BlogPeople


2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

2018/09/19

ワールド・バレエ・デーライブ2018、今年は10月2日に開催

世界中のバレエカンパニーが参加し、一日中生中継でクラスレッスンやリハーサル、インタビューなどを届けるワールド・バレエ・デーライブ、今年は10月2日(火)に開催されます。

https://worldballetday.com/


http://www.roh.org.uk/news/world-ballet-day-2018

昨年までは、オーストラリア・バレエ、ボリショイ・バレエ、ロイヤル・バレエ、ナショナル・バレエ・オブ・カナダ、サンフランシスコ・バレエの5バレエ団が中心カンパニーでしたが、今年はカナダとサンフランシスコは不参加で、オーストラリア、ボリショイ、ロイヤルの3バレエ団が中心となります。この3カンパニーのFacebookページで視聴できます。

少しだけ詳しいプレスリリース

これによると、ロイヤル・バレエのパートでは、マシュー・ボーンの「白鳥の湖」のリハーサルも視聴できるそうです。ロイヤル・バレエからゲスト出演するマシュー・ボールを始め、Will Bozier と Max Westwellのザ・スワン/ザ・ストレンジャー役が登場する予定です。

また、「ラ・バヤデール」「マイヤリング」「The Unknown Soldier」「三人姉妹」、シャーロット・エドモンズ振付の新作「JoJo」、そしてアレッタ・コリンズ振付の新作、さらにクリスタル・パイト「フライト・パターン」のリハーサルも視聴できる予定です。

ロイヤルのパートの司会は、クリステン・マクナリーとアレクサンダー・キャンベル。


中継時間ですが、
オーストラリア・バレエは日本時間午前10時、
ボリショイ・バレエは午後3時、
ロイヤル・バレエは夜8時から3日(水曜)午前1時までの予定とのこと。


中心となるこの3カンパニーの他に以下のカンパニーが参加します。

英国からは、
バーミンガムロイヤル・バレエ、イングリッシュ・ナショナル・バレエ、ニュー・アドベンチャーズ、ノーザン・バレエ、ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス、スコティッシュ・バレエ

そのほかの参加カンパニー
アコスタ・ダンサ、バレエ・コンシエルト・デ・プエルトリコ、ミュンヘン・バレエ、オランダ国立バレエ、ヒューストン・バレエ、パシフィック・ノースウェスト・バレエ、パリ・オペラ座・バレエ、ポーランド国立バレエ、クイーンズランド・バレエ、新国立劇場バレエ団、ノルウェー国立バレエ、スウェーデン王立バレエ、ロイヤル・ニュージーランド・バレエ、シュツットガルト・バレエ、デンマークロイヤル・バレエ、ウィーン国立バレエ、西オーストラリアバレエ

というわけで、昨年に引き続き、われらが新国立劇場バレエ団も参加します。昨年同様、おそらくはオーストラリア・バレエの登場枠内なのではないでしょうか。今回は生中継映像も観られたらいいなと思います。

https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/26_012894.html

また詳細が発表されると思いますので、情報が入り次第追加していきますね。

2018/09/17

VOGUE JAPANでマリインスキー・バレエの永久メイをインタビュー。

マリインスキー・バレエの新星、18歳の永久メイさんをインタビューさせていただきました。

https://www.vogue.co.jp/lifestyle/interview/2018-09-17-maynagahisa

初々しく、キラキラのピュアな存在感に、長く伸びた手脚が生み出す優雅な動きと愛らしい表情。バレエへの情熱あふれる言葉と、伸びやかで美しいバレエポーズをお楽しみください。撮影は井上ユミコさんです。

マリインスキー・バレエの来日公演では、「ドン・キホーテ」のキューピッド、「白鳥の湖」のパ・ド・トロワ、ガラ公演で「パキータ」と「海賊」を踊る予定です。

マリインスキー・バレエの来日公演、東京公演は11月28日(水)より東京・東京文化会館 大ホールにて
https://www.japanarts.co.jp/mariinsky2018/

2018/09/14

9月17日(月)【9月16日(日)深夜】パリ・オペラ座バレエ「PLAY」 NHK-BSプレミアムシアターで放映

9月17日(月)【9月16日(日)深夜】午前0時00分~午前4時05分

NHK-BSプレミアム プレミアムシアター

パリ・オペラ座バレエ「PLAY」
パリ・オペラ座バレエ「マノン」【再放送】

が放映されます。

http://www4.nhk.or.jp/premium/

注目の鬼才、エクマンの「PLAY」は初放送なので楽しみですね。文字通り遊び心に満ちた作品のようです。

◇パリ・オペラ座バレエ「PLAY」(0:03:00~1:48:30)
バレエ「PLAY」(全3幕)
振付・舞台美術・衣装:アレクサンダー・エクマン
音楽:ミカエル・カールソン
<出 演>
ステファン・ビュリョン
ミュリエル・ズスペルギー
ヴァンサン・シャイエ ほか
パリ・オペラ座バレエ団
収録:2017年12月18・19日 パリ・オペラ座 ガルニエ宮(フランス)

◇パリ・オペラ座バレエ「マノン」【再放送】(1:49:30~3:55:30)
<演 目>
バレエ「マノン」(全3幕)
振付・演出:ケネス・マクミラン
音楽:ジュール・マスネ
編曲:マーティン・イェイツ

<出 演>
マノン・レスコー:オーレリ・デュポン
デ・グリュー:ロベルト・ボッレ(ミラノ・スカラ座バレエ団)
レスコー:ステファン・ビュリョン
レスコーの愛人:アリス・ルナヴァン
ド・モルフォンテーヌ:バンジャマン・ペッシュ
看守:カール・パケット ほか
パリ・オペラ座バレエ団
収録:2015年5月18日 パリ・オペラ座 ガルニエ宮(フランス)

リハーサル映像もとても楽しいです。

DVD、ブルーレイとして発売されますが、それに先駆けてテレビで観ることができますね。

パリ・オペラ座バレエ - 《プレイ》(エクマン振付) [Blu-ray Disc]パリ・オペラ座バレエ - 《プレイ》(エクマン振付) [Blu-ray Disc]
パリ・オペラ座バレエ団

Bel Air Classiques 2018-09-28
売り上げランキング : 53362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
パリ・オペラ座バレエ「マノン」~オーレリ・デュポンさよなら公演~ [DVD]パリ・オペラ座バレエ「マノン」~オーレリ・デュポンさよなら公演~ [DVD]

ポニーキャニオン 2016-07-20
売り上げランキング : 82131

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2018/09/13

Alexandre Magazine創刊、酒井はなさんのインタビューとフォト

VOGUE JAPANのバレエフォトでおなじみのフォトグラファー 井上ユミコさんのWebマガジンAlexandre(アレクサンドル)が本日オープンしました。

https://www.alexandremagazine.com/

Alexandre_0419

第一弾として、バレリーナ、酒井はなさんのロングインタビュー(その1、僭越ながら私がお話を伺いました)と美しい撮り下ろしフォト、動画をお届けします。英語版もあります。

Alexandre_0274

酒井はなさんのこれまでの道のり、そして活動の幅を広げながら、さらに高みを目指していく様子を語っていただいています。いま日本で最も高みに達しているバレリーナでありながら、とても明るく気さくな、はなさんのお話と彼女が生み出す世界、ぜひご覧ください。

Alexandre_1171_trim

今後も、トップクラスのダンサーやアーティストの写真とインタビューをお届けしていきます。

【酒井はなさん、今後の公演情報】

日本バレエ協会 関東支部 埼玉ブロック主催
『第30回記念 バレエファンタジー』

「ライモンダ」に主演
[日時]9月30日(日) 16:00開場 16:30開演
[会場]さいたま市 文化センター 大ホール

谷桃子バレエ団「創作バレエ・15」
『パリアッチ』
演出・振付 伊藤 範子
出演 酒井はな、三木雄馬、藤野暢央 他
[日時]2018年11月3日(土・祝)
昼公演 13:30 夜公演17:30
[会場]新国立劇場 中劇場

第39回全道バレエフェスティバル・イン・サッポロ「ドン・キホーテ」
演出・振付:篠原聖一
出演:酒井はな、福岡雄大 他
[日時]2018年10月14日(日)16:00開演
[会場]札幌文化芸術劇場 hitaru

KAAT DANCE SERIES 2018
さわひらき×島地保武「新作」パフォーマンス

出演:酒井はな、島地保武
[日時]2018年11月23日(金)〜11月25日(日)
[会場]KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

Altneu 新作公演「失われないもの」
音楽:坂本龍一アルバム「async」
演出・出演:酒井はな 島地保武(アルトノイ)
出演 :上原杏奈、平雛子、藤田彩佳、平間文朗
[日時]2019年1月9日(水) 10日(木) 19:00開演(18:30開場)
[会場] 仙台銀行ホール イズミティ21 小ホール

笠井叡迷宮公演『高丘親王航海記』
演出・振付・台本:笠井叡
意匠・舞台美術・衣裳デザイン:榎本了壱
出演:笠井叡、黒田育世、近藤良平
笠井瑞丈、上村なおか、岡本優 
酒井はな 他
[日時]2019年1月24日(木) 〜27日(日)
[会場] 世田谷パブリックシアター

伝統と創造シリーズ vol.10
HANAGO−花子−

演出・振付:森山開次
出演:酒井はな、津村禮次郎、森山開次
[日時]2019年
2月22日(金)19:30開演
2月23日(土)17:00開演
2月24日(日)14:00開演
2月25日(月)19:00開演
[会場] 東急セルリアンタワー能楽堂

2018/09/02

「ロイヤル・エレガンスの夕べ2018」テレビ朝日チャンネル2で10月21日に放映

「ロイヤル・エレガンスの夕べ2018」がCSのテレビ朝日チャンネル2で、放映されることが決定しています。

10月21日(日)ひる0:00~午後2:15。

http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0300/

多くのバレエファンが待ち望んだ4年ぶりの「ロイヤル・エレガンスの夕べ」。
8月30日(木)~9月1日(土)に東京で開催された、英国ロイヤル・バレエ団のトップダンサーによるガラ公演をテレ朝チャンネルでテレビ初放送。
平野亮一・高田茜の日本人プリンシパルも出演する貴重な公演の模様をノーカットで放送します。
さらに、出演者インタビューやリハーサル風景など、テレ朝チャンネルでしか見られない、貴重な映像を交えた完全版も11月以降放送予定。

なお、既報の通り、7月の世界バレエフェスティバル全幕プロ「ドン・キホーテ」、ミリアム・ウルド=ブラムとマチアス・エイマン主演の公演も、9月30日に放映されます。

http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0288/

ロイヤル・エレガンスの夕べは楽しい公演でした。若手からベテランまでバランスの良いキャスト(ただし男性7人に対して女性は4人なんですね)、演目もアシュトン、マクミラン、マクレガー、スカーレット、さらにアダム・クーパーなどロイヤルならではの新旧演目中心となっていて、とても楽しかったです。

出演者の皆さんは皆魅力的だったのですが、ジョセフ・シセンズ、カルヴィン・リチャードソンと初めて生で観る、才能溢れる若いダンサーを観られたのが良かった。特にシセンズは面白い素材。「ラ・シルフィード」では、つま先やバットゥリーは美しいもののさすがに未完成な感じだったけど、リチャードソン振付「クレド」も、アフリカンなリズムのタップ「モーグリ」も才能の煌きを感じました。さすがにスティーヴン・マックレーのタップ芸には及びませんが、十分楽しかったです。

高田茜、平野亮一「レイヴンガール」(マクレガー振付)がカッコ良すぎて惚れ惚れ。ロイヤル一サポートが上手いという平野さんの盤石のサポート。コンテンポラリーでも強靭でしなやかで生き生きとして魅力的な高田さん、衣装も音楽も最高にクールで、ちょっとダークサイドな官能と情熱を感じさせて。先週二人にインタビューさせて頂いたのですが、押しも押されぬスターになりましたね。

「ラ・シルフィード」の高田茜さんは本物の妖精のようにふわふわで透明感があった。美しいポールドブラに加えて、足裏、ドゥミの使い方が見事なので着地が柔らかく、細かいパドブレ、お手本のように素晴らしい技術だけど、シルフィードの儚さとコケティッシュな魅力に溢れていて、本当に今充実しているのを感じさせました。

座長のラウラ・モレーラが5演目踊るという活躍ぶりでした。ベテランならではの表現力、素晴らしい音楽性と強靭なテクニック、様々な面を見せてくれました。アダム・クーパー振付「危険な関係」では貞淑な未亡人が官能に絡め取られていく様子を流石の演技力で魅せました。そしてマシュー・ボールの悪の魅力が炸裂したヴァルモンの色香が最高でした。ボールのマシュー・ボーン「白鳥の湖」のストレンジャー役はさぞかし素敵なことでしょう。クーパーの「危険な関係」を観るのは初めてでしたが、英国バレエ伝統のドラマティック・バレエスタイルで複雑なパートナーリングもあり、来日公演を見逃したのが惜しまれます。

モレーラが、引退して今はロイヤルのアシスタントバレエマスターであるリカルド・セルヴェラと踊ったアシュトンの「ファサード」のタンゴも楽しかった!本拠地でもなかなか上演されない作品だけど、名コンビだった二人の息もぴったりで、セクシーだけどユーモアたっぷり、セルヴェラも引退したとは思えないほど生き生きと良く動いていました。

ローレン・カスバートソンとワディム・ムンタギロフは「ダイヤモンド」「シルヴィア」。もしかしたらあまり組んでいないペアだけど、長身でプロポーションの美しい二人の、見た目の相性はぴったり。エレガントで高貴なカスパートソンと、光を放っているかのように輝かしいテクニックのムンタギロフ、これぞ英国のロイヤルエレガンス、という踊りを見せてくれました。ものすごくキラキラ度が高いわけではなく、優し気で上品で音楽的で、その控えめさが美しい「ダイヤモンド」。「シルヴィア」では、ムンタギロフの跳躍が大きくて、小さめのめぐろパーシモンのステージからはみ出してしまいそうなほど。

「ロミオどジュリエット」「二羽の鳩」のヤスミン・ナグディは清楚でフレッシュな個性にこれら作品がぴったり。恋する気持ちの高まりが細やかに伝わってくるジュリエットは等身大で、マシュー・ボールのロマンティックさも加わり観ている方の胸もドキドキしました。舞台に近い席で観ていたので、息遣いも聞こえてきてますますどきどき。温かみのあるアレクサンダー・キャンベルとの「二羽の鳩」での、沈んでいた気持ちがやがて晴れやかになっていくところも、小さな感動を呼びました。

自作自演のカルヴィン・リチャードソン「瀕死の白鳥」面白い作品でした。この音楽にこの振付が来るか、という意外性。最初の方の腕の動きの細かさやアイソレーションに驚かされます。柔軟で強靭な肉体、若い男性らしさ、激しさを秘めた部分が魅力的で、こんなに良く動ける若者が死に見舞われてしまうという痛ましさも伝わってきました。急遽の出演だったので出演は1作品だけなのが惜しいのですが、シセンズに振り付けた「クレド」は少しだけカーンの「DESH」に似た部分あるも、これもユニークな作品で、ここではシセンズのダンサーとしての高い能力、表現力とともに、オーディション「未来の星賞」で選ばれた子どもたちとの共演もスマートなやり方で、唸らされました。

「エリート・シンコペーションズ」平野さんの怪しい描きヒゲとキザなしぐさに爆笑してしまったのだけど、ナグディとの洒脱な掛け合い、ここでもサポートの上手さが光り(ラストのナグディをさかさまにリフトして捌けていくところもいい)、セクシーでとても面白かったです。この作品は小林紀子バレエ・シアターの公演で全編観て楽しかったのですが、ぜひロイヤル・バレエでも通しで観たい!映画館中継の演目に入ってくれるといいなと思います。

モレーラとボールのリアム・スカーレット振付「With a Chance of Rain」、エトワール・ガラで上演されたことがありましたが、やはりロイヤルのダンサーが踊ると違う。アブストラクトな作品だけど、どことなくドラマが感じられ、音楽性も豊かで想像力を喚起する。ボールの上半身裸の肉体がまぶしく美しく、複雑なサポートが多い作品での、モレーラの巧さも光ります。

ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズンで、大画面で観ていたロイヤル・バレエのダンサーたちを、めぐろパーシモンという小さめの会場で間近で観るのは不思議な、ドキドキする感覚。昨日まで上映の「白鳥の湖」に出演のムンタギロフや高田さんがこんなに近くに観られるなんて嬉しすぎました。

運営面では不備も見受けられましたが、豪華メンバー出演でありながら、手作りの温かさと親密さが感じられる公演で、ぜひ(問題点は改善したうえで)今後もこの企画を続けてほしいと思います。本国英国のバレエ・ファンからも大いに羨ましがられている贅沢な内容でした。

2018/08/31

K-Ballet Company『ロミオとジュリエット』『ドン・キホーテ』を8/31に放映

K-Ballet Companyでは、

10月12日より『ロミオとジュリエット』
http://www.k-ballet.co.jp/performances/2018romeoandjuliet

11月16日より『ドン・キホーテ』を上演します。
http://www.k-ballet.co.jp/performances/2018donquixote


それに伴い、熊川哲也さん 主演の過去公演を8月31日(金)午後6時半から2公演連続でTBSチャンネルで放送します。

『ドン・キホーテ』 http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/o1165/
『ロミオとジュリエット』 http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/o2183/

熊川哲也出演 Kバレエカンパニー
「ロミオとジュリエット」(2009年10月Bunkamuraオーチャードホール公演)
出演
熊川哲也(ロミオ)、ロベルタ・マルケス(ジュリエット)

熊川哲也出演 Kバレエカンパニー
「ドン・キホーテ」(2004年11月Bunkamuraオーチャードホール公演)
出演
熊川哲也(バジル)、荒井祐子(キトリ)


nなお、今年5月に上演し客席が笑い声と高揚感に包まれ好評を博した『コッペリア』が、今度は映画となります。11/3(土)より全国38劇場にて上映。初日には舞台挨拶も開催されるとのこと。
http://www.k-ballet.co.jp/news/view/2207

【11/3(日)開催:初日舞台挨拶 会場・時間】

■ユナイテッド・シネマ豊洲
舞台挨拶:10時00分~10時30分
本編:10時30分~12時10分
登壇者(予定):小林美奈/山本雅也/S.キャシディ

■ユナイテッド・シネマ浦和
舞台挨拶:13時00分~13時30分
本編:13時30分~15時10分
登壇者(予定):小林美奈/山本雅也/S.キャシディ

ドン・キホーテ [DVD]ドン・キホーテ [DVD]

TBS 2005-05-18
売り上げランキング : 10862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
熊川哲也 ロミオとジュリエット [DVD]熊川哲也 ロミオとジュリエット [DVD]

TBS 2010-02-25
売り上げランキング : 26944

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2018/08/29

KARAS APPARATUS 勅使川原三郎・佐東利穂子デュオ最新作「幻」-maboroshi- アップデイトダンスNo.45

勅使川原三郎さんとKARASの劇場、スタジオ、ギャラリーであるカラス・アパラタスは、この8月で6年目に入りました。

記念公演第1弾アップデイトダンスNo.53「火傷の季節」が先週上演されていましたが、すさまじかったです。

勅使川原さんの変幻自在の超人的ソロに酔いました。舞狂人とでも言うべきか。クラシックからパンクロックまで様々な音楽に乗せる驚異の音楽性、子供から老人、悪魔や動物に化けて見せる。白眉はジミ・ヘンドリックスのインプロにぴったり合わせて音楽そのものとなった舞。まるでジミヘンとセッションしている楽器になったいました。パンクロックと「子犬のワルツ」をリミックスした音楽と踊ったり、音楽ごとに踊りの質感を変えていくけど、60分ノンストップ。

このジミヘンインプロヴィゼーションソロには、最近の勅使川原さんのパフォーマンスはほとんど観ている私にとっても驚愕だった。スピードといい音楽への見事なシンクロといい、一つ一つの音を拾っていてあり得ないものを目撃した感。終わった後に滝のように滴り床に池を作る汗を見て、勅使川原さんは人間だった、と確認した次第。こんなダンサーは他にいないといえます。

勅使川原さんは10歳の時に大火傷をして、紫外線治療をした時の独特の「冷たい匂い」が好きだったという夏の記憶からこの作品を作ったとのこと。終演後のトークでも息を切らせることなく、何事もなかったように話す。佐東利穂子さんは不在だったけど、最初に音声で彼女のニャーというかわいらしい声を聴くことができました。そして終盤には、勅使川原さんの語り(録音)も入っていました。「伝えようとは思わない」「ひたすら表現する」という、芸術家としての決意表明のようでした。

佐東利穂子さんが不在だったのはパリで別の作品のリハーサル中だったためです。
フランスのコート・サン=アンドレでのベルリオーズ・フェスティバルで、8/26にフランスのラ・テンペットというバロックアンサンブルと共演しました。
曲はモンテベルディの聖母マリアの夕べの祈りVespro della Beata Vergineという教会音楽で、2時間以上の作品ですが、その中のいくつかの曲で踊りました。
ベルリオーズ・フェスティバル。
https://www.festivalberlioz.com/Vepres-de-la-vierge

その佐東さんも帰国し、6周年記念公演の第2弾として、8/31から上演予定のアップデイトダンスNo.54「幻」が上演されます。

Updatedance54


「幻」は、目に見えない何か、耳に聞こえない何か、しかし確かにそこに存在する何かと向き合う作品です。
勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんの最新のデュエットで、これも必見でしょう。
これだけのクオリティの高いダンスが、小さな空間で低価格で観られる贅沢さ。

幻 ファンタスム
降り積もる初雪のような幻
幻は夢ではない 現実の上に折り重なる幻
あなたは不可思議な確かさを求めて 現実に思いを投影し
明解な輪郭のない実像を得る 幻を
身体に密着していない半透明のそれは幻
現実は幻と共に
幻を招く人


カラス アパラタス6周年記念公演 第2弾
勅使川原三郎+佐東利穂子デュエット
アップデイトダンスNo.54「幻」

出演 佐東利穂子 勅使川原三郎
演出・照明 勅使川原三郎

http://www.st-karas.com/camp0713-2/

【料 金】一般 / 予約 3,000 円[当日 3,500 円]・ 学生 / 2,000 円 (予約当日共に)
【予 約】updatedance@st-karas.com *全席自由
件名を「アップデイトNo.54」とし、ご希望の日付・住所・氏名・一般または学生・当日連絡のつく電話番号を記入のうえ送付
メール予約受付は各回とも前日の24時まで。学生の方は当日受付で学生証を提示。

【公演日程】
8月31日(金)20:00
9月1日(土)20:00
9月2日(日)16:00
9月3日(月)20:00
9月4日(火)休演日
9月5日(水)20:00
9月6日(木)20:00
9月7日(金)20:00
9月8日(土)16:00

開演30分前より受付開始、客席開場は10分前

【会場】カラス・アパラタス/B2ホール
    TEL. 03-6276-9136

2018/08/26

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18 バレエ作品アンコール上映

現在、ロイヤル・バレエの新制作『白鳥の湖』が絶賛上映中です。初日のTOHOシネマズ日本橋ではソールドアウトを記録し、急きょ、8月27日、29日、30日は午後1時半の追加上映が決定しました。

_marianela_nuez_and_vadim_muntagiro

その『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』で上映されたバレエ6作品がTOHOシネマズ 日比谷とTOHOシネマズ 日本橋限定でアンコール上映されることが決定しました

http://tohotowa.co.jp/roh/news/2018/08/24/encore/

ロイヤル・バレエ団では日本人プリンシパルの平野亮一さんや高田茜さんなど日本人ダンサーも活躍しており、今シーズンの演目の1つ『冬物語』では平野さんが男性主役に大抜擢。

さらに、平野さんはケネス・マクミラン振付によるモダン・バレエ『マノン』、高田さんは伝統的バレエに、新たな振り付けが加えられた新演出版の『白鳥の湖』にも出演しており、その活躍を日本のスクリーンでも堪能することができます。

さらに、人気の演目『不思議の国のアリス』『くるみ割り人形』や、作曲家レナード・バーンスタインの生誕100年を記念して創られた、3つの個性的なバレエを一度に体験することが出来るトリプルビル『バーンスタイン・センテナリー』など王道の名作から近年のチャレンジングな作品まで幅広い演目がラインナップ。

<『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/2018』アンコール上映>

9/14(金)~9/19(水)@TOHOシネマズ 日比谷&TOHOシネマズ 日本橋
(※上映時間は劇場によって異なります。 劇場案内でご確認下さい)

★9/14(金)バーンスタイン・センテナリー

Corybantic_games_artists_of_the_roy

<幽玄 YUGEN>【振付】ウェイン・マグレガー
<不安の時代>【振付】リアム・スカーレット
<コリュバンテスの遊戯>【振付】クリストファー・ウィールドン


★9/15(土)くるみ割り人形

_sarah_lamb_as_the_sugar_plum_fairy

【振付】 ピーター・ライト
【出演】 フランチェスカ・ヘイワード、サラ・ラム
スティーヴン・マックレー、ギャリー・エイヴィス他


★9/16(日)不思議の国のアリス

_preview

【振付】 クリストファー・ウィールドン
【出演】ローレン・カスバートソン、フェデリコ・ボネッリ
ラウラ・モレーラ、スティーヴン・マックレー他


★9/17(月・祝)白鳥の湖

Resize1442

【振付】 マリウス・プティパ/ レフ・イワノフ
【追加振付】 リアム・スカーレット / フレデリック・アシュトン
【出演】 マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ他


★9/18(火)マノン

Sarah_lamb_as_manon_and_vadim_munta

【振付】ケネス・マクミラン
【出演】サラ・ラム、ワディム・ムンタギロフ、平野亮一
ギャリー・エイヴィス他


★9/19(水)冬物語

Resize1444

【振付】クリストファー・ウィールドン
【出演】ローレン・カスバートソン、平野亮一、サラ・ラム
ワディム・ムンタギロフ、ラウラ・モレーラ他

英国ロイヤル・バレエ アシュトン・トリプルビル 《真夏の夜の夢》 《シンフォニック・ヴァリエーションズ》 《マルグリットとアルマン》[Blu-ray Disc]英国ロイヤル・バレエ アシュトン・トリプルビル 《真夏の夜の夢》 《シンフォニック・ヴァリエーションズ》 《マルグリットとアルマン》[Blu-ray Disc]

OPUS ARTE 2018-07-27
売り上げランキング : 19153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吉田都×堀内元 Ballet for the Future 2018 と公演パンフレットのインタビュー

世界の至宝 吉田都さんと世界へのパイオニア 堀内元さんが、豪華メンバーとともにバレエの魅力を伝える公演 Ballet for the Future 2018。その大阪公演を観に行ってきました。

公演ページ
https://www.chacott-jp.com/news/stage/information/detail003481.html

特集ページ
https://www.chacott-jp.com/news/mottochacott/others/detail005880.html

今回4回目となる公演は、吉田都さん、堀内元さん、ヒューストン・バレエのプリンシパル加治屋百合子さん、そして新国立劇場バレエ団の福岡雄大さん、寺田亜沙子さんなどのスターダンサーを擁するだけでなく、20人以上の若いダンサーたちが集結し、しっかりとリハーサルを重ねて舞台を作り上げていたのが感じられました。

吉田都さん、福岡雄大さんの「ライモンダ」第3幕では、都さんの精緻な踊り、音とぴったり一致した音楽性、燦然と輝く気品。滑らかに歌うようなパ・ド・ブレ、まっすぐな軸、強靭さを保ちながらも燦然と輝くようなエレガンス。福岡さんの万全のサポートとダイナミックなヴァリエーション。若手ダンサーたちもよく鍛えられていて華やかに踊られました。

堀内元さん振付「La Vie」は瀟洒で楽しい中編。加治屋百合子さんの楚々としながら確かな存在感、終盤のグランフェッテでは音に合わせてきっちり90度にアラスゴンドしていてとても美しく、海外でプリンシパルを張っている実力が存分に表れていました。寺田亜沙子さんも美しく伸びやか。そして堀内元さんの驚異のテクニック、つま先も美しく伸びて音楽性にも優れた見事なピルエット・ア・ラ・スゴンドを見ると年を取るのをやめたのではと思いました。

「La Vie」は20人以上のダンサーが出演し、昨年も上演されている躍動感あふれる魅力的な作品。この企画の集大成ともいえます。滑ってしまう事故はあったけど、群舞のクオリティも高くて、ここまで日本のバレエ界は育っていったのだと胸熱になりました。女性ダンサーたちのプロポーションの美しさ、作品を楽しんでいることも伝わってきます。

「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」は、木村綾乃さんが、いかにもアメリカ的な、テクニカルでスピーディでパワフルなバランシンを見せてくれました。末原雅広さんも胸のすくような、音に良く乗ったダイナミックなヴァリエーション。

4年連続して出演しているダンサーも多くて、その成長ぶりを追いかけるのも楽しみだった「Ballet for the Future」。今回は、東京公演はなかったものの、その分大阪、新潟、そして仙台と地方公演が充実。東京以外の場所にも一流のバレエを届けたいという吉田さん、堀内さんの気持ちが届いた素敵な舞台になったと思います。

さて、今回、このBallet For the Future 2018の公演プログラムで、吉田都さんにインタビューさせていただきました。

  (こちらのツイートでリンクされているインタビューは関口紘一さんによるものです)

プログラム用のインタビューでは、ロイヤル・バレエで学んだこと、Ballet For the Future公演でこの4年間心がけてきたことやこの公演に対する想い、バレエへの愛、そして今後、新国立劇場バレエ団芸術監督に就任予定の都さんが日本のバレエ界に対して行っていきたいことについて語っていただきました。今もたゆまぬ努力を続け、謙虚でひたむきなお人柄が伝わってくるインタビューになったと思います。

残すは8月27日の仙台公演だけですが、ぜひ仙台近郊の方は公演をご覧になり、そしてパンフレットを手に取っていただければと思います。

2018/08/23

マシュー・ボーンの『シンデレラ』特別番組 8/26, 9/22に放映

マシュー・ボーンの名作、『シンデレラ』が10月にシアター・オーブで上演されます。

https://mbcinderella.com/


作品の魅力を2回に渡りお届けする特別番組が、BS-TBSにて放送決定しました。

マシューゆかりの豪華メンバーのインタビューもあります。

第一回:8月26日(日)午前11:00~11:30(予定)
第二回:9月22日(土)昼1:30~2:00(予定)
http://hpot.jp/topics/cinderellatokuban

特別番組ナビゲーター
清塚信也(ピアニスト)

特番出演アーティスト
首藤康之(ダンサー)平原綾香(歌手)大貫勇輔(ダンサー・俳優)

<あらすじ>

舞台は第二次世界大戦下のロンドン。シンデレラは継母やいじわるな姉妹・兄弟たち、車椅子の父親と暮らしている。

継母からいじめられ、地味で冴えないシンデレラは、ある日ケガを負ったパイロットと出会う。二人は一瞬で別れるが、妄想の世界の中で彼女の理想的な恋人となる。

そこへエンジェルがやってきて彼女に寄り添い、ことある毎に彼女の助けとなる。 継母と家族たちが着飾って出かけるのはお城のパーティではなく、ダンスホール。 当時ウェストエンドに実在した「カフェ・ド・パリ」という有名なホールが舞台となっている。

かぼちゃの馬車ならぬモーターバイクで、エンジェルがシンデレラをダンスパーティへと連れていく。 ダンスホールで再会を果たしたシンデレラとパイロット。

官能的で幸せな時間もつかの間、12時の鐘が響く中、空襲が2人を襲いシンデレラは元の姿に戻って爆弾に倒れてしまう。
シンデレラは病院に運ばれ、2人は再び離れ離れに。

シンデレラが残して行った片方の靴を手に、パイロットがシンデレラを探す旅がはじまる。

2018年10月3日(水)~14日(日)
シアターオーブ

◆ホリプロオンラインチケット
03-3490-4949(平日10:00~18:00 土曜10:00~13:00 日祝休業)
http://hpot.jp/stage/cinderella2018(PC・携帯)

◆TBSオンラインチケット
http://www.e-tix.jp/tbs/tbsonline/tbsonline.html

◆ぴあ
0570-02-9999(Pコード:485-454) ※セブン-イレブン、サークルK・サンクス、ぴあ各店舗にて直接購入可能
http://w.pia.jp/t/mbcinderella/

◆e+(イープラス)
http://eplus.jp/cinderella2018/ ※ファミリーマート店内【Famiポート】にて直接購入可能

◆ローソンチケット
0570-084-003(Lコード:32016)
0570-000-407(オペレーター 10:00~20:00)
※ローソン・ミニストップ店舗【Loppi】にて直接購入可能
http://l-tike.com/mb-cinderella

◆Confetti(カンフェティ)
0120-240-540 ※通話料無料(オペレーター 平日10:00~18:00)
http://confetti-web.com/cinderella2018

◆Bunkamura
Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(オペレーター対応 10:00~17:30)
※施設改修のため、8/27(月)~9/2(日)休業予定
オンラインチケットMY Bunkamura http://my.bunkamura.co.jp

東急シアターオーブチケットカウンター
(渋谷ヒカリエ2階 11:00~19:00)※発売日翌日以降

お問合せ
ホリプロチケットセンター
03-3490-4949 (平日10:00~18:00/土10:00~13:00/日祝・休)

«日ロ交流協会 岩田守弘さん講演会