BlogPeople


2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 東北地方太平洋沖地震 義援金

2015/04/17

「ローザンヌ国際バレエ・コンクール」5/9(土)放映

毎年スイス・ローザンヌで開催されている若手舞踊家の登竜門「ローザンヌ国際バレエ・コンクール」。今年も決選のステージから「クラシック部門」「コンテンポラリー部門」の演技を紹介します。

放送予定 2015年5月9日(土)午後3時~5時 Eテレ

解 説 小山久美(スターダンサーズバレエ団代表)

ご案内 渡邊佐和子アナウンサー

決選開催日 2015年2月7日 スイス・ローザンヌ ボーリュ劇場

http://www.nhk.or.jp/classic-blog/100/214689.html

今年のYAGPでシニア男子第1位の速水渉悟 さんもファイナリストだったので、こちらで踊りを観ることができますね。

YAGP(ユースアメリカグランプリ)2015 栗原さん、速水さんがシニア部門1位

YAGP(ユースアメリカグランプリ)2015ニューヨークファイナルの結果が出ました。まずは速報です。

シニア男子第1位 速水渉悟 さん
シニア女子第1位 栗原ゆう さん
ジュニア女子第2位 山田ことみ さん
プリコンペティティブ第1位 増田慈 さん

おめでとうございます。

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150417/k10010051361000.html

今年はシニア部門ではグランプリが選ばれなかったので、栗原さん、速水さんはトップ受賞だということになります。

針山真実さんによる、ジュニア女子部門ファイナルのレポート。
http://mamisensei.jugem.jp/?eid=1863

同じく針山さんによるシニア部門女子ファイナルのレポート
http://mamisensei.jugem.jp/?eid=1864

針山さんによる男子ファイナルのレポート
http://mamisensei.jugem.jp/?eid=1865

米の若手バレエの登竜門、日本人男女がトップに
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150417-OYT1T50067.html

Shogo Hayami - 2015 Prix de Lausanne Finalist - Classical variation

受賞者の一覧をつけておきますね。

Pre – competitive men:

3rd Place David Perez En Pro del Talento Veracruzano, MEXICO
2nd Place Brady Farrar Stars Dance Studio, FL, USA
1st Place Itsuku Masuda K.Classic Ballet Studio, JAPAN

Pre – competitive women:

3rd Place Avery Gay Master Ballet Academy, AZ, USA
2nd Place Tate McRae YYC Dance Project, CANADA
1st Place Satya Tranfield Charleston Ballet Theatre Center for Dance Education, SC, USA

Junior men:

3rd Place Ryu Bautista The McDonald College of Performing Arts, AUSTRALIA
2nd Place Yago Guerra Bale Jovem de Sao Vicente, BRAZIL
1st Place Liam Boswell Next Generation Ballet at the Patel Conservatory, FL ,USA

Junior women:

3rd Place Yeojin Shim Yewon School, REPUBLIC OF KOREA
2nd Place Kotomi Yamada Yamada Chie Sunny Ballet School, JAPAN
1st Place Juliette Bosco Ellison Ballet – Professional Training Program, NY, USA
1st Place Maggie Chadbourne Orlando Ballet School, CA, USA

Junior age division Youth Grand Prix Award:

Shin-Yong Kim Sunhwa Arts Middle/High School, REPUBLIC OF KOREA

Senior men:

3rd Place Lang Ma The Washington School of Ballet, USA
2nd Place Austen Acevedo Orlando Ballet School, FL, USA
1st Place Shogo Hayami John Cranko School Stuttgart Ballet, GERMANY

Senior women:

3rd Place Bianca Scudamore Classical Coaching Australia, AUSTRALIA
2nd Place Rio Anderson City Ballet School of San Francisco, CA, USA
1st Place Yu Kurihara Ikuko Watanabe Ballet Studio, JAPAN

Hope Award:

Antonio Casalinho Annarella Academia de Ballet e Dança, PORTUGAL

ABTミスティ・コープランドが、TIME誌の選ぶ影響力ある100人に。

ABTのソリスト、ミスティ・コープランドが、TIME誌の選ぶ影響力ある100人に選ばれました。表紙も飾っています。

Misty_2

http://time.com/3823308/misty-copeland-2015-time-100/

興味深いな、と思ったのは、彼女の推薦文を書いているのが、オリンピックの体操で5回金メダルを獲得した、誰もが知っているナディア・コマネチであることです。彼女の出演した映画をを見て、7歳のミスティがバレエに興味を持つようになったそうです。誰も知らないような国から出てきた14歳のコマネチが1976年のオリンピックに出場した時、誰も彼女が金メダルを取るとは思っていませんでした。

同じように、アフリカ系アメリカ人で、貧しいシングルマザーと6人兄弟の家庭から、人気バレリーナが出るとはだれも思っていなかったことでしょう。しかも彼女がバレエを始めたのが13歳と、一般的に言えば遅すぎる年齢でした。

ミスティ・コープランドの「白鳥の湖」オデット/オディールデビューは昨年のABTのオーストラリア公演で実現しましたが、先週、彼女はワシントン・バレエにゲスト出演してこの役を踊りました。パートナーは、同じくアフリカ系のブルックリン・マックでした。アンダーアーマーのCMなどで有名人になった彼女を一目見たいと、チケットはあっという間に売り切れ、プレミアム価格で取引されていたようです。バレエを知らなくても彼女のことを知っている人は多く、結果的に新しい観客をバレエに呼び込むことに成功しています。

Review: Misty Copeland in the Washington Ballet’s ‘Swan Lake’
http://www.nytimes.com/2015/04/14/arts/dance/review-misty-copeland-in-the-washington-ballets-swan-lake.html

まだ完成度という意味ではこれからだったようですが、美しく透明感のある踊りだったとのことです。5月から始まるABTのMETシーズンでも、ミスティはオデット/オディールを踊ります。果たして、彼女は、ABT初のアフリカ系アメリカ人女性プリンシパルになれるのでしょうか。

身体能力には優れているものの、筋肉質の身体、大きな胸とあまりバレリーナ向きの体型ではないミスティですが、強い意志の力で、バレエの概念そのものを変える存在となっているようです。

700万回の再生回数を誇っている、ミスティが出演しているアンダーアーマーのCM。渋谷の109近くにあるアンダーアーマーのショップの上の大型スクリーンでも流れています。

2015/04/16

ユースアメリカグランプリ(YAGP)2015のファイナリスト

世界最大のバレエ・コンクール、ユースアメリカグランプリ(YAGP)のニューヨークファイナルが現在行われており、本日15日がファイナル・ラウンド(決勝)でした。ファイナルラウンドに残ったファイナリストたちの名前を掲載しておきますね。

YAGPのFacebookが一番情報が早いようです。

<シニア部門 男子>

#312 Austen Acevedo
#314 Guido Sarnataro
#315 Theophilus Pilette
#322 Victor Goncalves Caixeta
#326 Diogo de Oliveira
#331 Satchel Tanner
#332 Ekim Deniz Akarslan
#334 Andres Zuniga
#358 Matheus Vaz Guimaraes
#359 Shogo Hayami  速水 渉悟 (ジョン・クランコ・スクール)
#360 Gregor Glocke
#363 Jin Sol Eum
#364 Peter Weil
#375 Stefan Goncalvez
#379 Léo Lecarpentier


<シニア部門 女子>

#203 Bianca Scudamore
#215 Wona Park
#235 Xu Zi Yu
#236 Katharina Sophie Nikelski...
#237 Madeline Woo
#240 Yu Kurihara 栗原 ゆう (渡辺郁子バレエスタジオ、AMスチューデンツ)
#245 Lu Xue lan
#247 Taylor Ciampi
#248 Goh Eun Lee
#274 Monika Haczkiewicz
#276 Rio Anderson
#279 Yuka Iwai (Joffrey Academy of Dance)
#283 Stephanie Sorota
#287 Jordan DePina
#295 Ao Wang
#296 Melissa Chapski
#303 Ye Lim Choi

<ジュニア部門男子>

#121 - Ziv Guelfand
#125 - Lazaro Corrales
#127 - Itaru Nada 名田 暢 (福谷葉子バレエスタジオ)
#128 - Kent Eguchi 江口 健仁 (K2バレエ空間)
#133 - Yago Guerra
#135 - Kyo Masuda 増田 響 (K.classic Ballet Studio)
#136 - Liam Boswell
#137 - Davi Ramos
#138 - Frederico Laureiro
#139 - Ryu Bautista

<ジュニア部門女子>

#5 - Conner Hamilton
#7 - Juliette Bosco
#10 - Luiza Almeida
#14 - Elisabeth Beyer
#22 - Kotomi Yamada 山田 ことみ (ヤマダチエサニーバレエスクール)
#23 - Nicole Denney
#26 - VIctoria Papa
#27 - Eri Shibata 柴田 英里 (金田・こうのバレエアカデミー)
#33 - Bridgit Walker
#40 - Moorea Pike
#42 - Bella Kirby
#50 - Maggie Chadbourne
#69 - Martina Prefontaine
#70 - Talia Fidra
#73 - Alina Borisova
#76 - Shin - Yong Kim
#77 - Natalie Thornley - Hall
#78 - Anastasia Miller
#88 - Lucy Christodoulou
#90 - Maya Wheller
#102 - Bomin Kim
#104 - Yeojin Shim
#105 - Chihiro Kobayashi 小林 千紘(饗場絵美バレエスタジオ)
#106 - Tessa Hartman
#108 - Yuria Isaka  井阪 友里愛(東條裕子バレエシアター)

3日目のビデオブログには、速水 渉悟さんが登場。今年のローザンヌ国際コンクールでもファイナリストだったので覚えている方も多いと思います。3年前にジュニア部門で出場し、ジョン・クランコ・スクールのスカラシップを獲得したとのこと。

まもなく入賞者の発表もあると思います。

針山真実さんによるYAGPファイナルのレポートも、チャコットダンスキューブで行われています。指導者ならではの視点でのレポートがとてもわかりやすくて興味深いです。
http://www.chacott-jp.com/magazine/news/concours/yagp.html


なお、YAGPに出場した子供たちを追ったドキュメンタリー映画「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」が、現在Gyaoで無料で全編視聴することができます。4月23日まで。
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00908/v12955/v1000000000000002879/

2011年製作のこの映画に出ていたアラン・ベル、映画の中ではまだ小さかったのに、こんなに成長しました。
http://nycdanceproject.com/aran-bell/
現在は、ABTのスタジオカンパニーに所属しています。

また、ミケーラ・デ・プリンスはオランダ国立バレエに入団し、自伝「Taking Flight: From War Orphan to Star Ballerina」を出版。その自伝が映画化されることが決定しています。ミコ・フォガティは来シーズンよりバーミンガムロイヤル・バレエに入団します。ジョアン・セバスチャンはイングリッシュ・ナショナル・バレエに入団しました。

Taking Flight: From War Orphan to Star BallerinaTaking Flight: From War Orphan to Star Ballerina
Michaela DePrince Elaine Deprince

Knopf Books for Young Readers 2014-10-14
売り上げランキング : 64295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ! (Blu-ray)ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ! (Blu-ray)

日本コロムビア 2013-06-19
売り上げランキング : 20800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2015/04/15

ロイヤル・バレエの2015-16シーズン(追補版)→2016年来日公演予定、映画館中継予定

ロイヤル・バレエの2015-16シーズンの発表は4月15日なのですが、会員であるフレンズ宛に送られた会報誌 ROH magazineに、演目が先行で掲載されており、Ballet.coフォーラムに転載されていました。正式な発表が出たらアップデートします。

http://www.balletcoforum.com/index.php?/topic/9077-royal-ballet-season-2015-2016/page-2

<4/15追記>正式な発表が出ています。
http://www.roh.org.uk/news/royal-opera-house-201516-season-announced

バレエについて詳しくはこちら (日程も出ていますが、キャストは未定)
http://www.roh.org.uk/news/ballet-and-dance-201516

なお、2015-16シーズンの終わりに、日本公演が予定されているそうです。

https://youtu.be/9HQpyh1Uf9w

Romeo and Juliet 「ロミオとジュリエット」(ケネス・マクミラン振付)、9月より18 公演

Connectome (アラステア・マリオット振付)、/Raven Girl 「レイヴン・ガール」(ウェイン・マクレガー振付) 7公演

Viscera (リアム・スカーレット振付)/Afternoon of a Faun「牧神の午後」(ジェローム・ロビンス振付)/Tchaikovsky pdd「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」(ジョージ・バランシン振付)/Carmen「カルメン」 (新作、カルロス・アコスタ振付) 8 公演

Monotones I and II 「モノトーンI、II」(フレデリック・アシュトン振付)/Two Pigeons「二羽の鳩」(フレデリック・アシュトン振付)   7公演

The Nutcracker 「くるみ割り人形」(ピーター・ライト振付) 26公演

Will Tuckett's Elizabeth  「エリザベス」(ウィル・タケット振付、新作) リンバリー・スタジオ公演、ゼナイダ・ヤノウスキ、カルロス・アコスタ主演

Rhapsody「ラプソディ」(フレデリック・アシュトン振付)/Two Pigeons「二羽の鳩」 (フレデリック・アシュトン振付) 7 公演

After the Rain「アフター・ザ・レイン」/クリストファー・ウィールドン新作(音楽はMark-Anthony Turnageに委嘱)/Within the Golden Hour (すべてウィールドン振付作品)

Giselle 「ジゼル」 (ピーター・ライト振付)  16 公演

The Winter's Tale 「冬物語」(クリストファー・ウィールドン振付) 15公演

Frankenstein 「フランケンシュタイン」(リアム・スカーレット振付、新作) 10公演 音楽はLowell Liebermannに委嘱

ウェイン・マクレガー新作(音楽は、エサ・ペッカ・サロネン)/The Invitation「インヴィテーション」(ケネス・マクミラン振付)/Within the Golden Hour (クリストファー・ウィールドン振付) - 6公演

<追記>
Martha Clarke's Cheri 「シェリ」 リンバリー・スタジオ公演、アレッサンドラ・フェリ主演、オフ・ブロードウェイでヒットした作品が、9月、10月にロイヤル・オペラハウスのリンバリースタジオにやってきます。

ロイヤル・ニュージーランド・バレエ公演 リンバリー・スタジオにて

また、ロイヤル・バレエは、若手振付家プログラムを新たに創設しました。最初の参加者は、これからの12か月間、カンパニーの先輩たちによって育成される18歳のシャーロット・エドモンズです。ロイヤル・バレエスクールのロウワ―スクールを卒業したものの、アッパースクールへの入学が許可されず、コンテンポラリーのランベールスクールへと進んだエドモンズですが、ケネス・マクミラン振付賞を2年連続で受賞するなど、振付の才能があるということで、これから丁寧に育てられることになります。

女性振付家が現状非常に少なく、ロイヤル・バレエのこのシーズンでも一つも女性振付家による作品がないという批判に対応するという意味もあるでしょう。

*********
古典全幕は「くるみ割り人形」と「ジゼル」のみ、マクミラン作品も「ロミオとジュリエット」と20年ぶりに上演される問題作「インヴィテーション」のみ。今回のプログラムは、バレエ団常任振付家の作品を中心に据えたシーズンなので、一般的な受けという意味では、やや難しいシーズンであると言えます。

新作は、注目のリアム・スカーレットの「フランケンシュタイン」全幕、そしてウィールドン、マクレガー、さらにアコスタの「カルメン」の1幕もの。このシーズンは、ロイヤル・バレエ常任振付家の作品ばかりで、外部振付家の起用はありません。バレエ団内の振付家中心で、ロイヤル・バレエは今後やっていくという方向性をはっきりと示したシーズンです。

振付家中心主義については、芸術監督ケヴィン・オヘアがガーディアン紙のインタビューで語っています。
Kevin O'Hare: 'We’ve got choreographers that people around the world want'
http://www.theguardian.com/stage/2015/apr/15/kevin-ohare-weve-got-choreographers-that-people-around-the-world-want?CMP=share_btn_tw

スカーレットの「フランケンシュタイン」そして小劇場リンバリー・スタジオで上演されるウィル・タケットの「エリザベス」は興味深いですが、全体的には、やや魅力に欠けるシーズンです。「くるみ割り人形」が26回も上演されるので、そこでチケットの売り上げは確保するとともに、若手ダンサーの抜擢もあるかもしれません。


また、映画館中継の予定も出ていました。

「ロミオとジュリエット」(9/ 22),

「Viscera」「牧神の午後」「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」「カルメン」 mixed bill (11/12)

「くるみ割り人形」 (12/16)

「ラプソディ」「二羽の鳩」(1/26)

「ジゼル」(4/6)

「フランケンシュタイン」 (5/18)

珍しくミックスビルを映画館中継するということ、そして新作「フランケンシュタイン」「カルメン」も観られるということで、こちらは楽しみです。来シーズンも日本で上映してくれますように。

「マニュエル・ルグリ」ウィーン国立バレエ団沖縄プレミアム公演/追記あり

ダンスマガジンの最新号のマニュエル・ルグリのインタビューにも載っていましたが、「マニュエル・ルグリ」ウィーン国立バレエ団沖縄プレミアム公演が行われます。

「マニュエル・ルグリ」ウィーン国立バレエ団沖縄プレミアム公演
http://bnr32skyline.ti-da.net/e7376974.html

公演名:マニュエル・ルグリとウィーン国立バレエ団              
沖縄限定プレミアム公演

公演日時:2015年7月3日(金)・4日(土)
     開演19:00(開場18:30)
公演会場:那覇市民会館 大ホール

チケット料金:S席¥14,000 A席¥11,000 B席¥7,000 C席¥4,000
※全席指定、当日¥1,000増


チケットの一般販売は
4月20日(月)から

座席指定が可能なインターネットでの販売の予定です。

主催:沖縄タイムス社
問合せ 沖縄タイムス社文化事業局 ☎ 098(860)3588


2007年の「ルグリと輝ける仲間たち」は、東京の他、松江、大阪、福岡、沖縄でも公演が行われました。海外のバレエスターが沖縄で公演を行うのは、ひょっとしてそれ以来かもしれません。

追記:公演の詳しい内容が発表されていました。

http://press.okinawatimes.co.jp/cad/2015/04/14/legris-okinawa/

前売チケット購入方法(※4月20日午前10時より開始※)
①WEB予約:https://www.funity.jp/legrisballet   

※4月20日午前10時より、WEB予約が開始されます。現在アクセスしてもつながりませんので、ご了承ください。

※お好みの座席を選んで購入いただけます。
※お支払は「ファミリーマート」か「クレジットカード決済」よりお選びいただけます。
※チケットの受取りは「ファミリーマート」となります。その際、システム利用料100円をご負担いただきます。
※購入時「BunG会員(無料)」への登録が必要となります。

②ファミリーマート各店で直接購入
※ファミリーマート店内の「Famiポート端末」より購入いただけます。
※座席はお選びいただけません。
※お支払は「現金」か「ファミマTカード」となります。その際、システム利用料100円をご負担いただきます。
※チケットは代金のお支払時にお渡しいたします。


③「リウボウサービスカウンター」で直接購入
※お好みの座席を選んで購入いただけます。
リウボウサービスカウンター:沖縄県那覇市久茂地1-1-1(8階)

※チケットご購入の前に必ずお読みください※
①出演者は2015年4月9日現在の予定です。出演者のケガや病気、やむを得ない事情で変更になる場合があります。お買い求めいただいたチケット並びに、出演者変更に伴うチケットの払い戻し、公演日・券種の変更はできません。正式な出演者は公演当日に発表します。
②音楽は、特別録音によるテープを利用します。
③7月3日公演には、撮影カメラが入ります。ご了承ください。
④4歳未満の入場、同伴はお断りします。入場には一人1枚のチケットが必要です。
⑤チケットはいかなる場合も再発行はできませんので、紛失などには十分にご注意ください。
⑥本公演はすべて指定席です。指定の座席にてご鑑賞ください。
⑦場内での写真撮影、録音、録画、携帯電話の利用、またはこれらに類する行為は固くお断りします。
⑧ネットオークションなどによるチケットの販売は、トラブルの原因になりますので固くお断りします。
⑨会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

主なCAST紹介(2015年4月9日現在)
Manuel Legris  マニュエル・ルグリ
Olga Esina オルガ・エシナ 
Kirill Kourlaev キリル・クルラーエフ
Denis Cherevychko デニス・チェリェヴィチコ  
橋本 清香  
木本 全優
ほか

プログラム(2015年4月9日現在)
■ヌレエフの「白鳥の湖」

 レオナルド・パシリオ、ヤコブ・フェイフェリック
 ジェームス・ステフェンズ、ニキシャ・フォゴ、ニーナ・トリーノ

■エイフマンの「アンナ・カレニーナ」

 ケテヴァン・パパヴァ、キリル・クルラーエフまたはエノ・ベシ

■ルグリの「ドニゼッティのパ・ド・ドゥ」

 ナターシャ・マイヤー、ドゥミトル・タラン

■ベジャールの「アレポ」

 ダヴィデ・ダト

■ドーソンの「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」

 オルガ・エシナ、キリル・クルラーエフ

■マジリエの「海賊」

 橋本清香、デニス・チェリェヴィチコ

■ブベニチェクの「ル・スフル・ドゥ・レスプリ -魂のため息」

 ミハイル・ソスノヴィッチ、木本全優、エノ・ペシ

■マランダンの「モーツアルト・ア・ドゥ」

 1)橋本清香、木本全優
 2)ニーナ・トリーノ、ダヴィデ・ダト
 3)ケテヴァン・パパヴァ、ミハイル・ソスノヴィッチ

■ベン・ファン・コーウェンベルクの「レ・ブルジョア」

 ミハイル・ソスノヴィッチ、木本全優、エノ・ペシ

■バランジンの「アレグロ・ブリランテ」

 オルガ・エシナ、エノ・ペシまたはキリル・クルラーエフ
 ナターシャ・マイヤー、エレナ・ポタロ、アデル・フィオッキ、ニキシャ・フォゴ、
 ドゥミトル・タラン、ヤコブ・フェイフェリック、レオナルド・パシリオ、
 ジェームス・ステフェンズ

■プティの「こうもり」

 ケテヴァン・パパヴァ、マニュエル・ルグリ


マニュエル・ルグリが「こうもり」で踊るほか、非常に魅力的なプログラムですね。沖縄でご覧になれる方は羨ましいです。
      

2015/04/14

近藤亜香さんが、オーストラリア・バレエのプリンシパルに昇進

名門オーストラリア・バレエで、シニア・アーティストとして活躍している近藤亜香さんが、今日4月14日の「ジゼル」の公演後、プリンシパルに昇進しました。

1991年生まれの近藤さんは名古屋出身。2007年にYAGPに出場してオーストラリア・バレエ学校のスカラシップを獲得。2010年にオーストラリア・バレエに入団し、2014年にはシニア・アーティストに昇格しました。
2014年夏の「バレエ・アステラス☆2014~海外で活躍する日本人バレエダンサーを迎えて~」では、 同じくオーストラリア・バレエのプリンシパル(映画「小さな村の小さなダンサー」に出演)のチェンウ・グオと出演。

近藤さんは「ドン・キホーテ」のキトリ、「パキータ」の主役、「ラ・シルフィード」のシルフィード、「ラ・バヤデール」のニキヤとガムザッティ、ジゼル、マーフィー版「白鳥の湖」のロットバルト男爵夫人など古典の主要な役を踊ってきました。世界有数のカンパニーであるオーストラリア・バレエのプリンシパルに24歳の若さで昇進するのは、素晴らしいことです。

オーストラリア・バレエでは、やはり「小さな村の小さなダンサー」に出演していた、カンパニーを代表するプリンシパルであるマデリーヌ・イーストーがやはり「ジゼル」で引退したばかりでした。

またオーストラリア・バレエには、久保田美和子さん、本坊怜子さんという二人のシニア・アーティストもいましたが、キトリやクララ役で主演してきた本坊さんも「ジゼル」のペザント役で引退したばかりです。ローザンヌ国際コンクールでスカラシップを獲得した根本里菜さんも活躍しています。オーストラリア・バレエ、また来日公演をしてほしいですよね。

本坊怜子さんと近藤亜香さんがオーストラリア・バレエの来日公演に出演した時のドキュメンタリー映像。とても素敵です。
https://youtu.be/wzzGTpuxiYQ

オーストラリアの新聞での、近藤さん昇進の記事。ここにある、彼女の映像は非常に美しいです。
http://www.theage.com.au/entertainment/dance/ako-kondo-appointed-principal-artist-of-the-australian-ballet-20150415-1mlg5n.html?stb=twt

近藤さんは、オーストラリア・バレエでは5人目の女性プリンシパルです。そして、バレエ団の歴史で、日本人がプリンシパルとなるのは初めてです。


なお、オーストラリア・バレエスクールで学んできて、先日パリ・オペラ座の「白鳥の湖」でオデット/オディールデビューをしたオニール八菜さんは、今度はオペラ座の「パキータ」で主演をする予定です。出演は5月3日と7日です。
http://www.operadeparis.fr/saison-2014-2015/ballet/paquita-pierre-lacotte

緊急速報! オニール 八菜がピエール・ラコットに乞われて『パキータ』の主役を踊る!
http://www.chacott-jp.com/magazine/news/other-news/post-146.html

マリインスキー・バレエ、ティムール・アスケロフとキム・キミンがプリンシパルに昇進

マリインスキー・バレエより、ティムール・アスケロフとキム・キミンがプリンシパルに昇格することが発表されました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=821855754516285

http://www.mariinsky.ru/en/news1/

既にこの昇格は、マリインスキー・バレエのサイトにも反映されています。

http://www.mariinsky.ru/en/company/ballet/troupe/

深刻な男性ダンサー不足に見舞われているマリインスキー・バレエですが、この二人は最近主演することが多く、11月~12月の来日公演でも主演する予定があります。キム・キミンは、ABTの「ラ・バヤデール」にもゲスト出演予定です。

ティムール・アスケロフは、アゼルバイジャン生まれ。お父さんが石油王で大変な大金持ちだそうです。2009年~2011年はキエフ・バレエで踊り、2011年にマリインスキー・バレエに入団。2013年の第12回モスクワ国際バレエコンクールで、シニア男子デュエット部門で金賞を受賞しました(パートナーは、銀賞に輝いたオクサーナ・スコリク)。昨年10月には、牧阿佐美バレエ団の「白鳥の湖」に、エカテリーナ・コンダウーロワとゲスト出演しています。このペアでの「白鳥の湖」は、テルギエフ指揮、3Dで収録され、映画館上映も行われました。この映像は日本でもNHKで放映されました。最近では、今年の4月にボリショイ・バレエの「愛の伝説」にゲスト出演しています。脚がまっすぐでプロポーションの美しいダンサーです。

キム・キミンは、韓国生まれでバレエ教育もすべて韓国で受けています(マルガリータ・クリーク、ウラジーミル・キムに師事)。研修生を経て2012年にマリインスキー・バレエにファーストソリストとして入団。2010年ヴァルナ国際コンクール1位、2012年YAGPのグランプリなど数々の賞に輝いています。大変な素晴らしいテクニックの持ち主で、YouTubeにある「エチュード」の動画で見せる連続トゥール・ザン・レールは凄まじいです。

なお、この発表の前にも、ソフィア・イワノワ・スコブリコワSofia Ivanova-Skoblikovaがコール・ド・バレエからセカンドソリストに、アーネスト・ラティポフErnest Latypovがコール・ド・バレエからコリフェに昇進しています。2人ともワガノワ出身。

プリンシパルだったデニス・マトヴィエンコはゲスト・ソリストになってしまいました。


いずれにしても、ティムール・アスケロフとキム・キミンは、マリインスキー・バレエの来日公演で大活躍しますので、楽しみですね。

マリインスキー・バレエ2015 来日公演
http://www.japanarts.co.jp/mb2015/

ティムール・アスケロフは
11/26「ジュエルズ」のダイヤモンド(パートナーは、クリスティナ・シャプラン)、
12/2昼公演「ロミオとジュリエット」のロミオ(ジュリエットは、クリスティナ・シャプラン)、
12/6の「白鳥の湖」の王子(オデット/オディールはエカテリーナ・コンダウーロワ)
役で出演します。

キム・キミンは、
11/26「ジュエルズ」のルビー、
12/4「白鳥の湖」の王子(オデット/オディールはアリーナ・ソーモワ)
役で出演します。

2015/04/13

マッツ・エックの「ジュリエットとロミオ」がローレンス・オリヴィエ賞受賞

英国演劇界最大の賞であるローレンス・オリヴィエ賞の授賞式が昨日行われました。

結果
http://www.theguardian.com/stage/2015/apr/12/olivier-awards-2015-list-of-winners

スペシャル・アワード(特別賞) シルヴィ・ギエム

Sylvie: I never had this opportunity to thank the audience. You were always there, always warm, passionate.
When I stop dancing I'm really going to miss you.
I'm gonna be a retired ballerine and I'm quite furious about it. But it's my decision. It was 39 years of pleasure. Thank you.

シルヴィ・ギエムのスピーチ

観客のみなさんにきちんとお礼をする機会が今までありませんでした。みなさんはいつも私を暖かく、情熱的に応援してくれました。
踊るのをやめた時、本当にみなさんに会えなくて寂しいと思うことでしょう。
私は引退したバレリーナとなり、そのことに怒りすら感じています。でも、これは私が決めたことです。39年間の喜びでした。ありがとう。

この特別賞のプレゼンターは、アンソニー・ダウエルでした。

最優秀ダンス新作賞
32 Rue Vandenbranden ピーピング・トム、バービカン劇場
スウェーデン王立バレエ マッツ・エックの「ジュリエットとロミオ」

ダンスにおける傑出した貢献賞
サドラーズ・ウェルズにおける作品の上演に対して、クリスタル・パイト(振付家)

受賞したみなさん、おめでとうございます。
マッツ・エックの「ジュリエットとロミオ」は、ブノワ賞での木田真理子さんの受賞に続く快挙ですね。

Juliet & Romeo [DVD] [Import]
Juliet & Romeo [DVD] [Import]Royal Swedish Ballet

C Major 2014-03-31
売り上げランキング : 102555


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2015/04/12

YAGPファイナル2015のネット生中継

世界最大のバレエコンクールであるYAGP(ユースアメリカグランプリ)のニューヨークでのファイナルが現在行われています。

こちらのファイナルは、有料でネット視聴ができるということだったのですが、今年から無料となりました。ただし、会場の制約上の問題で、決勝である4月15日のファイナルラウンド、そしてガラ公演の中継はありません。

詳しくはこちらのYAGP日本サイトで書いてあります。

http://www.yagp.org/japan/index.html

中継サイト
http://www.visualartsmasters.com/

無料ですが、アカウントとパスワードを登録してログインするという手続きが必要です。

April 10, 2015 – Pre-Competitive Soloist
April 11, 2015 – Junior Contemporary Soloists
April 12, 2015 – Senior Contemporary Soloists
April 13, 2015 – Junior Classical Soloists
April 14, 2015 – Senior Classical Soloists
(細かい時間割は上記日本サイトで。日本との時差は13時間です)

ニューヨーク・ファイナル進出者の名前はこちらで見ることができます。

http://www.yagp.org/japan/2015_japan.html#2015 NYCファイナル進出者

日本からの出場者も大変多く、日本の予選の段階でも、多くの出場者がサマースクールなど短期も併せればたくさんのスカラシップを授与されています。


なお、恒例のYAGPのガラ公演は、今年は出演者がかなり小粒な印象がありますが、通常のガラの翌日に行われる、デヴィッド・ホールバーグがキュレーションを担当したガラ「Legacy」は、ユニークなプログラムです。

http://yagp.org/?page_id=5119

ホールバーグが今まで出演してきたカンパニー(ボリショイ・バレエ、マリインスキー・バレエ、オーストラリア・バレエ、東京バレエ団、そしてABTのスタジオカンパニー)が、それぞれ作品を持って出演するというもので、東京バレエ団が初めてニューヨークで踊り、しかもアメリカではめったに観られないベジャールの「バクチIII」を踊るのが話題です。


映画「ファースト・ポジション」に出ていたアラン・ベル君の最近の写真です。現在はABTのスタジオカンパニーに所属。大きくなりましたが、まだまだ華奢ですね。
http://nycdanceproject.com/aran-bell/

ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ! (Blu-ray)ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ! (Blu-ray)

日本コロムビア 2013-06-19
売り上げランキング : 19322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

«シャンゼリゼ劇場の2015-16シーズン