa.co.jp/roh/movie/the_dream.html

なお、既報の通り、ロイヤル・オペラハウスシネマシーズンは2017-18シーズンも継続します。バレエも全6作品公開してくれるので楽しみですね。

2017/08/10

8月12日放送「世界ふしぎ発見!」でパリ・オペラ座、オニール八菜さん出演

8/12(土)夜9時からの「世界ふしぎ発見」(TBS)では、”劇的空間 パリ誕生の秘密”を放送します。

http://www.tbs.co.jp/f-hakken/next/p_2.html

パリ・オペラ座バレエ団のクラス風景や、本公演に出演するオニール八菜さんへのインタビューなど、見どころ満載です。マチュー・ガニオのインタビューもあるとのことです。

オニール八菜さん、そしてマチュー・ガニオを次に日本で観られるのは、来年1月の「ル・グラン・ガラ」、楽しみですね。

http://www.tbs.co.jp/event/parisopera-gala/

2017/08/08

ハンブルク・バレエ団2018年日本公演 公演概要

ハンブルク・バレエ団2018年日本公演の公演概要が発表されています。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/-2018.html

「椿姫」 プロローグ付全3幕
アレクサンドル・デュマ・フィスの小説に基づく

音楽:フレデリック・ショパン 振付・演出:ジョン・ノイマイヤー(1978年) 美術・装置:ユルゲン・ローゼ 


2月2日(金)18:30 
(マルグリット)アリーナ・コジョカル  (アルマン)アレクサンドル・トルーシュ 
(マノン)シルヴィア・アッツォーニ  (デ・グリュー)アレクサンドル・リアブコ
(デュヴァル氏)カーステン・ユング  (プリュダンス)菅井円加 
(ガストン)カレン・アザチャン  (オランピア)フロレンシア・チネラート


2月3日(土)14:00 
(マルグリット)アンナ・ラウデール   (アルマン)エドウィン・レヴァツォフ
(マノン)カロリーナ・アグエロ    (デ・グリュー)クリストファー・エヴァンズ
(デュヴァル氏)イヴァン・ウルバン  (プリュダンス)パトリシア・フリッツァ
(ガストン)マティアス・オベリン (オランピア)シュー・リン


2月4日(日)14:00 
(マルグリット)エレーヌ・ブシェ   (アルマン)クリストファー・エヴァンズ
(マノン)有井舞耀    (デ・グリュー)カレン・アザチャン
(デュヴァル氏)ダリオ・フランコーニ (プリュダンス)レスリー・ヘイルマン 
(ガストン)ヤコポ・ベルーシ  (オランピア)エミリー・マゾン


ガラ公演 〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉 2部構成 

「キャンディード序曲」「アイ・ガット・リズム」「くるみ割り人形」「ヴェニスに死す」「ペール・ギュント」「マタイ受難曲」「クリスマス・オラトリオ」「ニジンスキー」「ハムレット」「椿姫」「作品100─モーリスのために」「マーラー交響曲第3番」より

音楽:バーンスタイン、ガーシュウィン、チャイコフスキー、バッハ、ワーグナー、シュニトケ、ショスタコーヴィチ、ティペット、ショパン、サイモンとガーファンクル、マーラー
振付・演出・語り:ジョン・ノイマイヤー 

2月7日(水)19:00  カンパニー総出演


「ニジンスキー」 全2幕 
音楽:フレデリック・ショパン、ロベルト・シューマン、ニコライ・リムスキー・コルサコフ、ドミトリー・ショスタコーヴィッチ
振付・舞台装置・衣裳:ジョン・ノイマイヤー 


2月10日(土)14:00 
(ニジンスキー)アレクサンドル・リアブコ   (ディアギレフ)イヴァン・ウルバン   (ロモラ)エレーヌ・ブシェ
(ブロニスラヴァ・ニジンスカ)パトリシア・フリッツァ (スタニスラフ・ニジンスキー)アレイズ・マルティネス 
(タマラ・カルサーヴィナ)シルヴィア・アッツォーニ (レオニード・マシーン)ヤコポ・ベルーシ 

【ダンサーとして役を演じるニジンスキー】
(『謝肉祭』のアルルカン)アレクサンドル・トルーシュ   (『ばらの精』)アレクサンドル・トルーシュ (『シェエラザード』の黄金の奴隷)カレン・アザチャン (『遊戯』の青年)ヤコポ・ベルーシ (『牧神の午後』の牧神)カレン・アザチャン 
(ペトルーシュカ)ロイド・リギンズ

2月11日(日)14:00  
(ニジンスキー)アレクサンドル・トルーシュ   (ディアギレフ)カーステン・ユング   (ロモラ)カロリーナ・アグエロ
(ブロニスラヴァ・ニジンスカ)レスリー・ヘイルマン (スタニスラフ・ニジンスキー)コンスタンティン・ツェリコフ 
(タマラ・カルサーヴィナ)シュー・リン (レオニード・マシーン)リロイ・ブーン 

【ダンサーとして役を演じるニジンスキー】
(『謝肉祭』のアルルカン)クリストファー・エヴァンズ   (『ばらの精』)クリストファー・エヴァンズ (『シェエラザード』の黄金の奴隷)マルク・フベーテ (『遊戯』の青年)リロイ・ブーン (『牧神の午後』の牧神)マルク・フベーテ 
(ペトルーシュカ)ロイド・リギンズ

2月12日(月・祝)14:00
  
(ニジンスキー)アレクサンドル・リアブコ   (ディアギレフ)イヴァン・ウルバン   (ロモラ)エレーヌ・ブシェ
(ブロニスラヴァ・ニジンスカ)パトリシア・フリッツァ (スタニスラフ・ニジンスキー)アレイズ・マルティネス 
(タマラ・カルサーヴィナ)シルヴィア・アッツォーニ (レオニード・マシーン)ヤコポ・ベルーシ 

【ダンサーとして役を演じるニジンスキー】
(『謝肉祭』のアルルカン)アレクサンドル・トルーシュ   (『ばらの精』)アレクサンドル・トルーシュ (『シェエラザード』の黄金の奴隷)カレン・アザチャン (『遊戯』の青年)ヤコポ・ベルーシ (『牧神の午後』の牧神)カレン・アザチャン 
(ペトルーシュカ)ロイド・リギンズ

※記載の配役は2017年8月1日現在の予定です。

■ 会場:東京文化会館(上野)

■ 演奏:「椿姫」は東京フィルハーモニー交響楽団、〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉と「ニジンスキー」は特別録音による音源を使用します。

----------------------------------------------------------


■ 入場料(税込み) 
S=\23,000 A=\20,000 B=\17,000 C=\14,000 D=\11,000 E=\8,000 
未就学児童のご入場はお断りします。


特別割引のご案内

●セット券特別割引[S、A、B席]  先行発売期間にセットでお買い上げいただくと、最大で9,000円お得!

・「椿姫」「ニジンスキー」〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉のうち、2演目または3演目を同時に、同一枚数お買い上げいただくと、販売期間別に下記の金額を割引します。
・セット券はS、A、B席を対象とし、公演日およびS、A、B席の別は自由にお選びいただけます。

■ NBS WEBチケット先行発売期間(9/15~9/27)
S:1枚につき3,000円、A:1枚につき2,500円、B:1枚につき2,000円を割引

■ 一斉発売後(10/7以降~) S、A、Bとも1枚につき1,000円を割引 ※NBSのみ

●NBS WEBチケット特別先行割引[S、A、B席単独券]

S:1枚につき2,000円、A:1枚につき1,500円、B:1枚につき1,000円を割引


■ NBS WEBチケット 座席選択先行発売(S~D) 
 セット券 9/15(金)21:00~9/27(水)18:00  単独券 9/20(水)21:00~9/27(水)18:00
 *ご利用いただく際には、事前に会員登録(登録料・年会費は無料)が必要となります。

■ 一斉発売 10月7日(土) 10:00より

■ お問い合わせ お申し込み
NBS WEBチケット  
NBSチケットセンターTEL 03-3791-8888(平日10:00~18:00、土曜10:00~13:00)


■主催:公益財団法人日本舞台芸術振興会/日本経済新聞社 

----------------------------------------------------------

※なお、京都公演もあります。
http://rohmtheatrekyoto.jp/program/6776/

「京都賞」受賞 ジョン・ノイマイヤー振付・演出
ハンブルク・バレエ団
ガラ公演<ジョン・ノイマイヤーの世界>


2018年2月17日(土)

開演時間 14:00
ロームシアター京都

出演
振付・演出・ナレーション:ジョン・ノイマイヤー
ハンブルク・バレエ団

予定演目
『キャンディード序曲』、『アイ・ガット・リズム』、『くるみ割り人形』、『ヴェニスに死す』、
『ペール・ギュント』、『マタイ受難曲』、『クリスマス・オラトリオⅠ-Ⅵ』、『ニジンスキー』、
『ハムレット』、『椿姫』、『作品100―モーリスのために』、『マーラー交響曲第3番』

上演時間
約3時間(予定)

お問合せ先
ロームシアター京都チケットカウンター
TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

また、本公演に関連して、 バレエを学ぶ子どもたち対象とした特別レッスンを予定しているそうです 。
(詳細はあらためて発表)

発売日
2017年9月24日(日)
※先行発売:2017年9月17日(土)10:00~ フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

チケット取扱窓口
ロームシアター京都オンラインチケット ほか


---------------------------------------------------------
「椿姫」「ニジンスキー」という代表作、そして昨年の来日公演でも素晴らしかった「ジョン・ノイマイヤーの世界」の上演もあり、とても嬉しい来日公演です。出演者も、ニジンスキーといえばこの人のアレクサンドル・リアブコ、そして、素晴らしいシルヴィア・アッツオーニ。さらにアリーナ・コジョカルは「椿姫」でゲスト出演します。楽しみですね。

【勅使川原三郎が萩原朔太郎に吠える!】新作ダンス公演「月に吠える」プレイベント:ダンス&トーク8月11日開催

KARASではこの度、8月の東京芸術劇場での新作ダンス公演「月に吠える」に先駆け、プレイベント:ダンス&トーク「勅使川原三郎が萩原朔太郎に吠える!」を緊急開催することとなりました。

このプレイベントでは、勅使川原さんが新作「月に吠える」について語り、
朔太郎の孫であり、萩原朔太郎記念・前橋文学館の館長である萩原朔美さんが朔太郎の詩について語り、
「月に吠える」公演のチラシやポスターのアートディレクター・榎本了壱さんも司会に加わって、
勅使川原、萩原さん、榎本さんの3人で朔太郎について語ります。
また佐東利穂子さんによるダンスも必見です。

Tukinihoeru2

=======
新作ダンス公演「月に吠える」プレイベント:ダンス&トーク
「勅使川原三郎が萩原朔太郎に吠える!」

出演:勅使川原三郎(トーク)
   萩原朔美(トーク・朗読)
   榎本了壱(司会)
   佐東利穂子(ダンス)

開催日時:2017年8月11日{金・祝日} 18:00開演(17:45開場・受付開始)
会場:カラス・アパラタスB2ホール
   東京都杉並区荻窪5-11-15 F1/B1/B2
   JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線「荻窪」駅下車 西口改札 徒歩3分
料金:4,500円

予約:
・メール予約 apparatus@st-karas.com
件名を「トーク予約」とし、氏名・枚数・携帯電話等当日連絡のつく電話番号・郵便番号・住所を
  ご記入の上、上記メールアドレスまでメールでお申し込みください。
・電話予約 03-6276-9136(カラス・アパラタス)まで電話でお申し込みください。
*予約は当日の正午まで受け付けております。
*イベント当日に会場で公演チケットをご購入の場合、S席が500円割引になります。(1人につき1枚まで)
*すでに公演チケットをお持ちの方は受付にご提示ください。料金が500円引きになります。(本人のみ)

問合せ:カラス・アパラタス TEL:03-6276-9136


勅使川原三郎さんの新作「月に吠える」については、タワーレコードのフリーマガジン「Intoxicate」に、私が勅使川原さんにインタビューした記事が掲載されています。(WebサイトMikikiでも読むこがとできます)
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/14457

また、東京芸術劇場のフリーペーパー芸劇BUZZでも、紹介文を書かせていただいています。
https://geigeki.jp/ch/images/buzz/2017_20/04.pdf

「月に吠える」


振付・照明・衣装・選曲・出演:勅使川原三郎

出演:佐東利穂子 鰐川枝里 マリア・キアラ・メツァトリ 
   パスカル・マーティ(イエテボリ・オペラ・ダンス・カンパニー)

日時:2017年
8月24日(木)19:30、25日(金)19:30、26日(土)16:00、27日(日)16:00

場所:東京芸術劇場プレイハウス

料金 *全席指定席【前売り開始 6月10日(土)】
S席 5,000円 A席 3,500円 
*25歳以下(A席)2,500円 65歳以上(S席)4,000円 高校生割引1,000円
(前売のみ・枚数限定)

チケット取扱:

・東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10-19時)
http://www.geigeki.jp/t/(PC) http://www.geigeki.jp/i/t/(携帯)
・チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード:459-758] http://pia.jp/t/(PC・携帯)
・イープラス http://eplus.jp/(PC・携帯)
・ローソンチケット 0570-000-407(オペレーター対応10-20時)


読売新聞に8月3日に掲載された勅使川原三郎さんのインタビュー記事も興味深いものでした。「月に吠える」についての話と併せ、ニューヨーク、リンカーンセンターでの「Sleeping Water」上演、また今年の10月末よりパリ・オペラ座で上演される新作についても語っています。オペラ座での新作(エサ・ペッカ・サロネンのヴァイオリンコンチェルトを使用)はすでにリハーサルが始まっており、マチュー・ガニオも出演する予定で稽古をしているとのことです。


2017/08/04

ル・グラン・ガラ 2018 ~パリ・オペラ座バレエ団トップダンサーたちによる華麗なる宴~ 2018年1月シアターオーブにて

フィレンツェ・バレエの元芸術監督で、現在イタリアを中心に活躍する振付家ジョルジオ・マンチーニが、絶対的人気と実力を誇るパリ・オペラ座のなかでも群を抜く人気エトワール、マチュー・ガニオドロテ・ジルベールのために創作した《トリスタンとイゾルデ》が、いよいよ日本に上陸します。


Tristan_and_isolde
(c) James Bort

http://theatre-orb.com/lineup/18_legrand/


《トリスタンとイゾルデ》は、ワーグナー愛好家のマンチーニが長い間あたためてきた作品で、2011年に遡ります。フィレンツェ市内のストロツィ宮の中庭で、公開創作というイヴェントを開催。その時に『トリスタンとイゾルデ』(リスト編曲)の音楽でデュオを創った。そこから発展して生まれたのが、同年12月28日に初演された『トリスタンとイゾルデ』です。たった二人のダンサーが支える舞台なので、技術的にも芸術的にも厚みのあるダンサーがマンチーニには必要だった。そうしたダンサーの候補としてイゾルデに必要な強さがドロテにあり、トリスタンに必要なセンシビリティがマチューにあるということで、この二人に声をかけたところ、共に創作することが決まったという。

パ・ド・ドゥには<プレリュード>、<第2幕の愛のシーン>、<3幕のプレリュードとイゾルデの愛のシーン>が使用されている。ベジャール・バレエ出身のマンチーニはコンテンポラリー振付家とはいえ、この作品では、ドロテにポワントを履かせ、トリスタンとイゾルデの愛の“物語バレエ”として、大きな感動を観客に与える。

舞台衣裳を担当するのは、パリで活躍する中国人クチュリエ・デザイナー、イーチン・イン。
映像は、ファッション写真、ラガーフェルドなどのプロモーション映像などで有名なカメラマン、ジェームス・ボールト。

日本公演では、これに加え《ヴェーゼンドンク歌曲(世界初演)》が上演されます。飛ぶ鳥を落とす勢いの若手ダンサー、オニール八菜、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャンというバレエファン垂涎の豪華キャストが決定。新しい感動を日本の皆様に贈りたい。

マンチーニの美しいデュオ『トリスタンとイゾルデ』は、ドロテ・ジルベールとマチュー・ガニオにより、2016年1月の「月夜に煌めくエトワール」でパ・ド・ドゥが上演され、全体を観たいという声が多く出ていました。なので今回の公演は本当に楽しみです。

「バレエ・スプリーム」でその輝きを見せてくれた>オニール八菜、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャンを観ることができるのも嬉しいですね。


<公演日程>

2018/1/11(木)~1/13(土)

<曲目・演目>

「トリスタンとイゾルデ」(日本初演)
振付:ジョルジオ・マンチーニ 音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ

「ヴェーゼンドンク歌曲集」(世界初演)
振付:ジョルジオ・マンチーニ 音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、オニール八菜
スタッフ

振付:ジョルジオ・マンチーニ 音楽:リヒャルト・ワーグナー

<出演>

マチュー・ガニオ(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
ドロテ・ジルベール(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
ジェルマン・ルーヴェ(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
ユーゴ・マルシャン(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
オニール八菜(パリ・オペラ座バレエ団プルミエール・ダンスーズ)

※出演者は2017年8月1日現在の予定です。

<会場>

東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)

[主催]
TBS
[企画協力]
ベルチェ・アソシエイツ

<チケット情報>
料金

S席 14,000円 A席 10,000円 B席 7,000円(全席指定・税込)

一般発売

2017/9/24(日)

※一般発売初日<9/24>は、Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999及びオンライン販売のみでの受付。
 店頭販売はございません。

チケット取扱い

チケット購入ガイド
<Bunkamura チケットセンターでのお申込み>

お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター<10:00~17:30>
03-3477-9999

カウンターでのお申込み

東急シアターオーブチケットカウンター<11:00~19:00>(渋谷ヒカリエ2F)
Bunkamuraチケットカウンター<10:00~19:00>(Bunkamura1F)

お問合せ

チケットスペース 03-3234-9999(月~土 10:00~12:00/13:00~18:00)


2017/08/03

ディズニーの実写版『くるみ割り人形』、ラッセ・ハルストレム監督、キーラ・ナイトレイ、ミスティ・コープランド、セルゲイ・ポルーニンら出演

ディズニーが実写版映画『くるみ割り人形』を製作するというニュースは以前に発表されていましたが、キャスト、公開日程が明らかになっています。

http://www.insidethemagic.net/2017/07/d23-expo-2017-nutcracker-four-realms-release-date-announced-walt-disney-studios/

http://www.slashfilm.com/the-nutcracker-and-the-four-realms-details-revealed/

http://www.imdb.com/title/tt5523010/

監督はラッセ・ハルストレム(『ギルバート・グレイプ』『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』『砂漠でサーモン・フィッシング』)。
出演は、金平糖の精にキーラ・ナイトレイ、ドロッセルマイヤーにモーガン・フリーマン、ジンジャーおばさんにヘレン・ミレン、クララにマッケンジー・フォイと、とても豪華です。

そしてミスティ・コープランドがバレリーナ役、役名は書いていませんがセルゲイ・ポルーニンも出演者の中に名前があります(踊る役なので金平糖の王子ではないかと)。

CGをふんだんに使ったプロダクションで、ねずみの王様は1000匹以上のねずみで表現されるのだけど、とても驚異的でクールな動きをさせるために、リル・バックのダンスの動きを捉えて表現させたとのことです。

題名は‘The Nutcracker and the Four Realms’ で、2018年11月2日公開予定です。

2017/08/02

ボリショイ・バレエの人事情報

ボリショイ・バレエを巡っては、日本でも大きく報道された、ユーリ・ポソホフ振付の新作『ヌレエフ』の上演延期問題がありました。この件について記事を書こうと思ったのですが、他で書いていらっしゃる方もいますし、また落ち着いた時にでも書こうかと思っています。


さて、ボリショイ・バレエでは、少し前になりますが、7月1日付でヴャチェスラフ・ロパーティンがプリンシパルに昇進しました。
http://www.bolshoi.ru/en/

ロパーティンは、2014年9月に、東京バレエ団の『ドン・キホーテ』に夫人のアナスタシア・スタシュケヴィチと共にゲスト出演しています。怪我で降板したデヴィッド・ホールバーグの代役でしたが、高いテクニックとチャーミングなキャラクターの持ち主でとても好評でした。
http://www.nbs.or.jp/stages/1409_donquixote/cast.html

2003年に入団したロパーティン、現在はボリス・アキモフに師事しています。小柄なので王子を演じることは少ないですが、実力は折り紙付きです。最近では、モスクワ国際バレエコンクールのオープニング・ガラ公演で『ラ・シルフィード』のジェームズを踊りました。


一方で、公式サイトを見ると、プリンシパルのところから名前が消えたダンサーがいます。

ドミトリー・グダーノフは完全に名前が消えてしまいました。現在42歳の彼は引退となったようです。ロシア人民芸術家の称号を持つグダーノフは、ボリショイではあまり多くないダンスールノーブルタイプでした。
また、マリアンナ・ルイシュキナも名前が消えています。(ルイシュキナは1971年生まれの46歳、息子のカリム・エフィーモフもボリショイ・バレエの団員です)

さらに、アンナ・アントニーチェワも名前が消えました。2008年の来日公演で『白鳥の湖』に主演していた、とても美しいバレリーナでした。


そしてマリーヤ・アレクサンドロワとニーナ・カプツォーワはプリンシパルから名前が消え、Working Under Contractのところに名前があります。プリンシパルの肩書が外れ、契約ダンサーとなったわけです。

アレクサンドロワは、今年ボリショイ・バレエを退団することを表明したのですが、非常に人気の高い彼女のこと、多くのファンの声に押され、実質残留という形で『明るい小川』や『ドン・キホーテ』などに主演してきました。例の『ヌレエフ』にも出演する予定で、急遽代わりに上演された『ドン・キホーテ』にも出演しています。まだまだ踊れるしボリショイを代表する人気スターなので、今後も観られると良いのですが。

一方、衝撃を持って迎えられたのが、ニーナ・カプツォーワの件。1978年生まれで現在38歳と引退するような年齢ではありません。そしてバレエ団きっての女優バレリーナでもあり、『ジゼル』のジゼル役や『オネーギン』のタチヤーナ役、『椿姫』のマルグリット役等は高い評価を得ています。最近DVDが発売されたグリゴローヴィッチの『黄金時代』にも主演しています。来日公演にあまり来ていなくて、日本で観る機会が少なかったのが残念です。
今年のブノワ賞では、ポール・ライトフットとソル・レオンの「Short Time Together」で、最優秀女性ダンサー賞にノミネートもされていました。現在の芸術監督ワジーエフにあまり気に入られていないから、と言われているようです。

マリア・アラシュも契約ダンサーに移行するのではないかと言われているようですが、今のところはまだプリンシパルのところに名前があります。

カプツォーワとオフチャレンコ主演の『くるみ割り人形』

Nutcracker [Blu-ray] [Import]Nutcracker [Blu-ray] [Import]
The Bolshoi Ballet

Bel Air Classiques 2011-09-26
売り上げランキング : 84459

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『黄金時代』

Golden Age [Blu-ray] [Import]Golden Age [Blu-ray] [Import]
Bolshoi Ballet

Belair Classiques 2017-07-14
売り上げランキング : 36714

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

«セルゲイ・ポルーニン写真集『The Beginning of a Journey: Project Polunin』(ハービー・山口撮影)と写真展